カラマツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 落葉高木 > カラマツの意味・解説 

から‐まつ【唐松/落松】

マツ科落葉高木日本特産。主に亜高山帯分布し、高さ約30メートル樹皮灰褐色針状束生し、秋に黄葉する。4月ごろ、雄花雌花とがつき、上向き球果ができる。材は建築土木などに使用富士松日光松らくようしょう


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

マツ科落葉高木


カラマツ(唐松)

マツ科針葉樹で、関東中部地方高地生育している。建築用の構造材土台柱・梁筋交いなど)や内装材土木材(橋梁など)、家具材として用いられている。また天然のカラマツ材(これを天カラと呼ぶ)は、銘木として重用されている。

カラマツ(からまつ)

秋になると紅葉して落ちる、唯一の日本針葉樹。とくに信州周辺北海道見られる。ねじれや曲がりが生じやすいので、チンキング工法による使用が多い。強い粘りをもち、耐朽性は高い。現在は乾燥技術確立され、狂いヤニ問題は軽減している。

カラマツ

別名:落葉松
【英】:Larix leptolepis
(マツ科)


分布するのは、本州中部海抜高が10002000メートル地域です。最近では、北海道東北地方本州中部寒冷地帯の造林樹種として注目されるようになり、その造林面積増加してきました。スギヒノキのように、全国的に知られているものとは違い、現在でもどちらかといえば産地周辺地域利用される量が多いのではないでしょうか日本産する針葉樹のうち唯一の落葉樹です。カラマツはその樹形美しく柔らかい感じありますが、木材の方はどちらかというと重硬で荒々しい感じがします。

木材
心材の色は褐色ですが、若い間は比較淡色で、大木になると濃色になります辺材黄白色です。木理一般に通直でないことが多いのです。春から夏へかけて形づくられる細胞の形の違い大きいため、年輪がはっきりとわかり、したがって肌目は粗くなっています。木材には“やに”っぽい臭いがあり、一つ特徴といえます。軸方向細胞間道樹脂道をもっていて、“やに”が材面に滲み出て来ます。気乾比重は0.40~0.50(平均値)~0.60で、重硬な針葉樹材一つです。どちらかといえば利用の際取扱いにくい木材といえます。とくに、若い造林木からの木材乾燥の際、割れ狂いが出易く、利用する上で大きな問題となっていて、現在多く研究機関がその解決努力しています。老齢になって成長がおそくなったようなカラマツは“天カラ”と呼ばれ、造林した若齢木と対照的に高く評価され、銘木として高い値段取引されます。心材保存性は中庸ですが、水中での耐久性が高いので、丸太として多く利用されます。

用途
建築主として表面に出ない部材)、土木用タンネージ、パレット家具などに、用いられます。


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

マツ科落葉高木高山植物園芸植物

学名 Larix kaempferi


落葉松

読み方:カラマツ(karamatsu)

作者 井上靖

初出 昭和27年

ジャンル 小説


落葉松

読み方:カラマツ(karamatsu)

作者 内藤吐天

初出 昭和10年

ジャンル 句集


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

所在 長野県小諸市


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

所在 岡山県新見市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

カラマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/14 22:21 UTC 版)

カラマツ(落葉松、唐松、学名Larix kaempferi)は、マツ科カラマツ属落葉針葉樹日本固有種[1]で、東北地方南部・関東地方中部地方亜高山帯から高山帯に分布し[7]天然林は少なく日当たりのよい乾燥した場所が生育に適する[8]


  1. ^ a b c d e Katsuki, T. & Luscombe, D (2013). Larix kaempferi. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T42312A2971556. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T42312A2971556.en. Downloaded on 21 October 2018.
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - カラマツ(2011年9月5日閲覧)
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - カラマツ synonym (2011年9月5日閲覧)
  4. ^ a b c 佐竹義輔原寛、亘理俊次、冨成忠夫『フィールド版 日本の野生植物 木本』(1993年、平凡社)p.3-4
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - シダレカラマツ(2011年9月5日閲覧)
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - アカミカラマツ(2011年9月5日閲覧)
  7. ^ a b c Farjon, A. (1990). Pinaceae. Drawings and Descriptions of the Genera. Koeltz Scientific Books ISBN 3-87429-298-3.
  8. ^ a b c 豊国秀夫『日本の高山植物』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月、644頁。ISBN 4-635-09019-1
  9. ^ 木材のはなし カラマツ(唐松)”. 東京木材問屋協同組合. 2019年1月11日閲覧。
  10. ^ a b c d 岡本省吾「樹木」(保育社・エコロン自然シリーズ) ISBN 4-586-32112-1 ・6頁
  11. ^ 梅本浩史『樹皮ハンディ図鑑』(永岡書店, 2010年)p.257
  12. ^ 北海道山林史-p553(北海道山林史編集者会議)
  13. ^ 北海道山林史戦後編-カラマツ問題p592(北海道山林史編集者会議)
  14. ^ 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 152頁 北海道林材新聞刊
  15. ^ a b c カラマツ”. 森林林業学習館. 2011年9月8日閲覧。
  16. ^ D'Cruz, Mark. “Ma-Ke Bonsai Care Guide for Larix kaempferi”. Ma-Ke Bonsai. 2011年4月18日閲覧。
  17. ^ a b 『月刊メディアあさひかわ』2017年5月号 pp.124 - 125
  18. ^ カラマツ 建材需要急増 加工技術で欠点克服”. 毎日新聞 (2019年11月14日). 2019年11月14日閲覧。
  19. ^ 村田政穂、山田利博、松田陽介、伊藤進一郎 (2011) 「Raffaelea quercivoraを接種したブナ科樹木4種の菌糸分布と防御反応の比較」東京大学農学部演習林報告. 125 11-21
  20. ^ 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 152頁 北海道林材新聞刊
  21. ^ 哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて”. 環境省 (2007年8月3日). 2011年9月20日閲覧。
  22. ^ 日本のレッドデータ検索システム(カラマツ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年9月8日閲覧。


「カラマツ」の続きの解説一覧



カラマツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラマツ」の関連用語

1
100% |||||


3
92% |||||

4
92% |||||



7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

カラマツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カラマツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2021 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラマツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS