炊飯器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 器具 > 炊飯器の意味・解説 

すいはん‐き【炊飯器】

読み方:すいはんき

飯を炊くのに用いる、電気釜(がま)・ガス釜など。

炊飯器の画像
炊飯器での炊飯

炊飯器


炊飯器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/12 15:12 UTC 版)

炊飯器(すいはんき)とは、を炊いてにするための調理器具。特記がない限りジャポニカ米用について記述する。


注釈

  1. ^ 電気では200Vの動力線が必要になり、時間がかかる上に水気の多い厨房では感電漏電などの危険が大きい。パナソニックは3升炊きが可能なIHジャー炊飯器「SR-PGB54P/AP」を発売(前者は単相200V、後者は三相200V。象印マホービン・タイガー魔法瓶にもOEM)しているが、あまりにも出力が高く、型式認定の対象外であるため、電波法に基づく許可が必要となっている(詳細は電磁調理器の項目を参照のこと)。
  2. ^ 2月25日、東京瓦斯会社はガス炊飯かまどの専売特許を取得した。東京瓦斯七十年史

出典

  1. ^ a b 台所革命!世界初の電気炊飯器の誕生物語” (日本語). [マーケティング] All About. 2019年12月17日閲覧。
  2. ^ 日本で生まれた「自動炊飯器」の歴史、海外の人に説明できますか | かまどからの解放とかまど味への回帰” (日本語). クーリエ・ジャポン (2020年9月24日). 2021年6月30日閲覧。
  3. ^ 電気機械器具品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  4. ^ 三菱電機 ジャー炊飯器:NJ-XSB10J 超音波で仕込む蒸気レスIH 炭炊釜/おいしさ
  5. ^ 真空圧力IH保温釜 RC-10VXE 商品情報:家電製品 Toshiba Living Doors
  6. ^ 特長1 200°Cスチームで、一粒一粒が大きくふっくら! | スチームIHジャー炊飯器 SR-SX101 | Panasonic
  7. ^ 一粒一粒甘み立つ「可変圧力IHおどり炊き」 | 圧力IHジャー炊飯器 SR-PX101 | Panasonic
  8. ^ 圧力&スチームIHタイプ RZ-W1000K:仕様・機能:RZ-W1000K 1.0L(5.5合)炊き
  9. ^ タイガー IH炊飯ジャー JKP-A
  10. ^ 圧力IH炊飯ジャー NP-NU型|商品詳細|象印
  11. ^ 特長|KS-PX10A|ヘルシオ炊飯器:シャープ
  12. ^ [1]
  13. ^ 『MADE IN JAPAN』(朝日新聞社盛田昭夫下村満子、E・M・ラインゴールド共著、ISBN 978-4022605825
  14. ^ 「くらしと煉炭」(昭和35年) シナネンホールディングス沿革
  15. ^ プロジェクトX 挑戦者たち
  16. ^ プロジェクトXの詳しい紹介
  17. ^ 東芝科学館
  18. ^ 2007年10月14日 産経iza『“お米文化”救った 「電子ジャー」開発の秘密』
  19. ^ パナソニック1990年(平成2年)5万円の炊飯器、口コミで大ブームに!|開発物語
  20. ^ ガス炊飯器のメリット - 東京ガス
  21. ^ 東京ガス株式会社, ed. (2016年), 東京ガス : 会社案内 / コーポレートメッセージ / 東京ガス130年、挑戦の歴史, http://www.tokyo-gas.co.jp/Annai/corporate/130year.html 2017年2月19日閲覧。 
  22. ^ 直火ごはん「進化」 - 東京ガス
  23. ^ a b ガス炊飯器の実力検証【前篇】 - 日経トレンディネット(2013年3月14日)
  24. ^ 開発担当者インタビュー #04 - 東邦ガス


「炊飯器」の続きの解説一覧

炊飯器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 20:01 UTC 版)

ガス機器」の記事における「炊飯器」の解説

米飯調理するのは家庭用と全く同じだが、業務用炊飯できる能力大きいのが特徴家庭用が2升炊き程度までなのに対していわゆる炊飯器としての形状で5升まで炊けるものもある。それ以上の炊飯量が必要な場合は、立体炊飯器を用いる。これだと、機種によっては1度に20kg以上の炊飯能力有するものもある。さらに大量の能力必要な場合にはコンベア連続して炊飯できるものもあり、これだと1時間当た数千食の炊飯可能になる自動炊飯器 米櫃計量器洗米機、炊飯器を組み合わせて全自動洗米から炊飯まで行えるようにしたもの自動炊飯器もしくは炊飯ロボと呼ぶ

※この「炊飯器」の解説は、「ガス機器」の解説の一部です。
「炊飯器」を含む「ガス機器」の記事については、「ガス機器」の概要を参照ください。


炊飯器(すいはんき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 10:20 UTC 版)

てんしのはねとアクマのシッポ」の記事における「炊飯器(すいはんき)」の解説

大きな身の魔物で、口からおにぎり発射して攻撃する。ごはんを炊くのが得意。のんびりや性格混ぜごはん攻撃あるらしい

※この「炊飯器(すいはんき)」の解説は、「てんしのはねとアクマのシッポ」の解説の一部です。
「炊飯器(すいはんき)」を含む「てんしのはねとアクマのシッポ」の記事については、「てんしのはねとアクマのシッポ」の概要を参照ください。


炊飯器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:22 UTC 版)

ケシカスくん」の記事における「炊飯器」の解説

給食室ボス

※この「炊飯器」の解説は、「ケシカスくん」の解説の一部です。
「炊飯器」を含む「ケシカスくん」の記事については、「ケシカスくん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「炊飯器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「炊飯器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



炊飯器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炊飯器」の関連用語

炊飯器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



炊飯器のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炊飯器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガス機器 (改訂履歴)、てんしのはねとアクマのシッポ (改訂履歴)、ケシカスくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS