カラマツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 落葉高木 > カラマツの意味・解説 

から‐まつ【唐松/落松】

読み方:からまつ

マツ科落葉高木日本特産。主に亜高山帯分布し、高さ約30メートル樹皮灰褐色針状束生し、秋に黄葉する。4月ごろ、雄花雌花とがつき、上向きの球果ができる。材は建築・土木などに使用富士松日光松らくようしょう


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

マツ科落葉高木


落葉松

読み方:カラマツ(karamatsu), フジマツ(fujimatsu), ラクヨウショウ(rakuyoushou)

マツ科落葉針葉高木


カラマツ(からまつ)

秋になると紅葉して葉が落ちる唯一の日本産針葉樹。とくに信州周辺北海道見られる。ねじれや曲がり生じやすいので、チンキング工法による使用が多い。強い粘りをもち、耐朽性は高い。現在は乾燥技術確立され狂いヤニ問題は軽減している。

カラマツ

別名:落葉松
【英】:Larix leptolepis
(マツ科)


分布するのは、本州中部海抜高が10002000メートル地域です。最近では北海道東北地方本州中部寒冷地帯の造林樹種として注目されるようになり、その造林面積増加してきましたスギヒノキのように、全国的に知られているものとは違い、現在でもどちらかといえば産地周辺の地域利用される量が多いのではないでしょうか日本産する針葉樹のうち唯一の落葉樹です。カラマツはその樹形美しく柔らかい感じありますが、木材の方どちらかというと重硬で荒々しい感じがします

木材
心材の色は褐色ですが、若い間比較淡色で、大木になると濃色になります辺材黄白色です。木理一般に通直でないことが多いのです。春から夏へかけて形くられる細胞の形の違い大きいため、年輪はっきりとわかり、したがって肌目は粗くなっています木材には“やに”っぽい臭いがあり、一つ特徴いえます軸方向細胞間道(樹脂道をもっていて、“やに”が材面に滲み出来ます気乾比重は0.40~0.50(平均値)~0.60で、重硬な針葉樹材一つです。どちらかといえば利用際取扱いにくい木材いえます。とくに、若い造林木からの木材乾燥の際、割れ狂いが出易く利用する上で大きな問題となっていて、現在多くの研究機関がその解決努力してます。老齢になって成長がおそくなったようなカラマツは“天カラ”と呼ばれ造林した若齢木と対照的に高く評価され銘木として高い値段で取引されます。心材保存性中庸ですが、水中での耐久性が高いので、丸太として多く利用されます。

用途
建築主として表面に出ない部材)、土木用タンネージ、パレット家具などに、用いられます。


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

マツ科落葉針葉高木高山植物園芸植物

学名 Larix kaempferi


落葉松

読み方:カラマツ(karamatsu), フジマツ(fujimatsu), ラクヨウショウ(rakuyoushou)

マツ科落葉針葉高木高山植物園芸植物

学名 Larix kaempferi


落葉松

読み方:カラマツ(karamatsu)

作者 井上靖

初出 昭和27年

ジャンル 小説


落葉松

読み方:カラマツ(karamatsu)

作者 内藤吐天

初出 昭和10年

ジャンル 句集


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

所在 長野県小諸市


唐松

読み方:カラマツ(karamatsu)

所在 岡山県新見市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

カラマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 02:35 UTC 版)

カラマツ(落葉松、唐松[7]学名: Larix kaempferi)は、マツ科カラマツ属落葉針葉樹日本固有種[1]。日本産針葉樹の中では、唯一の落葉樹である[7]。その、唯一の落葉樹であることから「落葉松(ラクヨウショウ)」と書くこともある。北海道や長野県では、カラマツによる大規模な造林も行われた。若い材は、ねじれが生じるため用途が限られる傾向にあったが、強度が強く、建材用としてスギ材と張り合わせたハイブリッド集成材が有望視されている。唐絵(中国の絵画)のマツに似ていることが名前の由来である。


注釈

  1. ^ トドマツAbies sachalinensis)とエゾマツPicea jezoensis)という和名を持つ樹木もあるが、それぞれモミ属Abies)とトウヒ属Picea)に属しマツでもカラマツでもない。

出典

  1. ^ a b c d Katsuki, T. & Luscombe, D (2013). Larix kaempferi. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T42312A2971556. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T42312A2971556.en. Downloaded on 21 October 2018.
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Larix kaempferi (Lamb.) Carrière” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年2月5日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Larix leptolepis (Siebold et Zucc.) Gordon” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年2月5日閲覧。
  4. ^ a b 佐竹義輔原寛、亘理俊次、冨成忠夫『フィールド版 日本の野生植物 木本』(1993年、平凡社)p.3-4
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Larix kaempferi (Lamb.) Carrière f. pendula (Sugim.) Yonek.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年2月5日閲覧。
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Larix kaempferi (Lamb.) Carrière f. rubescens (Inokuma) T.Shimizu” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年2月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中潔 2011, p. 112.
  8. ^ a b c d e 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 279.
  9. ^ a b c 辻井達一 1995, p. 36.
  10. ^ a b c d e f g h i j 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 252.
  11. ^ a b 白石進・磯田圭哉・渡辺敦史・河崎久男, (1996) 蔵王山系馬ノ神岳に生存するカラマツのDNA分類学的解析. 日本林学会誌 78(2), pp175-182. doi:10.11519/jjfs1953.78.2_175
  12. ^ 永光輝義・戸丸信弘, (2015)特集「カラマツの遺伝育種学の進展と育種の展望」 カラマツ天然林の遺伝的変異. 森林遺伝育種4(4), pp148-152. doi:10.32135/fgtb.4.4_148
  13. ^ 長坂壽俊・吉村研介・明石孝輝・荒井国幸・山本千秋, (2011) カラマツ産地試験の長野県内試験地における産地の特性評価と地域区分. 日本林学会誌93(4), pp179-186. doi:10.4005/jjfs.93.179
  14. ^ 岡田滋・森俊人・酒井昭・倉橋昭夫, (1970) 20産地からのニホンカラマツの冬の耐凍性の差. 日本林学会誌52(12), pp377-379. doi:10.11519/jjfs1953.52.12_377
  15. ^ 三上進・長坂寿俊. (1974) カラマツの繊維傾斜度とタネの産地. 日本林学会誌56(6), pp 228-230. doi:10.11519/jjfs1953.56.6_228
  16. ^ 矢野牧夫, (1994) 、日本列島北限「カラマツ」球果の変異とその古植物学的意味. 第4紀研究33(2), pp95-105.doi:10.4116/jaqua.33.95
  17. ^ a b c 辻井達一 1995, p. 34.
  18. ^ a b c d 岡本省吾『樹木』保育社〈エコロン自然シリーズ〉、6頁。ISBN 4-586-32112-1
  19. ^ 辻井達一 1995, pp. 34–36.
  20. ^ 斎藤全生, (1980) 富士山の森林限界付近の植生. 芝草研究9(1), pp5-12. doi:10.11275/turfgrass1972.9.5
  21. ^ 岡秀一・大賀宣彦・菅野洋光, (1992)富士山北西斜面七太郎尾根におけるカラマツ低木林の成立と斜面形成. 第四紀研究31(4), pp213-220. doi:10.4116/jaqua.31.213
  22. ^ 南佳典・渡邊功, (2007)富士山亜高山帯雪崩撹乱跡地におけるイタドリの分布様式とカラマツ実生の定着に対するナースプラントとしての機能. 日本林学会誌89(3), pp183-189. doi:10.4005/jjfs.89.183
  23. ^ 田中厚志・斉藤良充・山村靖夫・中野隆志,(2004)富士山亜高山帯林の発達過程. 日本生態学会大会講演要旨集51. doi:10.14848/esj.ESJ51.0.442.0
  24. ^ 前田禎三・浅沼晟吾・ 谷本丈夫 (1978) 浅間山のカラマツ天然林の植生と遷移. 森林立地19(2), pp1-9. doi:10.18922/jjfe.19.2_1
  25. ^ 尾方隆幸 (2003) 奥日光戦場ヶ原の扇状地扇端付近における湿原の縮小と地表面プロセス. 地理学評論76(14), pp1025-1039. doi:10.4157/grj.76.14_1025
  26. ^ 谷口武士 (2011) 菌根菌との相互作用が作り出す森林の種多様性(<特集>菌類・植食者との相互作用が作り出す森林の種多様性). 日本生態学会誌61(3), p311-318. doi:10.18960/seitai.61.3_311
  27. ^ 深澤遊・九石太樹・清和研二 (2013) 境界の地下はどうなっているのか : 菌根菌群集と実生更新との関係(<特集>森林の"境目"の生態的プロセスを探る). 日本生態学会誌63(2), p239-249. doi:10.18960/seitai.63.2_239
  28. ^ 岡部宏秋,(1994) 外生菌根菌の生活様式(共生土壌菌類と植物の生育). 土と微生物24, p15-24.doi:10.18946/jssm.44.0_15
  29. ^ 菊地淳一 (1999) 森林生態系における外生菌根の生態と応用 (<特集>生態系における菌根共生). 日本生態学会誌49(2), p133-138. doi:10.18960/seitai.49.2_133
  30. ^ 宝月岱造 (2010)外生菌根菌ネットワークの構造と機能(特別講演). 土と微生物64(2), p57-63. doi:10.18946/jssm.64.2_57
  31. ^ 東樹宏和. (2015) 土壌真菌群集と植物のネットワーク解析 : 土壌管理への展望. 土と微生物69(1), p7-9. doi:10.18946/jssm.69.1_7
  32. ^ 杉本真由美・川崎圭造, (2005) カラマツ人工林化にともなう土壌化学性の変化 : 隣接する広葉樹林土壌との比較, 森林立地47(1), pp29-37. doi:10.18922/jjfe.47.1_29
  33. ^ a b c d e f g 辻井達一 1995, p. 37.
  34. ^ 小島康夫 (1995) 森林におけるアレロパシー(I) : 林業ならびに生態系におけるアレロパシーの役割(会員研究発表論文). 日本林学会北海道支部論文集43, p1-3. doi:10.24494/jfshb.43.0_1
  35. ^ 稲冨素子・牛久保明邦・小泉博・岩城英夫 (2004)降雨によるカラマツからのフェノール物質の溶出量とその季節変化. 環境科学会誌17(4), p275-285. doi:10.11353/sesj1988.17.275
  36. ^ 酒井昭・斉藤満, (1974) ヤクーツク地方のダフリアカラマツ. 日本林学会誌56(7), pp.247-252. doi:10.11519/jjfs1953.56.7_247
  37. ^ a b 菊地健・江州克弘・八坂通泰・山田健四, (1993) カラマツ類の過湿土壌に対する耐性(会員研究発表論文). 日本林学会北海道支部論文集41, pp108-110. doi:10.24494/jfshb.41.0_108
  38. ^ D'Cruz, Mark. “Ma-Ke Bonsai Care Guide for Larix kaempferi”. Ma-Ke Bonsai. 2011年4月18日閲覧。
  39. ^ a b c カラマツ”. 森林林業学習館. 2011年9月8日閲覧。
  40. ^ a b 月刊メディアあさひかわ』2017年5月号 pp.124 - 125
  41. ^ カラマツ 建材需要急増 加工技術で欠点克服”. 毎日新聞 (2019年11月14日). 2019年11月14日閲覧。
  42. ^ 北海道山林史-p553(北海道山林史編集者会議)
  43. ^ 北海道山林史戦後編-カラマツ問題p592(北海道山林史編集者会議)
  44. ^ a b 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 152頁 北海道林材新聞刊
  45. ^ a b 辻井達一 1995, p. 38.
  46. ^ 織田春紀 (1986) カラマツ類の繊維傾斜度の種間変異について(会員研究発表講演). 日本林学会北海道支部論文集34, p136-138. doi:10.24494/jfshb.34.0_136
  47. ^ 黒丸亮 (2015) カラマツ林業と今後の育種の展望. 森林遺伝育種4(4), pp167-172. doi:10.32135/fgtb.4.4_167
  48. ^ 村田政穂、山田利博、松田陽介、伊藤進一郎 (2011) 「Raffaelea quercivoraを接種したブナ科樹木4種の菌糸分布と防御反応の比較」東京大学農学部演習林報告. 125 11-21
  49. ^ 哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて”. 環境省 (2007年8月3日). 2011年9月20日閲覧。
  50. ^ 日本のレッドデータ検索システム(カラマツ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年9月8日閲覧。



カラマツ(Larch)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 03:43 UTC 版)

ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の記事における「カラマツ(Larch)」の解説

丈夫で暖かい色みのカラマツは、魅力強さ兼ねそなえた用木材として、長きにわたり珍重されている。所有者勇気自信注ぎ込むといわれており、つねに需要供給上回る

※この「カラマツ(Larch)」の解説は、「ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の解説の一部です。
「カラマツ(Larch)」を含む「ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の記事については、「ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カラマツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カラマツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カラマツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラマツ」の関連用語

1
100% |||||


3
92% |||||

4
92% |||||



7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

カラマツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カラマツのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラマツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハリー・ポッターシリーズの用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS