ケセラセラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ケセラセラの意味・解説 

ケセラセラ

別表記:Será」
英語:Que Será, Será

ケセラセラ(西: Que Será, Será)とは、一般になるようになる」と和訳される言い回しです。「物事勝手にうまい具合に進むもの」「だからあれこれと気を揉んで仕方がない」「成り行き任せてしまうのがよい」という意味合い含蓄のある言い回し解釈されます。

「ケセラセラ」は元々は映画主題歌タイトルです。映画主題歌世界的に有名になったことで、「ケセラセラ」という言葉広く知られるようになり、やがて慣用句一種のように見なされるようになった、という経緯であります

ケセラセラ(Que Será, Será)はスペイン語語彙用いて表現されていますが、元々スペイン語圏でこのような言い回しはなかったようで「ケセラセラ」は曲のタイトルとして考案され一種の造語表現解釈されています。英語に置き換えると「Whatever will be, will be.」となり、すんなり意味が通ります日本における和製英語のようないわゆるなんちゃってスペイン語であった可能性非常に高いという次第です

「ケセラセラ」映画主題歌として第29回アカデミー賞歌曲賞)を受賞してます。

「ケセラセラ」他に、「明日は明日の風が吹く」という言い回しも、「あれこれ気を揉まず成り行き任せてしまおうという意味合い用いられる表現として、よく知られています。

明日は明日の風が吹く」は、映画風と共に去りぬ」に登場する台詞としてよく知られています。同作品はアメリカ映画であり、原文は「Tomorrow is another day.」であり、文字通りに訳せば「明日は(今日とは)別の日」といったところ。「風が吹く」という要素意訳捉えられます。

日本語表現としては、江戸時代上演され歌舞伎の演目中に明日は明日の風吹けば~」という台詞がある、とされます映画風と共に去りぬ」の翻訳者が、この歌舞伎台詞念頭においていた、という推察は可能かもしれません

ケ‐セラ‐セラ

形動米国映画ヒッチコック監督の「知りすぎていた男」の主題歌から》なるようになるさ、の意。昭和32年(1957)ごろの流行語

[補説] スペイン語では、Lo que será, será、英語では、Whatever will be, will beとなる。スペイン語で、Que será(, será)?は、「どうなるであろうか」の意の疑問文後のserá(動詞)は省略可


ケセラセラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 06:13 UTC 版)

ケセラセラ」 (Que Sera, Sera) は、ドリス・デイ1956年の楽曲である。


注釈

  1. ^ 現在もっぱら正式な題とされる[1]アメリカ映画主題歌ベスト100にも記述がある。

出典

  1. ^ Preview Que Sera, Sera (HL.354890)”. Sheet Music Plus. 2021年8月16日閲覧。
  2. ^ 小藤武門「巻末掲載 ポピュラー音楽年表 1945〜1982」『S盤アワーわが青春のポップス』アドパックセンター、1982年9月1日、95頁。ISBN 978-4900378025(この章のみ本文とは別にノンブルが打たれている)
  3. ^ “歌のあるばむ ケ・セラ・セラ(朝刊)”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 26. (1983年8月28日) 
  4. ^ 番組ガイド:「ママは太陽」”. 【海外ドラマ番組ガイド☆テレプレイ】 (2005年8月14日). 2021年8月16日閲覧。
  5. ^ Billboard: pp. 62,71. (1970年6月27日) 
  6. ^ Billboard: p. 76. (1973年6月23日) 
  7. ^ Billboard: p. 69. (1978年7月8日) 


「ケセラセラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ケセラセラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ケセラセラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケセラセラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS