Será」とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > Será」の意味・解説 

ケセラセラ

別表記:Será」
英語:Que Será, Será

ケセラセラ(西: Que Será, Será)とは、一般になるようになる」と和訳され言い回しです。「物事勝手にうまい具合に進むもの」「だからあれこれ気を揉んで仕方がない」「成り行き任せてしまうのがよい」という意味合い含蓄のある言い回し解釈されます。

「ケセラセラ」は元々は映画主題歌タイトルです。映画主題歌世界的に有名になったことで、「ケセラセラ」という言葉広く知られるようになり、やがて慣用句一種のように見なされるようになった、という経緯でがあります

ケセラセラ(Que Será, Será)はスペイン語語彙用いて表現されていますが、元々スペイン語圏でこのような言い回しはなかったようで、「ケセラセラ」は曲のタイトルとして考案され一種造語表現解釈されています。英語に置き換えると「Whatever will be, will be.」となり、すんなり意味が通ります日本における和製英語のようないわゆるなんちゃってスペイン語であった可能性が非常に高いという次第です。

「ケセラセラ」映画主題歌として第29回アカデミー賞歌曲賞)を受賞してます。

「ケセラセラ」の他に、「明日は明日の風が吹く」という言い回しも、「あれこれ気を揉まず成り行き任せてしまおう」という意味合い用いられる表現として、よく知られています。

明日は明日の風が吹く」は、映画風と共に去りぬ」に登場する名台詞としてよく知られています。同作品はアメリカ映画であり、原文は「Tomorrow is another day.」であり、文字通りに訳せば「明日は(今日とは)別の日」といったところ。「風が吹く」という要素意訳捉えられます。

日本語表現としては、江戸時代上演され歌舞伎の演目中に明日明日の風吹けば~」という台詞がある、とされます映画風と共に去りぬ」の翻訳者が、この歌舞伎台詞念頭においていた、という推察は可能かもしれません。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  Será」のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Será」」の関連用語

Será」のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Será」のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS