数学の哲学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 数学の哲学の意味・解説 

数学の哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 15:37 UTC 版)

数学の哲学(すうがくのてつがく、: philosophy of mathematics)は、哲学科学哲学)の一分野で、数学を条件付けている哲学的前提や哲学的基礎、そして数学の哲学的意味研究するものである。数理哲学とも言われる。




  1. ^ 例えば、Edward Maziarsが1969年に記した書評(Maziars, Edward A. (1969). “Problems in the Philosophy of Mathematics (Book Review)”. Philosophy of Science 36 (3): 325. )において、「哲学的数学(これは主として数学者が行う仕事である)と数学的哲学(これは通常哲学者の専門分野である)とを区別」しようと提案するとき、彼は、「数学的哲学」を「数学の哲学」の同義語として使っている。
  2. ^ a b 単位がいくつあるかということ。
  3. ^ Kleene, Stephen (1971). Introduction to Metamathematics. Amsterdam, Netherlands: North-Holland Publishing Company. p. 5. 


「数学の哲学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「数学の哲学」の関連用語

数学の哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



数学の哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの数学の哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS