述語論理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理 > 述語論理の意味・解説 

じゅつご‐ろんり【述語論理】

記号論理学一部門。命題内部論理構造である主語述語の関係「すべての主語は…である」「ある主語は…である」などを、論理記号全称∀・存在∃など)によって記号化して研究するもの。→命題論理


述語論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 01:48 UTC 版)

述語論理(じゅつごろんり、predicate logic)とは、数理論理学における記号的形式体系群を指す用語で、一階述語論理二階述語論理多ソート論理英語版無限論理などが含まれる。これらの形式体系の特徴は、論理式に含まれる変数量化できる点である。一般的な量化子として、存在量化子 ∃ と全称量化子 ∀ がある。変数は議論領域の要素、関係、関数などである。例えば、関数記号に対する存在量化は「ある関数が存在する」という修飾として解釈される。述語論理の基礎は、ゴットロープ・フレーゲチャールズ・サンダース・パースがそれぞれ独自に生み出し発展させた[1]




  1. ^ Eric M. Hammer: Semantics for Existential Graphs, Journal of Philosophical Logic, Volume 27, Issue 5 (October 1998), page 489: "Development of first-order logic independently of Frege, anticipating prenex and Skolem normal forms"
  2. ^ 例えば、(Stolyar 1970, p. 166)。 (Hamilton 1978)では、どちらも calculus だとしているが、形式的なものと非形式的なものに分類している。


「述語論理」の続きの解説一覧



述語論理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「述語論理」の関連用語

述語論理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



述語論理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの述語論理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS