エゾマツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 高木 > エゾマツの意味・解説 

えぞ‐まつ【蝦夷松】

マツ科常緑高木北海道以北山野自生し、高さは40メートルになる。すべすべし、小さ線形密生表面白みを帯びる。5、6月ごろ、黄色花粉をもつ雄花紫色雌花とがつく。球果黄褐色。材は樹脂少なく製紙人絹パルプ建築材などに用いる。くろえぞまつ


エゾマツ

別名:蝦夷松
【英】:Picea jezoensis
(マツ科)


北海道南千島サハリン沿海州朝鮮中国東北部などに分布します。本州分布するエゾマツに似ているトウヒ変種で、var.hondoensisです。エゾマツというマツのような名がついていても、アカマツのようなマツ類ではありません。北海道では、トドマツ一緒にして、エゾ・トドと呼ばれ、代表的樹種となっています。上述分布でもわかるように、ソ連にも産するので、ソ連からの輸出材のうちにも含まれています。北海道では、クロマツと呼ぶことがあります

木材
心材辺材の色の差のないこともありますが、心材桃色を帯び、長期間大気触れていると、かなり色が濃くなります。ほとんど、臭いがないのも特徴といえます。軸方向細胞間道樹脂道をもってはいますが、材面に“やに”が滲み出てくることはあまりありません。年輪はやや明らかで、精な肌目をもっています。音響に関係した性質が、楽器用材によく合うので、バイオリンピアノなどの楽器に使われます。また、スピーカーコーンに使うパルプ材にもなります。気乾比重は0.35~0.43(平均値)~0.52 です。耐久性は低いです。

用途
エゾマツは、スギヒノキ大量に得られる本州九州四国よりも、北海道主として用いられています。建築建具パルプ木毛経木さらに上述した楽器用材としても重要です。 北海道住宅をみますと、それ以外の地域スギや板に使われるように、エゾマツやトドマツが用いられてきています。


蝦夷松

読み方:エゾマツ(ezomatsu)

マツ科常緑高木高山植物園芸植物

学名 Picea jezoensis


エゾマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 00:36 UTC 版)

エゾマツ蝦夷松学名Picea jezoensis)は、マツ科トウヒ属の常緑針葉高木。近縁のアカエゾマツも含めて「エゾマツ」と総称することも多く、この場合にはアカエゾマツと対比してクロエゾマツあるいはクロエゾと呼ばれる。本州の高山に分布するトウヒはエゾマツの変種とされている。




「エゾマツ」の続きの解説一覧



エゾマツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エゾマツ」の関連用語

エゾマツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エゾマツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエゾマツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS