妥当性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 妥当性の意味・解説 

だとう‐せい〔ダタウ‐〕【妥当性】

読み方:だとうせい

うまく適合する度合い。「―に欠ける」「―を問う

哲学で、認識価値や意味などが普遍的必然的に是認される場合、それらがもつ性質

「妥当性」に似た言葉

妥当性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

妥当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 05:40 UTC 版)

ある論証が、前提が全て真であれば結論も必ず真となるような形になっている時、その論証を妥当(だとう、: Validity)であるという。より厳密に表現すると、『全ての前提が真である』ことと『結論が偽である』ことが決して両立しない論証を妥当であるという。




「妥当性」の続きの解説一覧

妥当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 14:38 UTC 版)

ウォズニアック・テスト」の記事における「妥当性」の解説

もし対象弱いAIであるならば、他人の家入ろうプログラム決定下した時点ですべての可能性検討し始めモンテカルロ法)、結果的にすべての可能性検討し尽くすまで対象動くことがない(フレーム問題)。また、ドアにもさまざまな形状があり、さまざまな開け方があるので対象の外界に対する認知的ロバスト性高くなければ対応できない間取りなど対象にあらかじめ入力できないため、リアルタイム物体検知(英: Object detection)や建築構造動的なマッピングといった能力求められる例えドア間取りといった問題クリアできたとしても、コーヒーマシンコーヒーの粉、フィルタマグカップといった隠されたものを効率的に探し出すためにその家主人自然言語コミュニケーション取らなければならない自然言語処理、英: Natural Language Processing)。これは、対象シンボルグラウンディング問題解決してなければならないことを意味する。さらに、コーヒー適温かどうか適切な力加減コーヒーカップ持ち上げてテーブル置けるか、といった人間社会求められる協調性暗に試されている。これらの問題は2017年時点では解決されていない人工知能重要な課題一度試せるといった点で優れている

※この「妥当性」の解説は、「ウォズニアック・テスト」の解説の一部です。
「妥当性」を含む「ウォズニアック・テスト」の記事については、「ウォズニアック・テスト」の概要を参照ください。


妥当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/25 17:04 UTC 版)

ウィップル指数」の記事における「妥当性」の解説

ウィップル指数は、エイジ・ヒーピング測る上で広く利用されている。これは、数字選好丸めに基づいて5年10年間隔でヒーピング(統計上の年齢分布の山)が生じることを前提としている。エイジ・ヒーピング測る尺度としては、ほかにマイヤー指数 (Myer's Blended Index) (または、マイヤーズ・インデックス (Myers' Index))などもあり、任意の下一桁の数に関する選好検出することができる。 しかし、文化的に好ましと考えられる年齢(より若く答えたり、より年長であるように答えたりする)や生年(たとえば、縁起のよい年の生まれ答える)を申告することも考えられ、ヒーピングのパターン複雑になりうる。1990年行われた中華人民共和国国勢調査において、漢民族の間では38歳50歳、62歳、74歳に、顕著でないもののヒーピングが発見された(これは辰年関連する)。この知見は、ウィップル指数など、特定の数字10進数間隔注目した各種の測定法が、すべての集団当てはまるものではないことを示唆している

※この「妥当性」の解説は、「ウィップル指数」の解説の一部です。
「妥当性」を含む「ウィップル指数」の記事については、「ウィップル指数」の概要を参照ください。


妥当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 06:56 UTC 版)

論証」の記事における「妥当性」の解説

妥当な論証は、特定の形式従ったものである妥当でない論証は、特定の形式に従っていない。 ある論証妥当であっても、その結論が真であるとは限らない前提が偽であっても論証形式自体妥当なことがあるめである妥当な論証前提が真であるときのみ、結論真となる。 論証の妥当性は、その形式依存し前提結論真偽には依存しない論理学妥当な論証形式探すこともテーマ1つとなっている。妥当な論証前提が真であれば結論も必ず真となるもので、妥当な論証前提が真で結論が偽となることはあり得ない論証の妥当性はその形式依存するので、論証妥当でないことを示すにはその形式妥当でないことを示せばよく、同じ形式前提が真で結論が偽となる例を示せばよい。非形式論理では、これを反論counter argumentと呼ぶ

※この「妥当性」の解説は、「論証」の解説の一部です。
「妥当性」を含む「論証」の記事については、「論証」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「妥当性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

妥当性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/05 06:07 UTC 版)

名詞

妥当 だとうせい

  1. 適切良く当てはまること。
  2. 判断認識上の価値有すること。

翻訳

関連語


「妥当性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



妥当性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妥当性」の関連用語

妥当性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



妥当性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妥当性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウォズニアック・テスト (改訂履歴)、ウィップル指数 (改訂履歴)、論証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの妥当性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS