結合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 結合 > 結合の意味・解説 

けつ‐ごう〔‐ガフ〕【結合】

[名](スル)二つ以上のものが結びついて一つになること。また、結び合わせて一つにすること。「原子が—して分子になる」


結合

結婚 1に関する研究は、結婚行動) 2、すなわち法もしくは慣習により規定された権利と義務に伴う両性間の結合 3頻度結婚婚姻訳注)によって結びついている者たちの属性、そしてそのような結合(結婚)の解消取り扱う。さらに、その発生頻度ある程度高ければ、その他の夫婦的結合(503-8)の研究もまたこれに含まれる婚礼 4ないし結婚式 4とは、一人男性一人女性間の結合を配偶者 5、つまり夫 6と妻 7として一般に認知させるための儀式のことを指し、それは法もしくは慣習によって規定されている。配偶者同士総称して夫婦 8と呼ぶ


線維軟骨結合

読み方せんいなんこつけつごうけつごう
別名:結合
【英】:Symphysis

 この結合は線維軟骨結合組織によってつくられる連結である。骨間をみたす組織線維軟骨あるもので、向かいあう骨の表面硝子軟骨薄い層被われる線維軟骨は骨で置換されない。(例:恥骨結合椎体間結合)。

 


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/04 08:05 UTC 版)

結合(けつごう)は2つ以上のものが結び合わさること。




「結合」の続きの解説一覧

結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 00:04 UTC 版)

結合 (join) は、2つの関係から1つの関係を返す演算であり、直積演算制限演算組み合わせた演算相当する一般に、結合を直積演算制限演算組み合わせ考えると、この制限演算制限条件は、A θ B の普通の属性比較真となるという条件である(θは行おうとする結合演算応じた比較演算子)。θ比較比較演算子は、<、≤、=、>、≥、<> である。この一般化された結合演算概念は、θ結合(シータ結合)とも呼ばれる一般化された結合演算であるθ結合を具象化した演算として、この節述べ等結合自然結合準結合(半結合)などがある。この他外結合外部結合)も考案されているが、外結合妥当性については議論対象となっており、後の節で説明する

※この「結合」の解説は、「関係代数 (関係モデル)」の解説の一部です。» 「関係代数 (関係モデル)」の概要を見る


結合(JOIN句)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 04:10 UTC 版)

複数の表から行を参照する場合用いJOIN利用することが多い。種類としては以下のものがある。 クロス結合 デカルト積生成する。結合条件指定できない一部対応していないDBMSもある。 等価結合 結合条件として、等価演算子(=)用いる結合。一般的によく用いる結合方法結合する共通列にnull値が存在しない場合用いる。 等価結合一般的な書式以下の通りである。 SELECT 任意の表名.共通列 FROM 表名A [INNER] JOIN 表名B ON 表名A.共通列 = 表名B.共通列; ここで表名は記述簡便化を図るため別名表示させることが多い。その場合、共通列には必ず表別名で記述しないとエラーになる。また、SELECT句において共通列は必ずどの表のものかを記述しないといけない(これを表修飾という)。その他の共通でい列は、必ずしも表修飾させなくても良いパフォーマンス低下するため、表修飾習慣づけるのが望ましいとされている。 ※二つ以上の共通列があり、片方のみを使用したい場合OracleMySQLなどに限りUSING句を用いると、結合に用いる共通列を限定することができる。例文は表A、Bに二つ共通列があるが、そのうちAだけを使用する場合記述SELECT 共通列A,任意の表名.共通列B,その他の列名 FROM 表名A [INNER] JOIN 表名B USING(共通列A); この場合、共通列Aに対し、表修飾を行うとエラーになる。また、共通列Bにはどちらの表を使用するか表修飾行わないと、同様にエラーになる。 非等価結合 結合条件として、等価演算子用いない場合の結合。例としては>,<,<>(不一致),BETWEENなどがある。 SELECT 任意の表名.共通列 FROM 表名A [INNER] JOIN 表名B ON 表名A.共通列 <> 表名B.共通列; 例文では、共通列から同じ値を持たない行が返されるため、データ漏れなどを確認するときなどに重宝する自然結合 異な二つ以上の表に用いると、同じ名前の共通列がある場合はそれに基づき結合を行う結合(ない場合でも自動デカルト積生成しその場合はクロス結合と同じになる)。JOIN句ではNATURAL JOIN記述し、共通列を表別名で修飾する必要はない逆に共通列を表名や表別名で修飾するエラーになる。 自然結合は、ある表において、行の一部外部キーとなっていた場合、その主キー参照する値を表示した場合などに用いると、SQL記述簡易になる。たとえば、企業企業コード企業名業種コード)、業種業種コード業種名)という二つの表があり、企業表の業種コード外部キーになっているここから企業名業種名を抽出した場合自然結合用いると SELECT 企業名,業種名 FROM 企業 NATURAL JOIN 業種; このようにSQL文は非常に簡潔となる。しかし、等価結合比較して無駄な動作発生するために、パフォーマンスを考慮する等価結合望まし場合が多い。 自己結合 同じ表にそれぞれ別名を用いて結合することで、広義の等価結合属する。使用例としては、一つの表から相関的な値が使用されている時などに用いる。たとえば、表名A(棋士番号棋士名、師匠番号)という表があり、師匠番号には棋士番号に対し外部キー与えられている。ここで、各棋士師匠の関係を一覧表示したい場合棋士番号師匠番号関連づけて自己結合を行うと列抽出行えるSELECT K.棋士名, S.棋士名 AS 師匠名 FROM 表名A K [INNER] JOIN 表名A S ON 表名K.師匠番号 = 表名S.棋士番号; ※ここでは、表名Aから Kという棋士一覧表と、Sという師匠一覧表作りだし、表Kにおける師匠番号と表Sにおける棋士番号結びつけ最終的に表Kの棋士名と、表Sの棋士名を師匠名と別名表記して一覧表示している。なお、データベース構築においては新たに師匠表を作り、その主キー棋士表の師匠番号外部キーとして結びつける方法もある(もし、師匠番号棋士番号異なる値が入力され場合新たに表を作った方が無難である)。 外部結合 一方、あるいは双方の値にNULL値を含む場合使用される左側外部結合右側外部結合、完全外部結合3種類がある。書式以下の通りである。 方向には(LEFT,RIGHT,あるいはFULLいずれか入れる。なお、DBMSによってはFULL対応していないものもある) SELECT 任意の表名.共通列 FROM 表名A (方向) [OUTER] JOIN 表名B ON 表名A.共通列 = 表名B.共通列; ここでは、全ての行を抽出した側にその方向を記述(たとえば、左の表が完全《null値が存在しない》ならば、LEFT、その逆ならばRIGHT双方null値が存在する場合は、FULL)する。

※この「結合(JOIN句)」の解説は、「SELECT (SQL)」の解説の一部です。» 「SELECT (SQL)」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/20 01:47 UTC 版)

他のテーブル結合した結果により更新を行う場合、サブクエリ(副次問い合わせ)を用い方法と、SELECT ステートメント類似の結合式を用い方法がある。以下の例はどちらもテーブル "t1" に対し、列 "a2" の値が、テーブル "t2" の列 "b1" の値が 0 であるすべてのレコードにおける列 "b2" の値のどれとも一致しない場合限り、列 "a1" に 2 をセットする。 サブクエリ UPDATE t1 SET a1 = 2 WHERE a2 IN (SELECT b2 FROM t2 WHERE b1 = 0); 結合 UPDATE t1 SET a1 = 2 FROM t2 WHERE t1.a2 = t2.b2 AND t2.b1 = 0; 表・話・編・歴 データベース管理システム データモデル - 関係モデル - データベース設計 - 正規化 - 参照整合性 - 関係代数 - 関係論理 - データベース管理システム - 関係データベース管理システム - オブジェクト関係データベース - 分散データベース - トランザクション処理 概念 データベース - ACID - CRUD - NULL - 候補キー - 外部キー - 主キー - スーパーキー - 代理キー オブジェクト 関係 (表) - ビュー - トランザクション - ログ - トリガ - 索引 - ストアドプロシージャ - カーソル - 分割 SQL SELECT - INSERT - UPDATE - MERGE - DELETE - JOIN - CREATE - DROP - COMMIT - ROLLBACK - TRUNCATE - ALTER - WHERE - SAVEPOINT 構成要素 並行性制御 - データ辞書 - JDBC - ODBC - データベース言語 - 問い合わせ言語 - クエリ最適化 - クエリ実行計画 データベース製品: 関係データベース管理システムの比較 - データベース接続クライアント

※この「結合」の解説は、「UPDATE (SQL)」の解説の一部です。» 「UPDATE (SQL)」の概要を見る


結合(Cohesion)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:30 UTC 版)

オブジェクト他のオブジェクト集まっている群れ中心方向向かうように方向を変える

※この「結合(Cohesion)」の解説は、「ボイド (人工生命)」の解説の一部です。» 「ボイド (人工生命)」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/21 01:28 UTC 版)

上記のクラスターオクテット則満たさない原子を含む、電子不足化合物である。つまり一般的な有機化合物見られる2中心2電子結合を形成するのに十分な電子を持っていない。六量体には30個の電子価電子)があるが、そのうち18個はC−H結合に使われ、のこり12個がクラスター形成使われるリチウムリチウム結合に6個の電子割り当てられ、6個のメチル基はおのおの1個ずつ電子によってη3型の結合をリチウム原子と形成するIR測定からC−Li結合のエネルギー57 kcal/molと見積もられている。

※この「結合」の解説は、「メチルリチウム」の解説の一部です。» 「メチルリチウム」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/21 01:28 UTC 版)

上記のクラスターオクテット則満たさない原子を含む、電子不足化合物である。つまり一般的な有機化合物見られる2中心2電子結合を形成するのに十分な電子を持っていない。六量体には30個の電子価電子)があるが、そのうち18個はC−H結合に使われ、のこり12個がクラスター形成使われるリチウムリチウム結合に6個の電子割り当てられ、6個のメチル基はおのおの1個ずつ電子によってη3型の結合をリチウム原子と形成するIR測定からC−Li結合のエネルギー57 kcal/molと見積もられている。

※この「結合」の解説は、「メチルリチウム」の解説の一部です。» 「メチルリチウム」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 19:23 UTC 版)

ベンザインアルキンとしての描写最もよく目にするものであるが、クムレンおよびジラジカル構造重要な共鳴寄与体である。 ortho-ベンザイン中の三重結合幾何学的制約によって面内p軌道重なり合い減少し三重結合弱くなるベンザイン中の三重結合振動周波数はRasziszhewskiによって1846 cm−1アサインされた。これは、ベンザイン中の三重結合が約2150 cm−1振動周波数を持つひずみのないアルキン中の三重結合よりもかなり弱いこと示している。にもかかわらず張りつめたアルキンビラジカルよりもo-ベンザイン三重結合性質をよく描写している(より大きな一重項-三重項ギャップアルキン様の反応性)。幾何的制約は、アライン類のLUMOエネルギー顕著な低下もたらすが(2-ブチンで6.41 eVベンザインで1.33 eV)、計算によればHOMOエネルギー本質的に変化しないアライン類のLUMO軌道エネルギーはひずみのないアルキンLUMOよりもかなり低くこれによって求核剤HOMOとよりエネルギー一致するしたがって、ベンザインは求電子的性質有し求核剤反応するベンザイン詳細なMO解析1968年提示された。

※この「結合」の解説は、「ベンザイン」の解説の一部です。» 「ベンザイン」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 00:04 UTC 版)

結合 (join) は、2つの関係から1つの関係を返す演算であり、直積演算制限演算組み合わせた演算相当する一般に、結合を直積演算制限演算組み合わせ考えると、この制限演算制限条件は、A θ B の普通の属性比較真となるという条件である(θは行おうとする結合演算応じた比較演算子)。θ比較比較演算子は、<、≤、=、>、≥、<> である。この一般化された結合演算概念は、θ結合(シータ結合)とも呼ばれる一般化された結合演算であるθ結合を具象化した演算として、この節述べ等結合自然結合準結合(半結合)などがある。この他外結合外部結合)も考案されているが、外結合妥当性については議論対象となっており、後の節で説明する

※この「結合」の解説は、「関係代数 (関係モデル)」の解説の一部です。» 「関係代数 (関係モデル)」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 00:04 UTC 版)

結合 (join) は、2つの関係から1つの関係を返す演算であり、直積演算制限演算組み合わせた演算相当する一般に、結合を直積演算制限演算組み合わせ考えると、この制限演算制限条件は、A θ B の普通の属性比較真となるという条件である(θは行おうとする結合演算応じた比較演算子)。θ比較比較演算子は、<、≤、=、>、≥、<> である。この一般化された結合演算概念は、θ結合(シータ結合)とも呼ばれる一般化された結合演算であるθ結合を具象化した演算として、この節述べ等結合自然結合準結合(半結合)などがある。この他外結合外部結合)も考案されているが、外結合妥当性については議論対象となっており、後の節で説明する

※この「結合」の解説は、「関係代数 (関係モデル)」の解説の一部です。» 「関係代数 (関係モデル)」の概要を見る


結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 02:20 UTC 版)

簡易的に紐の継ぎ足しする際の結びを結合という。また、ものを縛る際に使われるテグス結び(フィッシャーマンズ・ノット fisherman's knot蝶結びボウ・ノット bow knot本結びリーフ・ノット reef knot中間者結び(バタフライ・ループ Butterfly loop

※この「結合」の解説は、「ロープワーク」の解説の一部です。» 「ロープワーク」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

結合

出典:『Wiktionary』 (2021/11/29 23:54 UTC 版)

この単語漢字
けつ
第四学年
ごう
第二学年
音読み

発音

名詞

(けつごう)

  1. 複数のものが結び付いて一つになること。

類義語

対義語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「結合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



結合と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

結合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2022 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの関係代数 (関係モデル) (改訂履歴)、SELECT (SQL) (改訂履歴)、UPDATE (SQL) (改訂履歴)、ボイド (人工生命) (改訂履歴)、メチルリチウム (改訂履歴)、メチルリチウム (改訂履歴)、ベンザイン (改訂履歴)、関係代数 (関係モデル) (改訂履歴)、関係代数 (関係モデル) (改訂履歴)、ロープワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの結合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS