真理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 真理の意味・解説 

しん‐り【真理】

読み方:しんり

いつどんなときにも変わることのない、正し物事筋道真実の道理。「永遠不変の―」「―の探究

哲学で、

思惟存在あるいは認識対象との一致。この一致については、いくつかの説がある。

プラグマティズムでは、人間生活において有用な結果をもたらす観念をいう。

仏語真実で永遠不変の理法真如

「真理」に似た言葉

真理

作者佐藤健司

収載図書ショートショートの広場 19
出版社講談社
刊行年月2007.5
シリーズ名講談社文庫


真理

作者阿川佐和子

収載図書婚約のあとで
出版社新潮社
刊行年月2008.2


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 01:19 UTC 版)

真理(しんり、: ἀλήθεια: veritas: truth: vérité: Wahrheit)は、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤りなく認識されたことのあり方。真実とも。


  1. ^ a b 加藤信朗「真理」(Yahoo!百科事典)
  2. ^ バーナード・ウィリアムズ『生き方について哲学は何が言えるか』下川潔・森際康友訳、産業図書、1985、p.258.
  3. ^ 稲垣、1999、p.59
  4. ^ 西部邁 『虚無の構造』中央公論新社〈中公文庫〉、2013年、148頁。 


「真理」の続きの解説一覧

真理 (著作)

(真理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/28 02:43 UTC 版)

眞理(真理、しんり)は、谷口雅春の著書。全11巻。『生命の實相』に次ぐ生長の家聖典でもある。




「真理 (著作)」の続きの解説一覧

真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:20 UTC 版)

マハトマ・ガンディー」の記事における「真理」解説

ガンディー自分の人生何よりも真理(Satya探究という目的のために捧げた彼は自分の失敗自分自身使った実験などから学ぶことを通して、この目的達成試みた実際彼は自叙伝に『真理を対象とした私の実験について(英語: The Story of My Experiments with Truth)』という題をつけている。 ガンディーは「非暴力運動において一番重要なことは、自己の内の臆病や不安を乗り越えることである」と主張したガンディー自分の理念をまとめ、初めは「神は真理である」と述べていたが、後になると「真理は神である」という言葉変えている。よって、ガンディー哲学における真理(Satya)とは「神」意味する

※この「真理」の解説は、「マハトマ・ガンディー」の解説の一部です。
「真理」を含む「マハトマ・ガンディー」の記事については、「マハトマ・ガンディー」の概要を参照ください。


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 08:21 UTC 版)

鋼の錬金術師の主要な登場人物」の記事における「真理」解説

「真理」 「真理の扉」の前に座っている存在当初はただ人の形をした何か」としか表現しようのない透明人間のような風貌をしている。 人や物というより単に存在、あるいは概念と言った方が近く具体的な正体不明。自らを「世界」「宇宙「神」「真理」「全」「一」などと呼ばれるモノだと名乗り、またエドワード指差しオレは、おまえだ」とも言っている。ゆえに全事象とも言える存在人体錬成などを行って「真理の扉」の前に来たに対し、「通行料」と称する代価引き換えに「真理」見せる。この代価とは原則的に術者身体であり、一部全体を奪う。同時に奪った箇所は、その透明のような身体補われる。詳しくは鋼の錬金術師#用語の真理の項も参照基本的にやってくる者を愚かな存在と言い放つ。しかし、エドワードアルフォンスを元に戻すために最後に「真理」代価にした時は、「正解と言い、「お前は真理(オレ)に勝った、だから全てを持っていけ」と喜ぶように言うオマケでは、本編でのシリアスな存在から一変してコミカルな存在描かれている。特に各種ガイドブックカバー裏は必ず「真理」ネタである。

※この「真理」の解説は、「鋼の錬金術師の主要な登場人物」の解説の一部です。
「真理」を含む「鋼の錬金術師の主要な登場人物」の記事については、「鋼の錬金術師の主要な登場人物」の概要を参照ください。


真理(まり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 01:56 UTC 版)

ぼくのマリー」の記事における「真理(まり)」の解説

ひろしの通う大学におけるみんなの憧れアイドルキレイで頭がいい上におしとやか性格と、非の打ち所のない女性初めは自分と瓜二つマリ戸惑うが、すぐに打ち解けるうになる物語序盤ではマリと同様ロングヘアだったが、中盤以降今井美樹(連載当時)を意識したショートヘアになる。

※この「真理(まり)」の解説は、「ぼくのマリー」の解説の一部です。
「真理(まり)」を含む「ぼくのマリー」の記事については、「ぼくのマリー」の概要を参照ください。


真理(マリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 06:46 UTC 版)

水蓮運河」の記事における「真理(マリー)」の解説

波宇流美人秘書一見してクールビューティーといったキャラクター。しかし、頭の働きは差ほどではない、とデビッドからは評価されている。ゲイ疑惑カモフラージュするため、バー誘われるが、その帰り道で、水蓮人ゲリラ人質になる。そのゲリラ平然と殺す波宇流の姿に、自分コンピュータ付属品のようなものだと感じる。馬南議員にくどかれており、そのことで非常に嫌な思いをしている。

※この「真理(マリー)」の解説は、「水蓮運河」の解説の一部です。
「真理(マリー)」を含む「水蓮運河」の記事については、「水蓮運河」の概要を参照ください。


真理(まり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 10:01 UTC 版)

EIGHTH」の記事における「真理(まり)」の解説

所長ナオヤ補佐役かなりの巨乳何を考えているかわからない所長振り回されがちだが、ナオヤに対して大人色気振りまきながら接することで行動掌握している。

※この「真理(まり)」の解説は、「EIGHTH」の解説の一部です。
「真理(まり)」を含む「EIGHTH」の記事については、「EIGHTH」の概要を参照ください。


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 06:02 UTC 版)

モッラー・サドラー」の記事における「真理」解説

モッラー・サドラーにとって真なる言明とは存在における具体的な事実一致するような言明である。彼は一般的でなく形上学的な真理概念考えた。そして、世界は常に真であり心から独立である対象から成り、真理は一つ記述理論によって理性とらえることできないものである主張したモッラー・サドラー考えでは、物の実在に触れることはかなわず言語的に分析することができるのみである。この新理論二つ段階から成る。つまり、命題実在するもの一致するときに真となるという主張と、命題実際上物事自体一致するならば真であるという主張である。

※この「真理」の解説は、「モッラー・サドラー」の解説の一部です。
「真理」を含む「モッラー・サドラー」の記事については、「モッラー・サドラー」の概要を参照ください。


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 22:36 UTC 版)

東京湾景」の記事における「真理」解説

親友のゆうこと大杉交際縁で亮介知り合う周囲からは亮介付き合っていると思われている。亮介部屋には時々泊まる「彼女」ではない。美緒存在知り次第亮介取られたくないという思い湧き上がる

※この「真理」の解説は、「東京湾景」の解説の一部です。
「真理」を含む「東京湾景」の記事については、「東京湾景」の概要を参照ください。


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/23 09:14 UTC 版)

Angel Hearts (ゲーム)」の記事における「真理」解説

セイトカイ3人衆のリーダー会長本作最終ボスで、学園全員秘技まとめた攻撃仕掛けてくる。

※この「真理」の解説は、「Angel Hearts (ゲーム)」の解説の一部です。
「真理」を含む「Angel Hearts (ゲーム)」の記事については、「Angel Hearts (ゲーム)」の概要を参照ください。


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:50 UTC 版)

天使たちの午後」の記事における「真理」解説

由美子後輩である1年生

※この「真理」の解説は、「天使たちの午後」の解説の一部です。
「真理」を含む「天使たちの午後」の記事については、「天使たちの午後」の概要を参照ください。


真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:51 UTC 版)

モンタージュ (漫画)」の記事における「真理」解説

関口兄弟拾った人物、健の恋人関口兄弟殺害される

※この「真理」の解説は、「モンタージュ (漫画)」の解説の一部です。
「真理」を含む「モンタージュ (漫画)」の記事については、「モンタージュ (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「真理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

真理

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:07 UTC 版)

名詞

しんり

  1. 正しいと認められた事実法則

発音(?)

し↘んり

翻訳

関連語


「真理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



真理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真理」の関連用語

真理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真理のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真理 (改訂履歴)、真理 (著作) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマハトマ・ガンディー (改訂履歴)、鋼の錬金術師の主要な登場人物 (改訂履歴)、ぼくのマリー (改訂履歴)、水蓮運河 (改訂履歴)、EIGHTH (改訂履歴)、モッラー・サドラー (改訂履歴)、東京湾景 (改訂履歴)、Angel Hearts (ゲーム) (改訂履歴)、天使たちの午後 (改訂履歴)、モンタージュ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの真理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS