スタンフォード哲学百科事典とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スタンフォード哲学百科事典の意味・解説 

スタンフォード哲学百科事典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/16 20:18 UTC 版)

スタンフォード哲学百科事典(スタンフォードてつがくひゃっかじてん、Stanford Encyclopedia of Philosophy、 SEP)は、無料で閲覧できる、哲学専門のオンライン百科事典。使用言語は英語。各記事は編集委員によって指名された各分野の専門家によって執筆され、ピア・レビューを経た上で、一般に公開されている。さらに記事の内容は研究状況にあわせ、随時、加筆・更新されている(この際もピア・レビューを経る)。


  1. ^ a b 2007年3月現在。数字は「記事の公開記録」のページ[1]より。1995年11月14日の"Turing machine"から2007年3月14日の"Decartes's Theory of ideas"までで890本。
  2. ^ a b History of grantより。
  3. ^ a b c Fundraising and Supportのページより。
  4. ^ a b Libraries/Consortia Registering Financial Support of the Stanford Encyclopedia of Philosophyのページより。558(部分的なサポートのみを行なう40図書館を含む)という数字はこのページからカウントした(2007年4月4日)。
  5. ^ Giving to the Stanford Encyclopedia of Philosophyのページから寄付を行なうことができる。
  6. ^ a b c historyのページより。
  7. ^ a b List of Authors のページに執筆者全員の名前と執筆に関わった全記事がリストされている。1143名という数字は2007年4月2日時点におけるこのページの表示を全カウントして得られた数字。
  8. ^ a b Editorial Boardのページに全員の名前と所属がリストされている。数字は2007年3月時点での表示に従い、このページからカウントした。
  9. ^ 百科事典に追加された最新記事はWhat's Newのページから見ることができる
  10. ^ Open Letter to Professional Scholars - Why Open Access is Important 何故オープンアクセスが重要か。研究者に向けたオープンレターより。
  11. ^ Open Letter to General Readers -Our Plan to Preserve Free and Open Access 無料のオープンアクセスを維持し続けるための私達のプラン。一般人に向けたオープンレターより。
  12. ^ Open Letter to Librariansのページより。図書館司書にむけた具体的なメッセージが書かれている。
  13. ^ The SEP's Publishing Modelのページより。
  14. ^ The SEP's Publishing Modelの(7)より


「スタンフォード哲学百科事典」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スタンフォード哲学百科事典」の関連用語

スタンフォード哲学百科事典のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スタンフォード哲学百科事典のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタンフォード哲学百科事典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS