翻訳者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 職業図鑑 > 翻訳者の意味・解説 

翻訳者

読み方ホンヤクシャ

概要解説 日本翻訳文化の国といわれています。世界各国文学から専門書まで、英語以外の言語これほど翻訳さかんな言葉は他にないでしょう。ふだん私たちが目にしている海外ニュース広告などから、輸出入業務、あるいは国際条約に至るまで、海外関わるあらゆる機会において翻訳が行われています。貿易立国ある日本においては、翻訳者の活躍の場は無限といってもよいほどですが、これを大別すると、出版翻訳産業翻訳分類することができます実際需要匿名で行う産業翻訳の方が圧倒的に多いようですまた、需要大小こそあれ、ほとんどの言語について翻訳ニーズ存在してます。 必要な能力資格など 翻訳者になるには、特に資格免許は必要ありません。文芸翻訳場合は、出版社への持ち込みコンテストへの応募産業翻訳場合は、翻訳会社トライアルを受けることが第一歩なりますが、翻訳学校に通ったり、通信教育利用して実力高めた上でないと、実際に仕事を得るのは簡単ではありません。外国語基礎確認するために、各国語検定資格(英検仏検など)やTOEICスコアなどの提出求められる場合あります。さらに、労働省認定の「翻訳技能審査」が翻訳者の資格として一般的になりつつあります関連する職業 通訳者 | 英文速記者

翻訳

(翻訳者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/12 01:20 UTC 版)

翻訳ほんやく: translation)とは、ある形で表現されている対象を、異なる形で改めて表現する行為である。


注釈

  1. ^ コンピュータプログラミング言語におけるコンパイルなど、形式言語における変換を指して(特に、以前は多かったカタカナ語の言い換え語として)「翻訳」という語を使うことも多いが、自然言語の翻訳と形式言語の変換は質的に全く異なるものであり、わかった気がする(実際には誤解しているだけの)言い換え語として以上の意味は無い。

出典

  1. ^ a b 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p2 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  2. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p110 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  3. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p158 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  4. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p175-177 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  5. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p182-184 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  6. ^ 「医学の歴史」pp150 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  7. ^ 「図説 本の歴史」p57 樺山紘一編 河出書房新社 2011年7月30日初版発行
  8. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p38 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  9. ^ a b 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p18-19 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  10. ^ 現代の事例では、サダム・フセインの小説を和訳する際に、戦争のため版権所有者と連絡がとれず、仏語版から仏文学者が翻訳したものがある。『王様と愛人』p4 ブックマン社 2004年8月5日初版第1刷発行
  11. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p69 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  12. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p8-9 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  13. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p74-78 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  14. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p74-75 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  15. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p76-77 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  16. ^ 登録ボランティア制度について名古屋国際センター、2012年9月11日閲覧)
  17. ^ Japan earthquake how to protect yourself (地震発生時緊急マニュアル)、日本語・英語・その他の言語、東京外国語大学の学生たち、2012.3.3開始、2012年9月11日閲覧



翻訳者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 04:26 UTC 版)

ニンジャスレイヤー」の記事における「翻訳者」の解説

「ダイハードテイルズ」に所属する、本兌 有と ライカの2名で行われている。 彼らは「翻訳チーム」を自称している。連載当初は使うクライアントにより「Saezuri」を使う「チームA(甲)」と iPhoneクライアントを使う「チームB(乙)」に分かれていたが、2020年現在はその限りはない。他に何名が関わっているのかは不明Twitterアカウント運営以外にも、商業展開についての窓口など、事務的な作業担当している。ニンジャスレイヤー以外の翻訳作品として、トレヴォー・S・マイルズ他の海外作家アンソロジーハーン:ザ・ラスト・ハンター』やジェイ・クリストフのストームダンサー(『ロータス戦記シリーズ)が存在する翻訳チームアカウントでは、翻訳作品以外も連載されことがあるオリジナル小説『ブーブス・バンド 〜ロックンロール女囚軍団〜』や『スチーム・パワード』などのほか、作品ファン少年ボブ」と、ファンとして逸脱した彼の行動に対して忠告与える「エルフのせんし」が登場する短編もある。また、エイプリルフールには決まってニンジャスレイヤー他作品風にパロディした短編連載される(「ニンジャモン」など)。 作中登場キャラザ・ヴァーティゴ」がつぶやかれた質問答えるなどメタフィクション利用した注意喚起なされるなど、翻訳チーム自体フィクション、あるいはメタフィクションに近い存在として描いている。公式サイトでも、作品宣伝活動報告ストーリー仕立てとしたり、いらすとやなどのフリー素材多用したりするなど独特の構成である。 翻訳チーム2002年前後運営していたWEBサイト「ダイハードテイルズ」では、ニンジャスレイヤープロトタイプ掲載されていた。 翻訳チーム中心人物である本兌有とライカは、2012年SFセミナー出演し翻訳時のエピソード披露している。

※この「翻訳者」の解説は、「ニンジャスレイヤー」の解説の一部です。
「翻訳者」を含む「ニンジャスレイヤー」の記事については、「ニンジャスレイヤー」の概要を参照ください。


翻訳者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 06:22 UTC 版)

山本博 (弁護士)」の記事における「翻訳者」の解説

推理小説翻訳者として活動している。早川書房出版するエド・マクベインロバート・B・パーカーなどの推理小説ハードボイルド小説日本語訳数多く手掛けている。

※この「翻訳者」の解説は、「山本博 (弁護士)」の解説の一部です。
「翻訳者」を含む「山本博 (弁護士)」の記事については、「山本博 (弁護士)」の概要を参照ください。


翻訳者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 17:07 UTC 版)

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」の記事における「翻訳者」の解説

武井みゆき 宣伝映画配給会社ムヴィオラ代表。モフセン・マフマルバフ映画上映のほか、ウカマウ集団映画全作品の上映を手掛ける。 「(アフガニスタン対する)『世界無知』を伝え」「世界理性の側に踏みとどめる」として本書情熱傾ける。 渡部良子 1997年から1998年テヘラン大学留学し文学部歴史学科博士課程に学ぶ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程在学中前近代イラン・イスラーム史を専攻東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所非常勤研究員として、中東イスラーム研究教育プロジェクト参加する。ほか、上智大学非常勤講師など。 本書では、マフマルバフのレポート同意できない部分もあるとし、例として、マフマルバフによる部族文化批判ブルカ否定欧米寄り視点などを挙げる映像作家として感性評価している。

※この「翻訳者」の解説は、「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」の解説の一部です。
「翻訳者」を含む「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」の記事については、「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」の概要を参照ください。


翻訳者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 22:43 UTC 版)

原住民司法論集」の記事における「翻訳者」の解説

裁判官環昌一は、戦後最高裁判所調査官1976年から1982年まで最高裁判所裁判官務めた。翻訳者のうち裁判官地位にあった者は、内藤頼博荒川三郎、古開敏正、澤井種雄も含め東京帝国大学法学部卒業している。 また、同号が刊行され当時司法大臣であった松阪広政は、戦後A級戦犯として刑に服したのち、佐藤栄作首相弁護士務めた

※この「翻訳者」の解説は、「原住民司法論集」の解説の一部です。
「翻訳者」を含む「原住民司法論集」の記事については、「原住民司法論集」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「翻訳者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「翻訳者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「翻訳者」の関連用語

翻訳者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



翻訳者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2024 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの翻訳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニンジャスレイヤー (改訂履歴)、山本博 (弁護士) (改訂履歴)、アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ (改訂履歴)、原住民司法論集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS