人工知能とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 人工知能の意味・解説 

じんこう‐ちのう【人工知能】

読み方:じんこうちのう

artificial intelligenceコンピューターで、記憶推論判断学習など、人間知的機能代行できるようにモデル化されたソフトウエア・システム。AI


人工知能

【英】AI, Artificial Intelligence

人工知能とは、人間知的営みコンピュータ行わせるための技術のこと、または人間知的営みを行うことができるコンピュータプログラムのことである。一般に「人工知能」と和訳される。

コンピュータが人工知能と呼ばれるには、人間用い自然言語理解したり、論理的な推論を行うことができたり、経験から学習して応用することができたり、といった知的発展的な作業をこなすことが要求される

人工知能という言葉ジョン・マッカーシーによって提唱され20世紀半ばから盛んに研究開発が行われてきた。研究例としては、人間チェスを打つプログラムや、言語自動翻訳画像の意味解析するプログラムなどを挙げることができる。人工知能を記述するためのプログラミング言語として、LispPrologといった言語開発されている。

人工知能の研究者としては、ジョン・マッカーシーをはじめ、チューリングマシン開発したアラン・チューリングや、コンピュータによるニューロン再現試みたマービン・ミンスキーなどが有名である。


参照リンク
人工知能のやさしい説明 - 社団法人人工知能学会
情報と社会のほかの用語一覧
情報工学:  ゼロ頻度問題  シミュレーター  人工生命  人工知能  Tay  tf-idf  適合率

人工知能

読み方じんこうちのう
【英】:artificial intelligence

概要

人間生物知能を, 機械によって実現したもの, あるいはその研究分野. 具体的には, コンピュータを処理の中心とし, 各種入出力機器結合したシステムである. その主要なテーマは, チェス, 将棋等のゲーム典型的問題とする問題解決推論, 文字, パターン等の認識, 言語理解, 診断等の現象分析, 経験からの学習等がある. 計算パラダイムとして, 述語論理, ニューラルネットワーク, 遺伝的アルゴリズム, プロダクションシステム等がある.

詳説

 人工知能 (artificial intelligence)とは, 人間(あるいは広く生物)の知的活動機能人工的に実現するための, 主としてコンピュータ中心とする人工物を指す. そして, 人工知能を実現するための研究が人工知能研究である. 人工知能実現のためには, 知的活動本質的原理明確にするための分析的科学的アプローチと, 知的活動機能モデル化し, それを実現することによって, 知的活動本質に迫る構成的工学的アプローチ両面からの研究が必要である.

 人工知能研究は, 大きく分けると以下の3つの分野から研究進められている. 人工知能の実現にはこれら3つの分野から総合的に研究進めることが必要であるとの認識なされている.

 人工知能における研究多岐にわたるが, 情報工学分野における基本的研究課題として, 以下の5つあげられる.

(1) 知識 知識の獲得表現とその利用 
(2) 推論 推論表現推論方式 
(3) 学習 学理論学習機能 
(4) アルゴリズム 有効な探索戦略 
(5) プログラム 人工知能プログラミング言語開発

 人工知能の研究計算パラダイムから見ると, 論理計算パラダイムシミュレーション計算パラダイム分けられる. 論理計算パラダイムは, 知能知識推論論理表現し, アルゴリズム駆使して人工知能の機能実現するパラダイムである. 一方, シミュレーション計算パラダイムは, モデル与え, シミュレーションを基礎に問題解決をはかる計算パラダイムである. 人工知能研究の歴史では, この2つパラダイム交互に盛んになっている. 人工知能研究歩み沿って, 主要な研究成果概観する.

(1) 1940年1960年

 人工知能の発展からみると, この時期にはアルゴリズム, 論理, シミュレーション計算パラダイム混然として誕生した. 特筆すべきことは, 黎明期と言うべきこの時期にすでに, 現在の人工知能に関するほとんどの基本的概念議論されていたことである. ニューラルネットワーク, パーセプトロン, サイバネティックス, チューリングマシン, リスト処理言語Lisp等が提案された. J. McCarthy(マッカーシー)による人工知能と言う名前が合意されたのは, 1956年開催されダートマス会議でのことであった.

(2) 1960年代1990年

 この時期は, 論理型計算パラダイム中心となった時期である. また, 認知心理学アプローチ盛んになるなど, 人工知能研究盛んになった時期であった. E. A. Feigenbaum(ファイゲンバウム)が実用的問題対す挑戦として知識工学提唱した. 知識に関する基本的課題として, 知識表現 (knowledge representation), 知識獲得, 知識利用明確にされた.  

 意味ネットワークプロダクションシステムによる推論知識表現医療診断エキスパートシステムMYCIN(マイシン)等の実用人工知能を目指すエキスパートシステム開発された. アルゴリズムとして, 幅優先探索法, 深さ優先探索法, 発見的探索 (heuristic search) 法が普及した. 論理型知識代表として, J. A. Robinsonによる一階述語論理における導出原理 (resolution principle) を応用した論理型プログラミング言語Prolog開発が行われた. また, 日本第5世代コンピュータ計画(1982-1991)もPrologベース行われた.

(3) 1990年以降

 これまでの研究で, 人間直感, 感性等は, 論理型計算パラダイムでは, 実現難しいとの認識なされた. また, エキスパートシステム知識獲得決定的なボトルネックとなることも判明した. 代わって, 盛んになってきたのが, シミュレーション基本とする分散計算パラダイムである. ニューラルネットワーク復活し,逆伝播学習アルゴリズム (error back propagation learning)による学習パターン認識への応用, 包摂アーキテクチャ (subsumption architecture)のロボット工学への応用, 遺伝的アルゴリズムによる人工生命研究等が行われている.

 さらに, これらの計算機構を取り入れたマルチエージェント計算は, 個々エージェント自律的行動エージェント間のコミュニケーションにより, システム全体目的にとって, 最適な行動創発期待する計算パラダイムである.

 以上の工学的アプローチに対して, 大脳生理学脳科学立場から脳機能解明目指す研究盛んになりつつある. 脳機能解明は, 人工知能のモデル構築するために必要なものとして, 人工知能研究からもその成果期待されている.



参考文献

[1] 白井良明, 辻井潤一, 『人工知能』, 岩波書店, 1984.

[2] S. Russell and P. Norvig, Artificial Intelligence - A Modern Approach, Prentice-Hall, 1995. 古川康一監訳, 『エージェントアプローチ人工知能』, 共立出版, 1997.

[3] 前田隆, 青木文夫, 『新しい人工知能』, オーム社, 1999.


人工知能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/07 05:04 UTC 版)

人工知能(じんこうちのう、: artificial intelligence)、AI(エーアイ)とは、「『計算computation)』という概念と『コンピュータcomputer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学computer science)の一分野」を指す語[1]。「言語理解推論問題解決などの知的行動人間に代わってコンピュータに行わせる技術[2]、または、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システム設計や実現に関する研究分野」ともされる[3]。大学でAI教育研究は、情報工学科[4][5][6]情報理工学科コンピュータ科学専攻などの組織で行われている[4][7]工学〔エンジニアリング〕とは、数学化学物理学などの基礎科学を工業生産に応用する学問[8][注釈 1])。


注釈

  1. ^ 電子情報通信学会で工学博士の仙石正和が述べた定義では、「工学(Engineering)」とは「数学自然科学の知識を用いて,健康と安全を守り,文化的,社会的及び環境的な考慮を行い,人類のために(for the benefit of humanity),設計開発イノベーションまたは解決を行う活動」だとされている[9]
  2. ^ 以下は原文:
    In conclusion, AI has made great progress in its short history, but the final sentence but the final sentence of Alan Turing’s (1950) essay on Computing Machinery and Intelligence is still valid today:
      We can see only a short distance ahead,
      but we can see that much remains to be done.
    [11]
  3. ^ : artificial intelligence
  4. ^ : chatterbot
  5. ^ 新井紀子がリーダー。

出典

  1. ^ a b c 佐藤 2018, p. 「人工知能」.
  2. ^ ASCII.jp 2018, p. 「人工知能」.
  3. ^ 桃内 2017, p. 「人工知能」.
  4. ^ a b 人工知能学会 1997, p. 797 (145).
  5. ^ 東京大学 工学部 電子情報工学科 2021, p. 「電子情報工学科」.
  6. ^ 東京大学 工学部 機械情報工学科 2021, p. 「機械情報工学科」.
  7. ^ 東京大学 理学部 情報科学科 & 東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 2021, p. 「人工知能と機械学習」.
  8. ^ 北原 2010, p. 2033.
  9. ^ 仙石 2017, p. 435.
  10. ^ Muehlhauser 2013, p. 「Russell and Norvig on Friendly AI」.
  11. ^ a b c d e f g h Russell & Norvig 2022, p. 1073.
  12. ^ 新村 2018, p. 1505.
  13. ^ Copeland 2023, p. "artificial intelligence".
  14. ^ 市瀬 2023, p. 「第1回」.
  15. ^ 松尾 2021, p. 299.
  16. ^ 江間 2018, p. 9.
  17. ^ a b 講談社(2017)「人工知能」『IT用語がわかる辞典』、朝日新聞社・VOYAGE GROUP
  18. ^ a b 講談社(2017)「自然言語処理」『IT用語がわかる辞典』、朝日新聞社・VOYAGE GROUP
  19. ^ a b "「どんな文章も3行に要約するAI」デモサイト、東大松尾研発ベンチャーが公開 「正確性は人間に匹敵」". ITmedia NEWS. 2021年9月2日閲覧
  20. ^ 総務省|平成28年版 情報通信白書|人工知能(AI)研究の歴史”. www.soumu.go.jp. 2023年6月18日閲覧。
  21. ^ "【第四回】今、最も熱いディープラーニングを体験してみよう(2ページ)". エンタープライズ. 2015年1月14日. 2015年5月30日閲覧
  22. ^ "今度はポーカーでAIが人間を超える! その重要な意味とは?". ギズモード. 2017年2月1日. 2018年2月7日閲覧
  23. ^ "「AI対ヒト」のポーカー対決で人工知能が再び勝利、6人を相手に5日間の戦いを制して3000万円ゲット". GIGAZINE. 2017年4月13日. 2018年2月7日閲覧
  24. ^ "麻雀 AI Microsoft Suphx が人間のトッププレイヤーに匹敵する成績を達成". News Center Japan. 2019年8月29日. 2021年9月2日閲覧
  25. ^ "ゲーム AI の進化と歴史". News Center Japan. 2019年8月19日. 2021年9月2日閲覧
  26. ^ "AI Transformation with Fredrik Heintz". Coursera. 2022年12月27日閲覧
  27. ^ "Letter signed by Elon Musk demanding AI research pause sparks controversy". The Guardian. 2023年4月5日閲覧
  28. ^ "Musk, scientists call for halt to AI race sparked by ChatGPT". The Asahi Shimbun. 2023年4月5日閲覧
  29. ^ a b 関口 和一. “第4次AIブーム呼ぶChatGPT”. www.jeri.or.jp. 一般財団法人 日本経済研究所. 2023年6月18日閲覧。
  30. ^ Russell & Norvig 2022, pp. 49–50.
  31. ^ Russell, Stuart (2017年8月30日). "Artificial intelligence: The future is superintelligent". Nature (英語). 548 (7669): 520–521. Bibcode:2017Natur.548..520R. doi:10.1038/548520a. S2CID 4459076
  32. ^ "Robotics: Ethics of artificial intelligence". Nature (英語). 521: 415–418. 2015年5月27日. doi:10.1038/521415a. S2CID 4459076
  33. ^ Russell, Stuart (2023年2月21日). "AI weapons: Russia's war in Ukraine shows why the world must enact a ban". Nature (英語). 614: , 620–623. doi:10.1038/d41586-023-00511-5
  34. ^ a b c AI for Good” (英語). www.deeplearning.ai. 2023年7月25日閲覧。
  35. ^ http://www.fiercebiotech.com/data-management/google-joins-brain-initiative-to-help-petabyte-scale-data-sets
  36. ^ https://news.mynavi.jp/techplus/article/20160810-isc2016_braininitiative/
  37. ^ https://news.mynavi.jp/techplus/article/20170911-hotchips29_google/2
  38. ^ "第13次五カ年計画、中国の技術革新計画が明らかに". 人民網. 2016年7月28日. 2018年2月7日閲覧
  39. ^ Poo, Mu-ming; Du, Jiu-lin; Ip, Nancy Y; Xiong, Zhi-Qi; Xu, Bo and Tan, Tieniu (2016), ‘China Brain Project: Basic Neuroscience, Brain Diseases, and Brain-Inspired Computing’, Neuron, 92 (3), 591-96.
  40. ^ "オール中国でAI推進". 日本経済新聞. 2017年12月8日. 2018年2月7日閲覧
  41. ^ "中国が18歳以下の天才27人を選抜、AI兵器の開発に投入". ニューズウィーク. 2018年11月9日. 2018年11月29日閲覧
  42. ^ "中国の一党独裁、AI開発競争には有利". ウォール・ストリート・ジャーナル. 2018年2月26日. 2018年3月7日閲覧
  43. ^ "AI開発レースで中国猛追、米企業のリード危うし". ウォール・ストリート・ジャーナル. 2018年1月19日. 2018年2月7日閲覧
  44. ^ "中国の「超AI監視社会」--新疆ウイグル自治区では"体内"まで監視!". 集英社. 2018年2月3日. 2018年2月7日閲覧
  45. ^ "Green500の1位から見たコンピューター・ヘゲモニー". 宇部興産. 2018年3月7日閲覧
  46. ^ "中国、新疆ウイグル自治区で顔認識システム運用をテスト。指定地域から300m以上離れると当局に警告". Engadget. 2018年1月20日. 2020年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧
  47. ^ "中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない". WIRED. 2017年8月16日. 2018年2月7日閲覧
  48. ^ "世界顔認証ベンチマークテストの結果が発表 中国がトップ5独占". 中国網. 2018年11月24日. 2018年12月3日閲覧
  49. ^ "AIの世界王者決定戦「ImageNet」で中国チームが上位を独占". フォーブス. 2017年8月8日. 2018年2月11日閲覧
  50. ^ "THE AI COLD WAR THAT COULD DOOM US ALL". フォーブス. 2017年8月8日. 2018年2月7日閲覧
  51. ^ Politico Magazine Staff (2018年9月4日). "The POLITICO 50 Reading List". Politico. 2018年10月9日閲覧
  52. ^ "仏マクロン大統領が「AI立国」宣言、無人自動運転も解禁へ". Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン). 2018年3月30日. 2018年4月5日閲覧
  53. ^ https://www.sbbit.jp/article/cont1/35264?page=2
  54. ^ "人工知能の論文数、米中印の3強に". 日本経済新聞. 2017年11月1日. 2018年2月7日閲覧
  55. ^ EMPLOYMENT OUTLOOK 2023 Artificial intelligence and jobs An urgent need to act”. 2023年11月29日閲覧。
  56. ^ 4-9 Surviving in the New Information Economy - Adopting a Learning Lifestyle”. Coursera. 2023年11月29日閲覧。
  57. ^ a b Hopes for 2024 from Anastasis Germanidis, Sara Hooker, Percy Liang, Sasha Luccioni, Pelonomi Moiloa, Kevin Scott” (英語). Hopes for 2024 from Anastasis Germanidis, Sara Hooker, Percy Liang, Sasha Luccioni, Pelonomi Moiloa, Kevin Scott (2023年12月27日). 2023年12月28日閲覧。
  58. ^ a b AI For Everyone”. Coursera. 2023年11月30日閲覧。
  59. ^ a b A beginner’s guide to demystifying the buzzword- AI”. www.linkedin.com. 2023年11月30日閲覧。
  60. ^ AI Can Learn From Simple Tasks to Solve Hard Problems” (英語). AI Can Learn From Simple Tasks to Solve Hard Problems (2021年9月29日). 2023年12月11日閲覧。
  61. ^ AI for Good” (英語). AI for Good. 2023年7月30日閲覧。
  62. ^ Wong, Matteo (2023年5月26日). "AI Is Unlocking the Human Brain's Secrets". The Atlantic (英語). 2023年5月27日閲覧
  63. ^ "AI医療の現状と未来|AIが医療分野でできること・メリット・デメリットなど徹底解説|EAGLYS株式会社". EAGLYS株式会社. 2023年3月6日閲覧
  64. ^ "少数の患者のために。秘密計算AIが照らし出す、希少疾患のミライ|JOURNAL(リサーチやレポート)|事業共創で未来を創るOPEN HUB for Smart World". openhub.ntt.com. 2023年3月6日閲覧
  65. ^ AI Market 編集部 (2021年3月10日). "農業へのAI導入事例15選!スマート農業・自動化ロボットで変わる?【2023年最新版】". AI Market. 2023年3月6日閲覧
  66. ^ ""AIが勧める"あなたの一皿。6つの先進事例から学ぶフードテック最前線 前編|JOURNAL(リサーチやレポート)|事業共創で未来を創るOPEN HUB for Smart World". openhub.ntt.com. 2023年3月6日閲覧
  67. ^ "Policy guidance on AI for children". www.unicef.org (英語). 2022年12月27日閲覧
  68. ^ "Child Rights Risks with Johan Grundström Eriksson". Coursera. 2022年12月27日閲覧
  69. ^ 梶谷健人. "ChatGPT時代の新職業 「プロンプトエンジニア」という幻想". 日経クロストレンド. 2023年5月10日閲覧
  70. ^ "無人運転バス、定着挑む". 日本経済新聞. 2023年4月2日.
  71. ^ Petroni, Fabio; Broscheit, Samuel; Piktus, Aleksandra; Lewis, Patrick; Izacard, Gautier; Hosseini, Lucas; Dwivedi-Yu, Jane; Lomeli, Maria et al. (2023-10). “Improving Wikipedia verifiability with AI” (英語). Nature Machine Intelligence 5 (10): 1142–1148. doi:10.1038/s42256-023-00726-1. ISSN 2522-5839. https://www.nature.com/articles/s42256-023-00726-1. 
  72. ^ Problematic White House AI Policy, Parked Cruise Robotaxis, and more” (英語). Problematic White House AI Policy, Parked Cruise Robotaxis, and more (2023年11月1日). 2023年12月1日閲覧。
  73. ^ "中国掃除機「ルンバ」超え". 日本経済新聞. 2023年4月25日.
  74. ^ "音ゲーの"譜面"作りをAIで高速化 KLabが「スクスタ」で活用、所要時間を半分に". ITmedia NEWS. 2021年9月1日閲覧
  75. ^ 声優の不祥事にAIが代役で活躍--中国で進むAI音声の活用”. ZDNET Japan (2023年3月31日). 2023年9月26日閲覧。
  76. ^ AI配信者の「歌ってみた」流行──人気ストリーマーの音声学習に賛否両論集まる背景”. KAI-YOU Premium. 2023年9月26日閲覧。
  77. ^ コナン君に「#歌わせてみた」流行曲、実はAI偽音声…困惑する声優たち「対処しようがない」”. 読売新聞オンライン (2023年9月26日). 2023年9月26日閲覧。
  78. ^ 中国で大当たりのAI歌手、著作権侵害の可能性も”. japanese.cri.cn. 2023年9月26日閲覧。
  79. ^ PETER JACKSON TALKS THE BEATLES: GET BACK”. D23 (2021年11月23日). 2023年11月11日閲覧。
  80. ^ uDiscover Team (2022年9月7日). “ビートルズ『Revolver』新MIXや未発表音源等を加えたスペシャル版発売”. udiscovermusic.jp. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2023年11月11日閲覧。
  81. ^ ビートルズ『Revolver』の新ミックス ピーター・ジャクソンなしではありえなかった ジャイルズ・マーティン語る”. amass (2022年9月8日). 2023年11月11日閲覧。
  82. ^ The Beatles(ザ・ビートルズ)|最後の新曲「Now & Then」&ベスト・アルバム『赤盤』『青盤』2023エディションが発売”. TOWER RECORDS (2023年10月27日). 2023年11月11日閲覧。
  83. ^ ビートルズ最後の新曲「Now And Then」は11月2日発売 曲数追加の『赤盤』『青盤』も発売決定”. amass (2023年10月26日). 2023年11月11日閲覧。
  84. ^ "NVIDIA Canvas: AI のパワーを活用する". NVIDIA. 2021年7月10日閲覧
  85. ^ "「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?". ITmedia ビジネスオンライン. 2021年7月10日閲覧
  86. ^ "漫画のカラー化、AIが肩代わり 精度100%ではなくても有用なワケ". ITmedia NEWS. 2021年11月8日閲覧
  87. ^ "「神絵が1分で生成される」 画像生成AI「Midjourney」が話題". ITmedia NEWS. 2022年8月3日閲覧
  88. ^ Heikkilä, Melissa (2022年9月16日). "This artist is dominating AI-generated art. And he's not happy about it". MIT Technology Review. 2022年10月2日閲覧
  89. ^ Search - Consensus: AI Search Engine for Research”. consensus.app. 2023年12月8日閲覧。
  90. ^ Menke, Joe; Roelandse, Martijn; Ozyurt, Burak; Martone, Maryann; Bandrowski, Anita (2020-11-20). “The Rigor and Transparency Index Quality Metric for Assessing Biological and Medical Science Methods”. iScience 23 (11): 101698. doi:10.1016/j.isci.2020.101698. ISSN 2589-0042. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004220308907. 
  91. ^ 渡辺二冠も王将戦で採用!対振りで最近人気のエルモ(elmo)囲いの組み方とは?【玉の囲い方 第63回】 - 日本将棋連盟 2019年3月28日配信
  92. ^ Claudino, João Gustavo; Capanema, Daniel de Oliveira; de Souza, Thiago Vieira; Serrão, Julio Cerca; Machado Pereira, Adriano C.; Nassis, George P. (2019-12). “Current Approaches to the Use of Artificial Intelligence for Injury Risk Assessment and Performance Prediction in Team Sports: a Systematic Review” (英語). Sports Medicine - Open 5 (1). doi:10.1186/s40798-019-0202-3. ISSN 2199-1170. PMC PMC6609928. PMID 31270636. https://sportsmedicine-open.springeropen.com/articles/10.1186/s40798-019-0202-3. 
  93. ^ Bykov, I. (2020年7月2日). "Artificial Intelligence as a Source of Political Thinking". Journal of Political Research (英語). 4 (2): 23–33. doi:10.12737/2587-6295-2020-23-33. ISSN 2587-6295
  94. ^ ホーキング博士「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」
  95. ^ 「悪魔を呼び出すようなもの」イーロン・マスク氏が語る人工知能の危険性
  96. ^ ビル・ゲイツ氏も、人工知能の脅威に懸念
  97. ^ Geraci 2012, pp. 1–2.
  98. ^ Geraci 2012, p. 64.
  99. ^ Pandit, Puja (2022年12月9日). "Artificial Intelligence for peacebuilding - Opportunities & Challenges". Vision of Humanity (アメリカ英語). 2022年12月23日閲覧
  100. ^ Zhang, Zonghe; Liao, Han-Teng; Wu, Xue; Xu, Zhichao (2020年4月1日). "A Scientometric Analysis of Artificial Intelligence and Big data for well-being and human potential". IOP Conference Series: Materials Science and Engineering. 806 (1): 012026. doi:10.1088/1757-899X/806/1/012026. ISSN 1757-8981
  101. ^ ミン・スン. “ディープラーニングがもたらしたAIの新たな価値【第1回】”. デジタルクロス. 株式会社インプレス. 2023年6月18日閲覧。
  102. ^ つばさ (2019年11月28日). “【7分でわかる】AI研究、60年の歴史を完全解説! | AI専門ニュースメディア AINOW”. AINOW. 2023年6月18日閲覧。
  103. ^ AI脅威論の正体と人とAIとの共生”. 総務省. 2023年6月14日閲覧。
  104. ^ Spectrum58-10 2021, p. 27.
  105. ^ Spectrum58-10 2021, p. 29.
  106. ^ 人間の脳のメカニズムを、わたしは知りたくてたまらない。──福島邦彦|WIRED.jp”. WIRED.jp. 2023年9月18日閲覧。
  107. ^ いっしー (2019年10月5日). “『ゲームAI』とは? ゲームAIの種類や歴史、これからについて解説 | AI専門ニュースメディア AINOW”. AINOW. 2023年6月14日閲覧。
  108. ^ ゲーム AI の進化と歴史”. News Center Japan (2019年8月19日). 2023年6月14日閲覧。
  109. ^ ゲームとAI 〜情報科学からみたゲーム〜”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2023年6月14日閲覧。
  110. ^ "人間VSコンピュータオセロ 衝撃の6戦全敗から20年、元世界チャンピオン村上健さんに聞いた「負けた後に見えてきたもの」". ITmedia. 2017年10月21日. 2018年12月25日閲覧
  111. ^ "ニューロ・ファジィ・AIハンドブック/1994.5 | テーマ別データベース | リサーチ・ナビ | 国立国会図書館". rnavi.ndl.go.jp. 2023年6月11日閲覧
  112. ^ ニューロ・ファジィ・AIハンドブック/ | SHOSHO”. 石川県立図書館. 2023年6月14日閲覧。
  113. ^ a b 馬野元秀; 林勲 (1993年4月15日). "ファジィ・ニューラルネットワークの現状と展望(<特集>ファジィ・ニューラルネットワーク)". 日本ファジィ学会誌. 5 (2): 178–190. doi:10.3156/jfuzzy.5.2_178. ISSN 0915-647X
  114. ^ "仙台市地下鉄の鉄道トータルシステム" (PDF). 日立製作所. 2020年11月23日閲覧
  115. ^ 潮俊光 (1997年). "カオスの制御". 日本ロボット学会誌. 15 (8): 1114–1117. doi:10.7210/jrsj.15.1114
  116. ^ a b "松下電器から生まれたファジィ家電,ニューロファジィ家電" (PDF). 関西大学. 2019年5月12日閲覧
  117. ^ "ファジィ全自動洗濯機 (松下電器産業) | 日本知能情報ファジィ学会". www.j-soft.org. 2019年5月2日閲覧
  118. ^ "ニューロ・ファジィ掃除機 (日立製作所) | 日本知能情報ファジィ学会". www.j-soft.org. 2019年5月5日閲覧
  119. ^ "ガスルームエアコン SN-A4541U-D SN-A4541RF-D 取扱説明書" (PDF). 東京ガス. 2019年5月3日閲覧
  120. ^ 木内光幸; 近藤信二 (1990年8月15日). "全自動洗濯機「愛妻号Dayファジィ」(NA-F 50 Y 5)の紹介". 日本ファジィ学会誌. 2 (3): 384–386. doi:10.3156/jfuzzy.2.3_384. ISSN 0915-647X
  121. ^ 廣田薫 (1991年5月20日). "ファジィ家電,どこがファジィか". 電氣學會雜誌. 111 (5): 417–420. doi:10.11526/ieejjournal1888.111.417. ISSN 0020-2878
  122. ^ 秋下貞夫 (1991年4月15日). "特集「ニューロおよびファジィのロボットへの応用について」". 日本ロボット学会誌. 9 (2): 203–203. doi:10.7210/jrsj.9.203. ISSN 0289-1824
  123. ^ "そういえば、ファジーなんて言葉があったよね". 2019年5月2日閲覧
  124. ^ 山口亨 (2003年4月10日). "ニューロ・ファジィ制御とネットワークインテリジェンス". 計測と制御. 42 (4): 321–323. doi:10.11499/sicejl1962.42.321. ISSN 0453-4662
  125. ^ "数値予報ガイダンス" (PDF). 国土交通省 気象庁. 2023年4月18日閲覧
  126. ^ "次世代地震計測と最先端ベイズ統計学との融合によるインテリジェント地震波動解析(iSeisBayes)の取り組み | 地震本部". www.jishin.go.jp. 2023年4月18日閲覧
  127. ^ 人工知能がクイズ王に挑戦! 後編 いよいよ決戦 - NHKオンライン
  128. ^ 人工知能が東大模試挑戦「私大合格の水準」:日本経済新聞、閲覧2017年7月28日
  129. ^ 平成28年版 情報通信白書 第4章 第2節〜4節 "平成28年版 情報通信白書(PDF版)". 総務省. 2016年9月6日閲覧
  130. ^ http://ascii.jp/elem/000/001/249/1249977/
  131. ^ https://www.technologyreview.jp/s/12759/machines-can-now-recognize-something-after-seeing-it-once/
  132. ^ http://gigazine.net/news/20170616-deepmind-general-ai/
  133. ^ https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00439317
  134. ^ "ついに6人対戦のポーカーでAIがプロのポーカープレイヤーを打ち負かす". GIGAZINE. 2021年2月22日閲覧
  135. ^ 中田敦. "グーグルが狙う「万能AI」、100万の役割を担えるモデルの驚くべき開発方法". 日経クロステック Active. 2021年2月22日閲覧
  136. ^ http://wba-initiative.org/1653/
  137. ^ Hinton, Geoffrey E.; Frosst, Nicholas; Sabour, Sara (2017年10月26日). "Dynamic Routing Between Capsules" (英語). {{cite journal}}: Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明)
  138. ^ "「課題解決型」のAIが日本社会を変える――国際大学GLOCOMがAI活用実態の調査結果を発表". @IT. 2018年3月19日. 2018年3月24日閲覧
  139. ^ https://thenextweb.com/artificial-intelligence/2018/08/23/researchers-gave-ai-curiosity-and-it-played-video-games-all-day/
  140. ^ https://news.mit.edu/2018/mit-lincoln-laboratory-ai-system-solves-problems-through-human-reasoning-0911
  141. ^ 中田敦. "文章読解でもAIがついに人間超え、グーグルの「BERT」発表から1年で急成長". 日経 xTECH(クロステック). 2019年11月15日閲覧
  142. ^ https://gigazine.net/news/20201008-gpt-3-reddit/
  143. ^ Robert F. Service, ‘The game has changed.’ AI triumphs at solving protein structures, Science, 30 November 2020
  144. ^ "Cerebras、GPT-3を1日で学習できるAIスパコンを発表 - Hot Chips 33". TECH+. 2021年9月14日. 2021年11月8日閲覧
  145. ^ Hutson, Matthew (2020年5月29日). "Core progress in AI has stalled in some fields". Science (英語). 368 (6494): 927–927. doi:10.1126/science.368.6494.927. ISSN 0036-8075
  146. ^ "エヌビディアがCPU参入 アームと組みAI計算10倍速く". 日本経済新聞. 2021年4月13日. 2021年4月13日閲覧
  147. ^ "MicrosoftのZeRO-Infinity Libraryで32兆個のパラメーターのAIモデルをトレーニング". InfoQ. 2021年11月8日閲覧
  148. ^ "中国の研究チームが新たなAI「悟道2.0」を発表、パラメーター数は1兆7500億でGoogleとOpenAIのモデルを上回る". GIGAZINE. 2021年11月8日閲覧
  149. ^ "計算機科学:人工知能がコンピューターチップの設計をスピードアップ | Nature | Nature Portfolio". www.natureasia.com. 2021年7月10日閲覧
  150. ^ "Google幹部、AIの人知超え「前倒しも」 量子計算機で". 日本経済新聞. 2021年8月24日. 2021年11月8日閲覧
  151. ^ Jaegle, Andrew; Borgeaud, Sebastian; Alayrac, Jean-Baptiste; Doersch, Carl; Ionescu, Catalin; Ding, David; Koppula, Skanda; Zoran, Daniel; Brock, Andrew (2022年3月15日). "Perceiver IO: A General Architecture for Structured Inputs & Outputs". arXiv:2107.14795 [cs, eess].
  152. ^ "Introducing Pathways: A next-generation AI architecture". Google (アメリカ英語). 2021年10月28日. 2023年4月24日閲覧
  153. ^ Ilya Sutskever [@ilyasut] (2022年2月10日). "it may be that today's large neural networks are slightly conscious". X(旧Twitter)より2023年3月24日閲覧
  154. ^ "Competitive programming with AlphaCode". www.deepmind.com (英語). 2023年4月24日閲覧
  155. ^ https://etechnologyreview.com/2022/04/29/google%E3%81%AF%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E3%81%AEai%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%80%8Cpalm%E3%80%8D%E3%82%92%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%80%81%E8%A8%80/
  156. ^ "Minerva: Solving Quantitative Reasoning Problems with Language Models". ai.googleblog.com (英語). 2023年4月24日閲覧
  157. ^ "Parti: Pathways Autoregressive Text-to-Image Model". parti.research.google. 2023年4月24日閲覧
  158. ^ Li, Yujia; Choi, David; Chung, Junyoung; Kushman, Nate; Schrittwieser, Julian; Leblond, Rémi; Eccles, Tom; Keeling, James; Gimeno, Felix (2022年12月9日). "Competition-Level Code Generation with AlphaCode". Science. 378 (6624): 1092–1097. doi:10.1126/science.abq1158. ISSN 0036-8075
  159. ^ https://gigazine.net/news/20220518-deepmind-gato/
  160. ^ https://www.technologyreview.jp/s/276810/the-hype-around-deepminds-new-ai-model-misses-whats-actually-cool-about-it/
  161. ^ https://gigazine.net/news/20220614-google-ai-lamda-sentient-nonsens/
  162. ^ a b "画像生成AI「Midjourney」の絵が米国の美術品評会で1位に 優勝者「物議を醸すことは分かっていた」". ITmedia NEWS. 2022年10月1日閲覧
  163. ^ https://gigazine.net/news/20221006-deepmind-alphatensor/
  164. ^ https://twitter.com/lotz84_/status/1580353636424888320
  165. ^ 印南志帆 (2023年4月15日). "ChatGPTで幕を開けた「第4次AIブーム」の熾烈". 東洋経済オンライン. 2023年6月8日閲覧
  166. ^ Singhal, Karan; Azizi, Shekoofeh; Tu, Tao; Mahdavi, S. Sara; Wei, Jason; Chung, Hyung Won; Scales, Nathan; Tanwani, Ajay; Cole-Lewis, Heather (2022年12月26日). "Large Language Models Encode Clinical Knowledge". arXiv:2212.13138 [cs].
  167. ^ "RT-1: Robotics Transformer". robotics-transformer.github.io. 2023年4月24日閲覧
  168. ^ Hafner, Danijar; Pasukonis, Jurgis; Ba, Jimmy; Lillicrap, Timothy (2023年1月10日). "Mastering Diverse Domains through World Models". arXiv:2301.04104 [cs, stat].
  169. ^ Gemini - Google DeepMind” (英語). deepmind.google. 2023年12月9日閲覧。
  170. ^ a b Huang, Ming-Hui; Rust, Roland T. (2018-05). “Artificial Intelligence in Service” (英語). Journal of Service Research 21 (2): 155–172. doi:10.1177/1094670517752459. ISSN 1094-6705. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/1094670517752459. 
  171. ^ a b A Theory of AI Job Replacement - AI and the future of work”. Coursera. 2023年11月22日閲覧。
  172. ^ "声優に「録音した音声でAIに合成音声を生成させることを認める」契約を迫るケースが増加、声優や組合からは反対の声". GIGAZINE. 2023年2月8日閲覧
  173. ^ "「AIが生成したイラストの投稿禁止」をイラスト投稿サイトが次々に決定し始めている". GIGAZINE. 2023年2月8日閲覧
  174. ^ a b 谷川潔 (2021年4月14日). "NVIDIA ジェンスン・フアンCEO、対話型AIサービス「Jarvis」で「じゃんがらラーメン」を探すデモ". Car Watch. 株式会社インプレス. 2021年4月15日閲覧
  175. ^ "「チャットGPT」で法律相談 弁護士ドットコム、今春開始へ:朝日新聞デジタル". 朝日新聞デジタル. 2023年2月13日. 2023年2月14日閲覧
  176. ^ 森山和道 (2022年9月12日). "ソフトバンクが挑む「物流自動化」 高密度自動倉庫など千葉に新施設". Impress Watch. 株式会社インプレス. 2022年12月22日閲覧
  177. ^ "囲碁全対局、AIでデータに 日本棋院が自動記録システム - 日本経済新聞". www.nikkei.com. 2023年4月28日閲覧
  178. ^ "Adobe Premiere Pro、音声からの文字起こし進化中。テンプレ拡充". AV Watch. 野澤佳悟=株式会社インプレス. 2021年4月27日. 2021年4月29日閲覧
  179. ^ "「パパとママ」の声を完コピ! タカラトミーの読み聞かせスピーカーが話題に". ITmedia ビジネスオンライン. 2022年12月22日閲覧
  180. ^ 政府は11日午前、人工知能(AI)に関する政策の…:AI戦略会議が初会合:時事ドットコム
  181. ^ Jumper, John; Evans, Richard; Pritzel, Alexander; Green, Tim; Figurnov, Michael; Ronneberger, Olaf; Tunyasuvunakool, Kathryn; Bates, Russ et al. (2021-08). “Highly accurate protein structure prediction with AlphaFold” (英語). Nature 596 (7873): 583–589. doi:10.1038/s41586-021-03819-2. ISSN 1476-4687. https://www.nature.com/articles/s41586-021-03819-2. 
  182. ^ Lewington, Rebecca (2022年11月14日). “Genomics in Unparalleled Resolution: Cerebras Wafer-Scale Cluster Trains Large Language Models on the Full COVID Genome Sequence” (英語). Cerebras. 2023年9月13日閲覧。
  183. ^ ビッグデータ同化とAIが生み出すリアルタイム天気予報の新展開”. 国立研究開発法人 科学技術振興機構. 2023年9月13日閲覧。
  184. ^ プレート型地震(南海トラフ)の発生時期予測”. 国立研究開発法人理化学研究所 革新知能統合研究センター. 2023年9月13日閲覧。
  185. ^ 非標識の細胞形態情報をAIで高速に判別し、目的細胞を分取する技術を開発”. 東京大学 先端科学技術研究センター. 2023年9月13日閲覧。
  186. ^ AIを活用した化学文書検索サービス「SCIDOCSS」を提供開始 : 富士通”. pr.fujitsu.com. 2023年9月13日閲覧。
  187. ^ 創薬における人工知能応用”. 厚生労働省. 2023年9月13日閲覧。
  188. ^ 人工知能 (AI) が可能にする宇宙のシミュレーション”. 人工知能 (AI) が可能にする宇宙のシミュレーション. 2023年9月13日閲覧。
  189. ^ Improving Connectomics by an Order of Magnitude” (英語). blog.research.google (2018年7月16日). 2023年9月13日閲覧。
  190. ^ 複数のAIを活用し、複雑な材料データからさまざまな機能を予測する技術を開発 | ニュース | NEDO”. www.nedo.go.jp. 2023年9月13日閲覧。
  191. ^ 機械学習でトポロジー最適化の問題を解消する中央エンジニアリングの新たなアプローチ”. www.altairjp.co.jp. 2024年2月5日閲覧。
  192. ^ Matlantis™のコア技術と仕組み”. Matlantis. 株式会社Preferred Computational Chemistry. 2023年9月13日閲覧。
  193. ^ Learning to simulate”. sites.google.com. 2023年9月13日閲覧。
  194. ^ LLaVA-Med: 生物医学のための大規模言語および視覚アシスタント”. github、Microsoft. 2023年9月13日閲覧。
  195. ^ 「GPT-4」でロボット操作、パナソニックコネクトと立命館大学がシステム開発 ニュースイッチ by 日刊工業新聞社”. ニュースイッチ by 日刊工業新聞社. 2023年9月13日閲覧。
  196. ^ Menke, Joe; Roelandse, Martijn; Ozyurt, Burak; Martone, Maryann; Bandrowski, Anita (2020-11-20). “The Rigor and Transparency Index Quality Metric for Assessing Biological and Medical Science Methods” (英語). iScience 23 (11): 101698. doi:10.1016/j.isci.2020.101698. ISSN 2589-0042. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004220308907. 
  197. ^ Competitive programming with AlphaCode” (英語). www.deepmind.com. 2023年9月13日閲覧。
  198. ^ a b c Will Knight 2019.
  199. ^ a b 高橋ミレイ 2019, p. 後編.
  200. ^ a b c 塚本紺 2017, p. 2017年10月5日 20時0分.
  201. ^ Ipe, Navin (2021年6月2日). "Facts and Anomalies to Keep in Perspective When Designing an Artificial Intelligence". doi:10.36227/techrxiv.12299945 {{cite journal}}: Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明)
  202. ^ Kurzweil, Singularity (2005) p. 260
  203. ^ Searle, John (1980), "Minds, Brains and Programs", Behavioral and Brain Sciences, 3 (3): 417–457, doi:10.1017/S0140525X00005756,
  204. ^ Daniel Dennett (1991). "Chapter 14. Consciousness Imagined". Consciousness Explained. Back Bay Books. pp. 431–455.
  205. ^ 合原 et al. 2017, p. 34.
  206. ^ 合原 et al. 2017, p. 38.
  207. ^ a b 合原 et al. 2017, p. 42.
  208. ^ "AI and the Illusion of Intelligence". Coursera. 2023年5月28日閲覧
  209. ^ "War anxiety: How to cope". Harvard Health (英語). 2022年5月23日. 2023年5月28日閲覧
  210. ^ 合原 et al. 2017, pp. 46–47.



人工知能(AI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 18:01 UTC 版)

攻殻機動隊」の記事における「人工知能(AI)」の解説

劇中では暗号化技術サポート先述ロボット頭脳普及している。また、現代スーパーコンピュータ相当する大規模人工知能「α型人工知能(デカトンケイル)」などが登場している。

※この「人工知能(AI)」の解説は、「攻殻機動隊」の解説の一部です。
「人工知能(AI)」を含む「攻殻機動隊」の記事については、「攻殻機動隊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人工知能」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「人工知能」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工知能」の関連用語

人工知能のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人工知能のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2024 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ人工知能の記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2024 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工知能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの攻殻機動隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS