妥当性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 妥当性の意味・解説 

だとう‐せい〔ダタウ‐〕【妥当性】

うまく適合する度合い。「妥当性に欠ける」「妥当性を問う」

哲学で、認識価値や意味などが普遍的必然的に是認される場合、それらがもつ性質


妥当性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

妥当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 18:48 UTC 版)

ある論証が、前提が全て真であれば結論も必ず真となるような形になっている時、その論証を妥当である: Validity)という。より厳密に表現すると、『全ての前提が真である』ことと『結論が偽である』ことが決して両立しない論証を妥当であるという。






「妥当性」の続きの解説一覧

妥当性

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:20 UTC 版)

名詞

妥当 だとうせい

  1. 適切良く当てはまること。
  2. 判断認識上の価値有すること。

翻訳

関連語




妥当性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妥当性」の関連用語

妥当性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



妥当性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妥当性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの妥当性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS