樹種とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 樹木 > 樹種の意味・解説 

樹種


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 05:05 UTC 版)

奥秩父山塊」の記事における「樹種」の解説

広葉樹 - ケヤキトチノキブナミズナラダケカンバ など。 針葉樹 - スギヒノキコメツガシラビソトウヒカラマツ など。

※この「樹種」の解説は、「奥秩父山塊」の解説の一部です。
「樹種」を含む「奥秩父山塊」の記事については、「奥秩父山塊」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 16:04 UTC 版)

街路樹」の記事における「樹種」の解説

2007年現在、最も多く用いられている樹種はイチョウ57本。次いでサクラ49本、ケヤキ48本と続く。

※この「樹種」の解説は、「街路樹」の解説の一部です。
「樹種」を含む「街路樹」の記事については、「街路樹」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 09:12 UTC 版)

防潮林」の記事における「樹種」の解説

クロマツアカマツゴヨウマツカイヅカイブキイヌマキウバメガシアカガシネズマサキなど塩害に強い常緑樹適す植生にあったものを選ぶと良く針葉樹より広葉樹照葉樹硬葉樹の方が強い傾向にあるという。

※この「樹種」の解説は、「防潮林」の解説の一部です。
「樹種」を含む「防潮林」の記事については、「防潮林」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 07:54 UTC 版)

栗林公園」の記事における「樹種」の解説

園内には総数56科、173種、約32,400本の樹木生育している。内訳は下記の通り針葉樹16種、約1,660本。クロマツアカマツゴヨウマツヒマラヤスギコメツガなど。マツ類は約1,370本で、手入れマツは約1,000本である。 常緑広葉樹44種、約8,880本。アラカシウバメガシマテバシイクスノキヤブツバキホルトノキモチノキモッコクオリーブなど。 落葉広葉樹50種、約2,020本。サクラウメアンズムクノキエノキクリタカオカエデチシャノキニンジンボクサルスベリなど。 特殊物:17種、約11,570本。ウンモンチクモウソウチクヤダケマダケメダケクロチクソテツシュロフジテイカカズラなど。 灌木類:46種、約8,260本。ツツジ類は約2,360(サツキツツジ・ドウダンツツジ・ヒラドツツジなど)。クチナシ類は約980ハギ類は約130。 本園は花の名所でもあり、多くの花木草花が、春夏秋冬開花紅葉する内訳は下記の通りツバキ、785本。ウメ166本(冬至梅1本紅梅系・野梅系、118本。豊後系、47本)。開花期1月上旬3月下旬サクラ321本(オオシマザクラ1本ヒガンザクラ11本。シダレザクラ1本ソメイヨシノ215本など)。開花期3月中旬4月中旬ハクモクレン、9本。ツツジ、2,359本(モチツツジ類、296本。ヒラドツツジ、1,119本など)。開花期3月中旬5月下旬クチナシ類、190本。フジ12本。ハナミズキ29本。サルスベリ19本。ハギ130本。開花期4月中旬6月中旬8月中旬9月下旬キンモクセイ318本。サザンカ23本。カエデ278本。カキツバタ100本など。開花紅葉期は1月上旬2月中旬10月上旬12月下旬ハナショウブ、3,750本。スイレン82本。ハス、1,000本。ノ(ヤブカンゾウ100本。ツワブキ多数本。開花期5月上旬11月中旬

※この「樹種」の解説は、「栗林公園」の解説の一部です。
「樹種」を含む「栗林公園」の記事については、「栗林公園」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 07:19 UTC 版)

パロサント」の記事における「樹種」の解説

〔本来はパラグアイハマビシ科の Plectrocarpa sarmientoi(シノニム: Bulnesia sarmientoi、Gonopterodendron sarmientoi)。同じ科のリグナムバイタユソウボク Guaiacum officinale)と総逆目である点や油分多さといった質感特徴共通する材が得られリグナムバイタの名で出回ることが多い。 カンラン科の Bursera graveolens。精油得られる香木。 〔コロンビアタデ科タチー tachy(Triplaris weigeltiana; シノニム: T. surinamensis)。別名: ロングジャック(英語: long jack)。 〔チリクノニア科のティネオ tineo(Weinmannia trichosperma)。 Plectrocarpa sarmientoi の幼木 Bursera graveolens の立木 タチーの雄花 実をつけたティネオ

※この「樹種」の解説は、「パロサント」の解説の一部です。
「樹種」を含む「パロサント」の記事については、「パロサント」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 17:57 UTC 版)

アイアンウッド」の記事における「樹種」の解説

キリラ科(英語版)キリラ属(英語版)の Cyrilla racemiflora。 カバノキ科クマシデ属のアメリカシデ(Carpinus caroliniana)。 ノウゼンカズラ科Handroanthus属の複数の樹種。かつてはタベブイア属(Tabebuia)に分類されていた。イペを参照バラ科の Lyonothamnus floribundus。 モクセイ科オリーブ属のオレア・カペンシス(Olea capensis)。 カバノキ科アサダ属(英語版)のアメリカアサダ(Ostrya virginiana)。 マンサク科のペルシヤパロッティア(Parrotia persica)。前に Persian と冠する場合もある。 マメ科の Prosopis africana。 また、前後地名など他の語付され呼称存在するBorneo ironwood: ボルネオテツボクEusideroxylon zwageri)。通称: ウリンビリアンなど。 Ceylon ironwood:テリハボク科(旧オトギリソウ科 Guttiferae)のセイロンテツボク(Mesua ferrea; 別名: セイロンテリハボク、テツザイノキ)。 アカテツ科のパライ(Manilkara hexandra)。 desert ironwood: マメ科のデザートアイアンウッド(Olneya tesota)。 ironwood of Burma: マメ科ピンカド pyinkado(Xylia xylocarpa; シノニム: X. dolabriformis)。「ビルマ鐵木」(ビルマテツボク)とも訳されている。ビルマ語表記は ပျဉ်းကတိုး [pjɪ́ŋ ɡədó]。 iron wood of Malabar: フタバガキ科のマラバルテツボク(Hopea parviflora)。 iron-wood tree: ノボタン科のソメモノコメツブノボタン(Memecylon edule)。 Moluccan ironwood: マメ科のタシロマメ(Intsia bijuga; 別名: タイヘイヨウテツボク、シロヨナ、シロマメ)。 Philippine ironwood: フトモモ科のフィリピンテツボク(Xanthostemon verdugonianus)。 Polynesian ironwood: トクサバモクマオウCasuarina equisetifolia; 別名: トキワギョリュウ)。「濠洲鐵木」(ごうしゅうてつぼく)とも訳されている。 red ironwood: オクナ科ボンゴシ属(英語版)の Lophira lanceolata。採取され標本同属の別ボンゴシL. alata; 別名: アソベなど)と誤同定されるほど紛らわし場合があるUganda ironwood: マメ科のムヒンビ muhimbi(Cynometra alexandri)。ムヒンビの名はニョロ語由来する

※この「樹種」の解説は、「アイアンウッド」の解説の一部です。
「樹種」を含む「アイアンウッド」の記事については、「アイアンウッド」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/06 04:49 UTC 版)

水源かん養保安林」の記事における「樹種」の解説

水源涵養に限れば、学術的に針葉樹広葉樹との間ですら優位差は確認されておらず水源涵養直接効果を発揮する特定の樹種が用いられているわけではないかつてはスギヒノキ一般的であったが、これは林業を行うことを前提としていたためである近年ではコスト掛けない森林づくりや対外的なイメージの増進を図るため、広葉樹用いられる例も増えている。

※この「樹種」の解説は、「水源かん養保安林」の解説の一部です。
「樹種」を含む「水源かん養保安林」の記事については、「水源かん養保安林」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 23:11 UTC 版)

防風林」の記事における「樹種」の解説

日本においては家屋周辺には枝張りがよく高木になる樹種、海岸付近に塩害強く薄い土壌でも生育できる樹種が多く用いられる傾向があり、寒冷地では、寒さ強く柔らかく雪が積もりにくい樹種が多く用いられるが、高低多種多様な樹種を組み合わせて雑木林のような形をとるものも多い。 スギ家屋周辺など。 クロマツ海岸線など。 カシワ海岸線など。 ニセアカシア海岸線など。 カラマツ寒冷地など。 フクギ沖縄などの亜熱帯地域イヌグス東北地方まで広い範囲で植えられ酒田大火では延焼防止効果発揮木麻黄海岸線など。 ポプラ

※この「樹種」の解説は、「防風林」の解説の一部です。
「樹種」を含む「防風林」の記事については、「防風林」の概要を参照ください。


樹種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 07:46 UTC 版)

タイガ」の記事における「樹種」の解説

樹種は、針葉樹モミ属トウヒ属マツ属カラマツ属広葉樹カバノキ属ハコヤナギ属中心だが、シベリア中央部エニセイ川を境にその東西森林組成異なり西側ではモミ属トウヒ属常緑針葉樹中心とした暗いうっそうとした東側ではカラマツ属落葉針葉樹中心とした明るい森となっている。極東に至ると、再びモミ属トウヒ属優勢なとなる。 北アメリカタイガモミ属トウヒ属中心とした常緑針葉樹林であり、カラマツ属見られない

※この「樹種」の解説は、「タイガ」の解説の一部です。
「樹種」を含む「タイガ」の記事については、「タイガ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「樹種」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「樹種」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



樹種と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

樹種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



樹種のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの奥秩父山塊 (改訂履歴)、街路樹 (改訂履歴)、防潮林 (改訂履歴)、栗林公園 (改訂履歴)、パロサント (改訂履歴)、アイアンウッド (改訂履歴)、水源かん養保安林 (改訂履歴)、防風林 (改訂履歴)、タイガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS