辺材とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 辺材の意味・解説 

へん‐ざい【辺材】

読み方:へんざい

木材で、心材取り囲む淡い色部分心材に比べ軟らかい白太(しらた)。

辺材の画像

辺材

外周に近い部分の事。心材に比べ含水率が高いため、心材よりも虫害害を受けやすい白太ともいう。

辺材(へんざい)

木材木口見たときに、外周部の白っぽい色をした部分のこと。木の中心部である芯材に比べて、含水率が高いので乾燥による収縮大きくまた、耐朽性や強度も低いため材質としては、やや劣る。立ち木の状態で木の生長とともに芯材へと変化していく。別名、白太ともいう。⇔芯材 →赤身

辺材

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:49 UTC 版)

発音(?)

へ↗んざい

名詞

へんざい

  1. 木材表皮近く淡色軟らかい部分

類義語

  • しらた

対義語




辺材と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

辺材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



辺材のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの辺材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS