モデル化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > モデル化の意味・解説 

モデル

同義/類義語:モデリング, モデル化, モデル構築
英訳・(英)同義/類義語:model, modeling

ある現象説明するための、素過程の組み合わせ

モデル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:41 UTC 版)

化学吸着」の記事における「モデル化」の解説

化学吸着実験を行う際、特定の系における吸着量は吸着確率の値により定量される。 しかし、化学吸着理論化は非常に困難である吸着における表面影響は有効媒質近似英語版)から導出される多次元ポテンシャルエネルギー面PES)を利用して記述されるが、物質によって、用いられる部分限られるPES単純な例では、以下のようにエネルギー位置関数として表わすことができる。 E ( { R i } ) = E e l ( { R i } ) + V ion-ion ( { R i } ) {\displaystyle E(\{R_{i}\})=E_{el}(\{R_{i}\})+V_{\text{ion-ion}}(\{R_{i}\})} ここで E e l {\displaystyle E_{el}} は電子自由度についてのシュレーディンガー方程式エネルギー固有値であり、 V i o ni o n {\displaystyle V_{ion-ion}} はイオン相互作用である。この式には並進エネルギー回転準位振動励起などは考慮されていない表面反応記述するモデルとしてはいくつかのモデル知られている。ラングミュア・ヒンシェルウッド機構では反応化学種両方吸着し、イーレイ・リディール機構では片方吸着し、もう片方がそれと反応する現実の系には多数不規則性存在し理論計算がより複雑になる固体表面は必ずしも平衡状態にあるとは限らない表面には外乱あったり、むらがあったり欠陥あったりする。 吸着エネルギーは分布があり、特異な吸着サイト存在する吸着質間で結合形成起こ場合もある。 吸着質が単に表面落ち着くだけの物理吸着とは異なり化学吸着では表面構造によっては吸着質が表面上変化することがある表面構造緩和を受けることがあり、表面に近い数層は、構造保ったまま層間距離を変える可能性も、再構成起こして構造変化させる可能性もある。 たとえば、酸素Cu(110) などの金属との間に非常に強固な結合 (~4 eV) を形成する。この過程で、表面結合が解離して表面吸着結合形成される。列が失われることにより、大きな再構成起こ場合がある

※この「モデル化」の解説は、「化学吸着」の解説の一部です。
「モデル化」を含む「化学吸着」の記事については、「化学吸着」の概要を参照ください。


モデル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/06 21:25 UTC 版)

決心」の記事における「モデル化」の解説

モデル化のためにはいくつかの基本的な段階踏みながら行うことができる。第一段階では環境分析シナリオの定義が行われる。環境分析各種手段費用効果影響を及ぼす全ての変数取り上げることであり、軍事力脅威経済的状況政治的状況などの環境的要因変数として捉えることで、分析必要な幅広いシナリオ想定することができる。第二段階ではシナリオ定義した後に決心前提となる選択肢全て定義しなければならない。これは指揮官達成しようとする目標に対して影響する要因体系的に関連付ける。そして第三の段階では一般化されている目標分析してより明確な表現に置きなおし、どのようにすれば達成可能であるか明確にする次に第四段階では費用効果モデル構築し全ての選択肢どのような費用効果をもたらすかを分析する最後にシナリオで指揮官実行可能選択肢費用対効果比較検討することで決心必要な判断材料整理する実践的なモデル分析を行う場合ではこの段階を繰り返しながらモデル有効性高めていく。軍事的な問題に対処する指揮官決心策定するためのモデルは扱う紛争局面によって異なるために以下のような種類考えられる

※この「モデル化」の解説は、「決心」の解説の一部です。
「モデル化」を含む「決心」の記事については、「決心」の概要を参照ください。


モデル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 08:28 UTC 版)

生物地球化学的循環」の記事における「モデル化」の解説

物質循環のモデル化には、通常ボックス・モデル(box model)が用いられるボックス物質リザーバー表し大気圏生物圏海洋上部マントル海洋性地殻など様々な場合ありうる。各ボックスの間は物質流れflux)を表す矢印結ばれるボックス内の物質分布均一である仮定する。最も単純な1ボックスモデルは1個のボックス2本矢印構成されボックス流れこむ矢印供給source)、ボックスから流れ出す矢印放出sink)を表す。 ボックス・モデルに従えば、ある物質生物地球化学的循環は、相互に結ばれたリザーバー集合として表されるある時刻における循環の様子は、各リザーバーサイズmolまたはkg)および流束サイズ単位時間あたりの物質移動量、mol y-1またはkg y-1)で表される

※この「モデル化」の解説は、「生物地球化学的循環」の解説の一部です。
「モデル化」を含む「生物地球化学的循環」の記事については、「生物地球化学的循環」の概要を参照ください。


モデル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/26 14:27 UTC 版)

フードバレー」の記事における「モデル化」の解説

日本の自治体においては新潟市、とかち、静岡県富士宮市などがフードバレー構想努めている。

※この「モデル化」の解説は、「フードバレー」の解説の一部です。
「モデル化」を含む「フードバレー」の記事については、「フードバレー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モデル化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「モデル化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モデル化」の関連用語

モデル化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モデル化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの化学吸着 (改訂履歴)、決心 (改訂履歴)、生物地球化学的循環 (改訂履歴)、フードバレー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS