杉とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > の意味・解説 

さん【杉】

読み方:さん

常用漢字] [音]サン(漢) [訓]すぎ

[一]サン木の名。スギ。老杉

[二]〈すぎ〉「杉皮杉板糸杉


すぎ【杉/×椙】

読み方:すぎ

スギ科常緑大高木。高さ50メートル以上に達し長寿。幹は直立し樹皮褐色縦に裂ける。小さ針状で、密につく。早春多数の雄花と球状雌花とをつける。花粉多量で広範囲に飛散し花粉症原因となる日本特産で、産地により、吉野杉秋田杉北山杉屋久杉などがある。材は、木目まっすぐで香りがあり、建築・家具などに多用される。《 花=春 実=秋 落=夏》「―の花こぼれし磴(とう)や物詣/たかし」

紋所の名。杉の木をかたどったもの一本杉丸に二本杉・三本杉・杉巴など。

杉形(すぎなり)」の略。

[補説] 「」は国字

杉/椙の画像
杉/椙の画像
杉の紋所一つ一本杉
杉/椙の画像
杉の紋所一つ三本杉

スギ

別名:杉,
【英】:Cryptomeria japonica
(スギ科)


本州四国九州分布する日本の代表的な樹種一つです。最近では天然生のものは少くなり、それはほとんどが人工造林されたものです天然のスギの産地として、現在でも、しばしば話題になる地域秋田地方アキタスギ)、屋久島ヤクスギ)などがあります古くから造林され、北海道南部以南日本全土にスギの見られそのうちでも吉野尾鷲天竜日田飫肥智頭などの各地方はスギの産地として有名です

木材
心材と辺材の色の差は明らかで前者桃色から濃赤褐色までかなり幅があり、ときには黒くなっているものがありますこのように黒いものはクロジンと呼ばれ美しとはいえないので、低く評価されています。さらにクロジンのスギは含水率が高いので、利用上も種々問題おきます。スギの木材の材質は、生産地範囲広く、各産地における造林方法が違うため、幅広く変動してます。スギの木材は、特有の芳香をもっていますが、日常それを感じるのは樽酒木の香り、あるいは、和菓子の箱などのそれでしょう年輪はっきりしており、肌目は粗くなっています
スギの気乾比重は0.30~0.38(平均値)~0.45で、日本産針葉樹としてはやや軽軟といえます心材保存性中庸です。

用途
建築材、板)、天井板、磨丸太家具器具包装下駄割箸高級品もある)、造船など用途範囲の広い木材です。古代住居跡からかなり大量のスギ材が発見されることが多く、いかに古くからわれわれの生活に結びついていたかがわかり、いわば、日本の代表ともいえる木材です。


すぎ 【杉・椙】

スギ科常緑針葉樹日本特産。まっすぐ高く伸びるので、古くから神を祭る神聖な木とされ、杉葉神事にも使われた。奈良県桜井市三輪明神神杉京都伏見稲荷験の杉神木として知られるが、ほかにも大杉神社老杉神社杉山神社など、杉を神体とする社がある。杉安産お守り魔除にもされ、流行病百日咳などには「過ぎてよし」の語呂合わせから杉と葦を戸口つるしたりした。杉の箸やを地にさしたら根づいたとする箸杉・杉の伝説もある。杉と酒との関係深く三輪明神神助美酒ができたとして、杉葉で玉を作って酒林」と称し酒屋の軒につるして看板にする。酒樽も杉で作ると杉香がうつっていとした死者三十三回忌には弔い上げのついた杉の生木塔婆杉仏葉付塔婆)を墓所立て死者が神になったとする。神聖視されて民家屋敷内植えたり垣を作るのは家が滅ぶとして嫌われた。また杉の立ち枯れ凶兆とする。杉の脂は火傷・ひび・・吹き出ものに効く。

作者沢崎元美

収載図書サイレン島第二作品集
出版社東峰書房
刊行年月2004.4


スギ


すぎ (杉)

Cryptomeria japonica

Cryptomeria japonica

Cryptomeria japonica

Cryptomeria japonica

Cryptomeria japonica

Cryptomeria japonica

Cryptomeria japonica

わが国固有種で、本州から四国九州それに屋久島まで分布してます。山地沢沿いなどに生え、高さは50メートルにもなります。その名前は、幹が直立しているの直木(すき)からきたものとか、すくすく立つ木の意味ともいわれますわが国では最大の人工造林面積をもち、建築材として利用されます。
スギ科スギ属常緑針葉高木で、学名Cryptomeria japonica。英名は Japanese cedar
スギのほかの用語一覧
コウヨウザン:  広葉杉
スイショウ:  水松
スギ:  杉  河合杉  猿猴杉  錨杉
セコイア:  セコイア

読み方:すぎ

  1. 力。〔花言葉
  2. 花言強健の意。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



読み方:スギsugi

所在 熊本県山鹿市


読み方:スギsugi

所在 茨城県那珂市





読み方:スギsugi

所在 大阪府枚方市


読み方:スギsugi

所在 兵庫県篠山市



地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

スギ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 00:36 UTC 版)

スギ学名: Cryptomeria japonica)は、ヒノキ科スギ亜科スギ属で常緑針葉樹である。主に本州以南の山地に生え、広く植林されている。


注釈

  1. ^ この生態を利用した皮むき間伐は、表皮を剥がすことで樹木中の水分を抜いて1年ほどで枯れさせる山林整備の手法である。

出典

  1. ^ Conifer Specialist Group 2000. Cryptomeria japonica. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cryptomeria japonica (L.f.) D.Don” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年2月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 286.
  4. ^ アズキナシ (カタスギ) 北海道森林管理局 2021年3月24日閲覧
  5. ^ a b 辻井達一 1995, p. 44.
  6. ^ a b c d 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 245.
  7. ^ a b 辻井達一 1995, p. 47.
  8. ^ 高原光「日本列島に広がっていたスギ林」『森林の環境100不思議』p69 日本林業技術協会 1992年2月15日刊 全国書誌番号:99066256
  9. ^ 佐橋紀男、渡辺幹男、三好彰、程雷、殷敏「中国の天目山と日本の屋久島・伊豆大島産のスギの遺伝的特性」『耳鼻と臨床』第45巻6Supplement2、耳鼻と臨床会、1999年、 630-634頁、 doi:10.11334/jibi1954.45.6supplement2_630ISSN 0447-7227
  10. ^ スギ Cryptomeria japonica ヒノキ科 Cupressaceae スギ属 三河の植物観察”. mikawanoyasou.org. 2022年3月17日閲覧。
  11. ^ 河合杉はどんな植物?Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2022年3月17日閲覧。
  12. ^ スギ花粉は世界中に舞っていた!”. 田中淳夫 (2016年3月9日). 2016年3月12日閲覧。
  13. ^ 林木育種センターだより(2000年1月) (PDF)”. 林野庁・林木育種センター. p. 1 (2002年5月1日). 2016年3月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g 田中潔 2011, p. 109.
  15. ^ a b c d e f 田中潔 2011, p. 108.
  16. ^ a b 屋久杉巨樹・著名木”. 屋久杉自然館 (2015年4月26日). 2016年3月12日閲覧。
  17. ^ 四手井綱英 (1957) 大阪営林局管内の天然生スギの系統の分布について. 日本林学会誌39(7), pp. 270 - 273. doi:10.11519/jjfs1953.39.7_270
  18. ^ 高桑進・米澤信道・綱本逸雄・宮本水文 (2010) 日本列島におけるスギの分布状況と針葉の形態変化について. 京都女子大学宗教・文化研究所研究紀要23 hdl:11173/1936
  19. ^ 齋藤秀樹・竹岡政治 (1987) 裏日本系スギ林の生殖器官生産量および花粉と種子生産の関係. 日本生態学会誌37(3), pp. 183 - 185. doi:10.18960/seitai.37.3_183
  20. ^ 遠山富太郎 (1960) オモテスギとウラスギについて. 島根農科大学研究報告8, pp. 141 - 149. NAID 120005584288
  21. ^ 苅住昇一『樹木根系図鑑』誠文堂新光社、1979年
  22. ^ 信州大学農学部森林科学科教授 北原曜 (2002年5月1日). “土砂災害に強い森林づくりに向けて (PDF)”. 長野県. p. 2. 2016年3月12日閲覧。
  23. ^ 向井譲 (2004) 低温条件下で樹木が受ける光ストレスとその防御機能. 日本林学会誌86(1), pp. 48 - 53. doi:10.11519/jjfs1953.86.1_48
  24. ^ 丸田恵美子・中野隆志 (1999) 中部山岳地域の亜高山帯針葉樹と環境ストレス (<特集>中部山岳地域の高山・亜高山帯における植物群落の現状と将来). 日本生態学会誌49(3), pp. 293 - 300. doi:10.18960/seitai.49.3_293
  25. ^ 宇梶徳史・原登志彦 (2007) Expressed sequence tags (EST)から見た樹木の越冬戦略. 日本生態学会誌57(1), pp. 89 - 99. doi:10.18960/seitai.57.1_89
  26. ^ 大庭喜八郎 (1972) メアサ,キリシマメアサおよびアオスギのミドリスギ劣性遺伝子. 日本林学会誌54(1), pp. 1 - 5. doi:10.11519/jjfs1953.54.1_1
  27. ^ 畑邦彦・木本遼太郎・曽根晃一 (2018) スギ成木および実生におけるアーバスキュラー菌根菌の感染率の季節変化. 日本林学会誌100(1), pp. 3 - 7. doi:10.4005/jjfs.100.3
  28. ^ Il Koo LEE, Masami MONSI. (1963) Ecological Studies on Pinus densiflora Forest 1 -Effects of Plant Substances on the Floristic Composition of the Undergrowth-. The Botanical Society of Japan 76(905), pp. 400 - 413. doi:10.15281/jplantres1887.76.400
  29. ^ 高橋輝昌・鷲辺章宏・浅野義人・小林達明, (1998) 木本類における他感作用. ランドスケープ研究62(5), pp. 525 - 528. doi:10.5632/jila.62.525
  30. ^ 岡部宏秋,(1994) 外生菌根菌の生活様式(共生土壌菌類と植物の生育). 土と微生物24, pp. 15 - 24.doi:10.18946/jssm.44.0_15
  31. ^ 澤田智志・加藤秀正 (1991) スギおよびヒノキ林の林齢と土壌中の塩基の蓄積との関係. 日本土壌肥料学雑誌62(1), pp. 49 - 58. doi:10.20710/dojo.62.1_49
  32. ^ 酒井昭 (1977) 植物の積雪に対する適応. 低温科学生物編34, pp. 47 - 78. hdl:2115/17828
  33. ^ 平英彰, (1994) タテヤマスギの更新形態について. 日本林学会誌76(6), pp. 547 - 552. doi:10.11519/jjfs1953.76.6_547
  34. ^ 川尻秀樹・安江保民・大橋英雄・中川一 (1989) 岐阜県板取村のカブスギ集団の実態. 日本林学会誌71(5), pp. 204 - 208. doi:10.11519/jjfs1953.71.5_204
  35. ^ 武藤惇・堀内孝雄 (1974)スギ種子産地と寒害抵抗性. 日本林学会誌56(6), pp. 210 - 215. doi:10.11519/jjfs1953.56.6_210
  36. ^ 石沢進 (1985) 植物の分布と積雪―新潟県およびその周辺地域について―. 芝草研究14(1), pp. 10 - 23. doi:10.11275/turfgrass1972.14.10
  37. ^ 中静透 (2003) 冷温帯林の背腹性と中間温帯論. 植生史研究11(2), pp. 39 - 43. doi:10.34596/hisbot.11.2_39
  38. ^ 冨沢日出夫・丸山幸平 (1993) 佐渡島のスギ天然林における実生更新の可能性. 日本林学会誌75(5), pp. 460 - 462, doi:10.11519/jjfs1953.75.5_460
  39. ^ Eizi SUZUKI (1996) The dynamics of old Cryptomeria japonica forest on Yakushima Island. Tropics 6(4), pp. 421 - 428. doi:10.3759/tropics.6.421
  40. ^ 太田敬之・杉田久志・金指達郎・正木隆 (2015) スギ天然生林におけるスギ実生の分布と生存―出現基質間の比較―. 日本森林学会誌.97(1), pp. 10 - 18. doi:10.4005/jjfs.97.10
  41. ^ 榎本善夫 (1949) 挿スギに見られた根及び癒傷組織発達の林業品種による差異に就いて. 東京大学農学部演習林報告37, pp. 11 - 18. hdl:2261/23336
  42. ^ 宮島寛 (1951) スギの挿木に於ける発根と品種との関係に就て. 九州大學農學部學藝雜誌13(1/4) p.277-281. doi:10.15017/21238
  43. ^ 石川広隆・田中郁太郎 (1970) 発根困難なスギ精英樹のさし木に及ぼすインドール酪酸の効果. 日本林学会誌52(3), pp. 99 - 101. doi:10.11519/jjfs1953.52.3_99
  44. ^ 大山浪雄・上中久子 (1970) 発根困難なスギ,ヒノキの精英樹のさし木に対するエクベロン(インドール酪酸)の効果. 日本林学会誌52(12), pp. 374 - 376. doi:10.11519/jjfs1953.52.12_374
  45. ^ 阿部正博・今井元政・島田一美 (1957) 電熱温床によるスギ老令樹さし木試験. 日本林学会誌39(6), pp. 245 - 248. doi:10.11519/jjfs1953.39.6_245
  46. ^ 武田英文 (1971) 伝熱温床による秋田スギさし木試験(会員研究発表講演). 日本林學會北海道支部講演集19, pp. 99 - 102. doi:10.24494/jfshc.19.0_99
  47. ^ 宮下智弘 (2007) 多雪地帯に植栽されたスギ挿し木苗と実生苗の幼齢期における成育特性の比較. 日本森林学会誌89(6), pp. 369 - 373, doi:10.4005/jjfs.89.369
  48. ^ 青木正則・石川春彦 (1971) スギ品種の耐塩性の差異について. 日本林学会誌53(4), pp. 108 - 112. doi:10.11519/jjfs1953.53.4_108
  49. ^ 古野東洲・中井勇・里見武志 (1993)スギドクガに食害されたスギの生育. 日本林学会関西支部論文集2, pp. 193 - 196. doi:10.20660/safskansai.2.0_193
  50. ^ 柴田叡弌・西口陽康 (1980) 大発生時のスギドクガ幼虫密度と被害葉量について. 日本林学会誌60(2), pp. 398 - 401. doi:10.11519/jjfs1953.62.10_398
  51. ^ 津村義彦(2012)日本の森林樹木の地理的遺伝構造(1)スギ(ヒノキ科スギ属). 森林遺伝育種1(1), pp. 17 - 22 doi:10.32135/fgtb.1.1_17
  52. ^ 柴田 叡弌 (2002) スギカミキリのスギ樹幹利用様式(<特集>穿孔性昆虫の樹幹利用様式). 日本生態学会誌52(1), pp. 59 - 62. doi:10.18960/seitai.52.1_59
  53. ^ 伊藤賢介 (2002) スギカミキリに対するスギの抵抗性反応(<特集>穿孔性昆虫の樹幹利用様式) . 日本生態学会誌52(1), pp. 63 - 68. doi:10.18960/seitai.52.1_63
  54. ^ 斎藤諦 (1960) “とびくされ”に開係のある3種のカミキリムシ. 日本林学会誌42(12), pp. 454 - 457. doi: 10.11519/jjfs1953.42.12_454
  55. ^ 長島啓子・土田遼太・岡本宏之・高田研一・田中和博 (2014) 三重県大台町におけるスギノアカネトラカミキリ被害と立地環境および成長との関係―立地環境に基づく林業適地の抽出にむけて―. 日本森林学会誌96(6), pp. 308 - 314. doi:10.4005/jjfs.96.308
  56. ^ 道南スギの利用促進に向けた検討会報告書”. 北海道林業・木材産業対策協議会. 2022年6月16日閲覧。
  57. ^ 藤原新二・岩神正朗 (1988)スギおよびヒノキ材の生材含水率. 高知大学学術研究報告37, pp. 169 - 178. hdl:10126/1885
  58. ^ 中田了五 (2014) 樹木のwetwood 現象と定義, 木材学会誌60(2), pp. 63 - 79. doi:10.2488/jwrs.60.63
  59. ^ 中田了五, 藤沢義武, 平川泰彦, 山下香菜: スギの生材含水率の個体内樹高方向での変化. 木材学会誌 44(6):395–402 (1998)
  60. ^ 藤山宏 『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。 
  61. ^ 矢澤大二 (1936) 東京近郊に於ける防風林の分布に關する研究 (1). 地理学評論12(1), pp. 47 - 66. doi:10.4157/grj.12.47
  62. ^ 王聞・深町加津枝 (2020) 砺波平野における典型的な屋敷林の植物相および周囲の水系の利用. 日本緑化工学会誌46(1), pp. 154 - 157. doi:10.7211/jjsrt.46.154
  63. ^ 不破正仁・藤川昌樹 (2011)栃木県都賀地域における北方系屋敷林の原型とその変容実態 ‐明治期銅版画と現状との比較分析に基づいて‐. 日本建築学会計画系論文集76(666), pp. 1407 - 1414. doi:10.3130/aija.76.1407



杉(すぎ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/09 04:31 UTC 版)

浅尾さんと倉田くん」の記事における「杉(すぎ)」の解説

浅尾たちの隣のクラス。よく物を忘れる。前は倉田借りていたが、浅尾打ち解けてからは浅尾貸し借りをする。だが、たまに人のもの落書きをする。興味がないものにはとことん興味がない成績優秀ハの字

※この「杉(すぎ)」の解説は、「浅尾さんと倉田くん」の解説の一部です。
「杉(すぎ)」を含む「浅尾さんと倉田くん」の記事については、「浅尾さんと倉田くん」の概要を参照ください。


杉 (すぎ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 04:53 UTC 版)

GATE 7」の記事における「杉 (すぎ)」の解説

双子の姉。からは「杉姫」と呼ばれている。隠威持ちだが、家光に囚えられ、全身を呪布で拘束され身動きもできぬ状態で監禁されている。自分道具扱いする家光を「変態」と呼び嫌っている。テレパシー使って佳人助け求めている。

※この「杉 (すぎ)」の解説は、「GATE 7」の解説の一部です。
「杉 (すぎ)」を含む「GATE 7」の記事については、「GATE 7」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:24 UTC 版)

割り箸」の記事における「杉」の解説

見た目木目の鑑賞性、きれいに裂け割裂性木の芳香適度な強度などの特徴がある国内では奈良県吉野杉代表格であり、建築資材切り出した残り端材背板)を利用して作られる

※この「杉」の解説は、「割り箸」の解説の一部です。
「杉」を含む「割り箸」の記事については、「割り箸」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 05:19 UTC 版)

「すぎ」の記事における「杉」の解説

詳細は「杉 (姓)」を参照 杉氏椙氏杦氏) – 日本の氏族。杉荘に由来杉興長杉興運 杉重運杉重明杉重杉重祐 / 杉重杉重矩杉重輔杉重良杉元良 杉貞泰杉隆泰秀明杉武明常徳杉常道杉文楫取美和子 杉民治杉道助 杉寅之助吉田松陰 杉考之進盛倫杉孫七郎 杉隆宣杉元相杉元宣 杉ありさ女優タレントモデル 杉かおりアイドル 杉しっぽ漫画家 杉ひろし・まり夫婦漫才コンビ 杉みき子児童文学作家 杉ゆかりモデル 杉勇1904年1989年)、歴史学者 杉卓弥アナウンサー 杉野官杉兵助1916年1996年)、コメディアン 杉卓也SUGIプロレスラー 杉良太郎 - 俳優歌手 杉山貢一スギ。お笑いトリオインスタントジョンソン』のメンバー

※この「杉」の解説は、「すぎ」の解説の一部です。
「杉」を含む「すぎ」の記事については、「すぎ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「杉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 11:02 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「杉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



杉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杉」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



杉のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの浅尾さんと倉田くん (改訂履歴)、GATE 7 (改訂履歴)、割り箸 (改訂履歴)、すぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS