細胞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 細胞 > 細胞の意味・解説 

さい‐ぼう〔‐バウ〕【細胞】

読み方:さいぼう

《「さいほう」とも》

生物体構成する形態上・機能上基本単位真核細胞原核細胞がある。真核細胞ではふつう1個のがあり、核膜によって細胞質分けられ細胞質細胞膜おおわれる植物細胞ではその外側にさらに細胞壁をもつ。細胞質中にはミトコンドリア小胞体ゴルジ体などがあり、植物細胞ではさらに葉緑体液胞を含むことが多い。

共産党などが、職場地域などを単位にして設けた党員末端組織旧称

細胞の画像
「細胞」に似た言葉

細胞

【英】: Cell
わたしたちが住む地球上には、たくさんの生物生活している。人間植物アメーバーゾウリムシなど、これらの生物作る基本単位が細胞である。
つまり、これら生物は、形や大きさ性質違っても細胞からできている。

また、生き物をつくる細胞の数により、生物2種類分かれるアメーバーゾウリムシ大腸菌どのように1つの細胞からできている生物単細胞生物といい、植物動物のように多くの細胞からできている生物多細胞生物という。

そして、細胞にも真核細胞原核細胞2種類がある。真核細胞のある細胞で人間植物などの高等生物構成する原核細胞は、大腸菌などに分類されがなくDNAむき出しのまま存在している細胞である。
わたしたちが住む地球上には、たくさんの生物生活している。人間植物アメーバーゾウリムシなど、これらの生物作る基本単位が細胞である。
つまり、これら生物は、形や大きさ性質違っても細胞からできている。

また、生き物をつくる細胞の数により、生物2種類分かれるアメーバーゾウリムシ大腸菌どのように1つの細胞からできている生物単細胞生物といい、植物動物のように多くの細胞からできている生物多細胞生物という。

そして、細胞にも真核細胞原核細胞2種類がある。真核細胞のある細胞で人間植物などの高等生物構成する原核細胞は、大腸菌などに分類されがなくDNAむき出しのまま存在している細胞である。
細胞
拡大表示



デオキシリボ核酸


細胞

Cell

【概要】 動植物生命体最小単位Cellには"小箱"の意味あり。大きさ数十マイクロメートル程度。形を卵に例えると、"から"が細胞膜、"しろみ"が細胞質、"きみ"がである。工場制御部門で、細胞質エネルギー物質作ったり壊したりする工場作業現場である。 

【詳しく】 細胞の大きさ顕微鏡見え程度細菌は普通1個の細胞でできている。細菌よりも高等な生物複数の細胞で仕事分担している。複数の細胞の群が器官作り複数器官集まって生物作る

《参照》


細胞

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/28 08:41 UTC 版)

細胞(さいぼう、: cell)とは、全ての生物が持つ、微小な部屋状の下部構造のこと。生物体の構造上・機能上の基本単位。そして同時にそれ自体を生命体と言うこともできる[1]


  1. ^ a b c d e 生化学辞典第2版、p.531-532 【単細胞生物】
  2. ^ デビット・A・シンクレア (2020). ライフスパン 老いなき世界. 東洋経済新聞社. p. 210. 2022年5月28日閲覧
  3. ^ 生化学辞典第2版、p.802 【単細胞生物】
  4. ^ a b c d e f 田村(2010)、p.3-4、Ⅰ細胞生物学の基礎、1.生物と細胞、1-1細胞は生物の単位
  5. ^ a b 田村(2010)、p.2、Ⅰ細胞生物学の基礎、1.生物と細胞
  6. ^ 生化学辞典第2版、p.777-778 【代謝経路】
  7. ^ a b 解剖学第2版、p.2-10、細胞
  8. ^ a b c d e f g h i 田村(2010)、p.7-8、Ⅰ細胞生物学の基礎、1.生物と細胞、1-3生物を二つに分類する
  9. ^ 生化学辞典第2版、p.239 【オルガネラ】
  10. ^ 生化学辞典第2版、p.440-441 【原核細胞】
  11. ^ 生化学辞典第2版、p.440 【原核細胞】
  12. ^ a b 生化学辞典第2版、p.666 【真核細胞】
  13. ^ a b c d 田村(2010)、p.4、Ⅰ細胞生物学の基礎、1.生物と細胞、1-2細胞生物学の発展
  14. ^ a b c 田村(2010)、p.25、Ⅰ細胞生物学の基礎、3.細胞に含まれる物質、3-3細胞をつくる元素
  15. ^ a b c 田村(2010)、p.25、Ⅰ細胞生物学の基礎、3.細胞に含まれる物質、3-4細胞に含まれる分子
  16. ^ 田村(2010)、p.24-25、Ⅰ細胞生物学の基礎、3.細胞に含まれる物質、3-2水という特異な物質
  17. ^ 田村(2010)、p.27-29、Ⅰ細胞生物学の基礎、3.細胞に含まれる物質、3-5糖質
  18. ^ 田村(2010)、p.29-31、Ⅰ細胞生物学の基礎、3.細胞に含まれる物質、3-6脂質
  19. ^ 田村(2010)、p.32、Ⅰ細胞生物学の基礎、4.情報高分子(1):アミノ酸とタンパク質
  20. ^ 田村(2010)、p.48-49、Ⅱ代謝:生体内化学反応、6酵素、6-1酵素はタンパク質触媒
  21. ^ 田村(2010)、p.112-113、Ⅲ遺伝情報の保存と利用、13タンパク質合成、13-3リボソーム
  22. ^ 田村(2010)、p.32-37、Ⅰ細胞生物学の基礎、4.情報高分子(1):アミノ酸とタンパク質、4-1タンパク質を構成するアミノ酸
  23. ^ 田村(2010)、p.38-40、Ⅰ細胞生物学の基礎、5.情報高分子(2):ヌクレオチドと核酸、5-1核酸を構成するヌクレオチド
  24. ^ a b c d #松本ら(1993)、p.47-50、3.細胞の微細構造とその機能、3.1.細胞と膜
  25. ^ a b 武村(2012)、p.14-24、第1章 エピジェネティクスを理解するための基礎知識、1-1 DNAとセントラルドグマ
  26. ^ a b c d e f 田村(2010)、p.8-12、Ⅰ細胞生物学の基礎、1.生物と細胞、1-4生物の進化
  27. ^ a b c d e f g h i j k l #松本ら(1993)、p.50-52、3.細胞の微細構造とその機能、3.2.原核生物とその構造的特長
  28. ^ a b c d 井出(2006)、p.65-75、第6章 テロメアとは何か
  29. ^ a b c d e #松本ら(1993)、p.53-56、3.細胞の微細構造とその機能、3.3.真核生物、3.3.1真核生物の構造と機能概説
  30. ^ a b 生化学辞典第2版、p.534 【細胞骨格タンパク質】
  31. ^ 生化学辞典第2版、p.534 【細胞骨格】
  32. ^ 生化学辞典第2版、p.535 【細胞質フィラメント】
  33. ^ 井出(2006)、p.99-119、第9章 テロメナーゼという酵素
  34. ^ #松本ら(1993)、p.56-57、3.細胞の微細構造とその機能、3.3.真核生物、3.3.2細胞小器官以外の細胞質-細胞骨格、鞭毛、繊毛
  35. ^ 生化学辞典第2版、p.537 【細胞小器官】
  36. ^ 武村(2012)、p.104-120、第4章 体細胞の分化とエピジェネティクス、4-1 多細胞生物の細胞とホメオティック遺伝子
  37. ^ a b #松本ら(1993)、p.57-60、3.細胞の微細構造とその機能、3.3.真核生物、3.3.3真核生物の系統発生と葉緑体、ミトコンドリア、羽型鞭毛
  38. ^ #松本ら(1993)、p.60-63、3.細胞の微細構造とその機能、3.3.真核生物、3.3.4核
  39. ^ a b c #松本ら(1993)、p.55
  40. ^ 武村(2012)、p.25-33、第1章 エピジェネティクスを理解するための基礎知識、1-2 エピジェネティクスとはなにか
  41. ^ アイザック・アシモフ 著、小尾信彌、山高昭 訳「第一部 生物学 2.卵とチビ」 『空想自然科学入門』(18刷版)ハヤカワ文庫、1995年 (原著1978年)、32-49頁。ISBN 4-15-050021-5 
  42. ^ 生化学辞典第2版、p.533 【細胞死】
  43. ^ 生化学辞典第3版 p.572 【細胞死】
  44. ^ 田村(2010)、p.42-45、Ⅰ細胞生物学の基礎、5.情報高分子(2):ヌクレオチドと核酸、5-4核酸の性質
  45. ^ 田村(2010)、p.123-126、Ⅲ遺伝情報の保存と利用、14タンパク質の局在化,成熟,分解、14-6タンパク質の分解
  46. ^ 赤血球
  47. ^ An estimation of the number of cells in the human body: Annals of Human Biology: Vol 40, No 6
  48. ^ a b c d 井出(2006)、p.1-10、第1章 ヒトを構成する細胞



細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 22:57 UTC 版)

凍結治療」の記事における「細胞」の解説

凍結による細胞傷害機序は、以下のようにされている温度徐々に下げていくと、まず、細胞外にて氷が発生して成長する。すると、細胞外イオン濃度上がり浸透圧により細胞内の細胞膜を通して移動するその結果細胞内のイオン濃度高くなり、また、細胞外の氷から機械的な力を受け、細胞は壊死する。しかし、すべての細胞が壊死には至らない。さらに温度下げていくと、細胞内にて氷が形成される細胞内の氷は、機械的に原形質構造破壊しすべての細胞を壊死させる。

※この「細胞」の解説は、「凍結治療」の解説の一部です。
「細胞」を含む「凍結治療」の記事については、「凍結治療」の概要を参照ください。


細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 20:35 UTC 版)

ツノゴケ類」の記事における「細胞」の解説

ツノゴケ類の細胞中には、ふつう1個の大きな葉緑体存在し葉緑体中にはルビスコ (光合成において二酸化炭素固定する酵素) を主とするタンパク質の塊であるピレノイド存在する。この特徴陸上植物の中で特異であり、多くの緑藻類似している他の陸上植物では、ピレノイドを欠く盤状葉緑体が1細胞中に多数存在するピレノイドは、光合成における二酸化炭素濃縮機構関与している考えられている。ピレノイド基質にはふつう多数チラコイド侵入しており、またデンプン粒で囲まれている。ツノゴケ類の中でピレノイド構造には多様性があり、分類形質となる。ただしスジツノゴケ属やアナナシツノゴケ属などはピレノイド欠き、またアナナシツノゴケ属や Nothoceros は1細胞中に複数 (〜十数個) の葉緑体をもつ。ツノゴケ類葉緑体では、チラコイド管状構造 (channel thylakoid) で垂直につながっている点でも他の陸上植物とは異なる。またツノゴケ類の細胞は、苔類一般的な油体を欠く。

※この「細胞」の解説は、「ツノゴケ類」の解説の一部です。
「細胞」を含む「ツノゴケ類」の記事については、「ツノゴケ類」の概要を参照ください。


細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 15:34 UTC 版)

コレオケーテ藻綱」の記事における「細胞」の解説

細胞は、ふつう 1 (〜2) 個のピレノイドを含む側膜性 (細胞膜沿った) の葉緑体をもつ。葉緑体内のチラコイドは、グラナ状に重なっている。ピレノイド基質には多数チラコイド膜貫通している。葉緑体間にペルオキシソーム存在する細胞分裂様式は、陸上植物のそれに類似している核分裂開放型 (核分裂時に核膜消失する)、中間紡錘体残存性。には中心小体存在するフラグモプラスト (分裂面に垂直な微小管群) を伴う細胞板遠心的形成による細胞質分裂行いその際に原形質連絡形成される

※この「細胞」の解説は、「コレオケーテ藻綱」の解説の一部です。
「細胞」を含む「コレオケーテ藻綱」の記事については、「コレオケーテ藻綱」の概要を参照ください。


細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 06:51 UTC 版)

脳脊髄液」の記事における「細胞」の解説

血液検査での血算に相当する顕微鏡検査では、細胞の混入を見る。生後8週以後正常な態では、脳脊髄液血液流れ込むことはないので、細胞数は1µℓあたり5個以下と、血液に比べ明らかに少ない(血液は1 µℓあたり500万個の赤血球を含む)。これより多くの細胞が脳脊髄液含まれていた場合細胞の種類に応じて炎症出血腫瘍などが疑われる通常単核球(リンパ球単球)のみで0~5/μlとなり感染なければ多核球は存在しない。しかし白血球数が5以下ならば1個の多核球はあっても正常として良い。 また全身痙攣24時間後の髄液はしばし髄液細胞数は増加しており最大で80/μlまで増加することがあるという報告もある。

※この「細胞」の解説は、「脳脊髄液」の解説の一部です。
「細胞」を含む「脳脊髄液」の記事については、「脳脊髄液」の概要を参照ください。


細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 16:15 UTC 版)

腫瘍」の記事における「細胞」の解説

多くの腫瘍細胞は正常組織細胞と比較して異型性が認められている。

※この「細胞」の解説は、「腫瘍」の解説の一部です。
「細胞」を含む「腫瘍」の記事については、「腫瘍」の概要を参照ください。


細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 23:22 UTC 版)

褐藻」の記事における「細胞」の解説

褐藻の細胞は、細胞壁囲まれている。細胞壁繊維性多糖細胞壁基本骨格となる多糖)であるセルロースを含むがその含量少なく乾燥重量の1–10%)、マトリックス多糖繊維性多糖包埋する基質となる多糖)であるアルギン酸多く乾燥重量35%に達することもある; 右図1j)、またフコイダンフカン)などの硫酸多糖を含む。アミジグサ目の中には細胞壁炭酸カルシウム沈着して石灰化するものもいる(上図1f)。 隣接する細胞の原形質原形質連絡によってつながっており、これを通して光合成産物無機栄養塩、シグナル分子輸送される多数原形質連絡集合してピット構造形成していることがあり、コンブ目の胞子体では師管様の細胞糸であるトランペット細胞糸(trunpet-shaped hypha菌糸様細胞糸 hyphal filament)にこのような構造見られる褐藻原形質連絡中には陸上植物原形質連絡見られるようなデスモ小管隣接細胞の小胞体をつなぐ管状構造)は存在しない。 細胞はふつう単核性(1個のをもつ)である。褐藻の細胞は細胞周期を通じて中心体対を有しており、ほとんどの微小管中心体から伸びている。そのため陸上植物などに見られる表層微小管をもたず、細胞骨格系としては表層アクチンフィラメント存在する。このアクチンフィラメントは、細胞壁セルロース繊維ミクロフィブリル)の配向決めていると考えられている。中心体構成する中心子は、一方の親(父性)から片親遺伝する。核分裂時には中心体両極位置し紡錘体微小管形成する染色体明瞭な動原体見られない核分裂時の核膜崩壊程度は、分類群発生段階によってさまざまである核分裂後の細胞質分裂面は中心体位置によって決まり、またここにアクチンプレートが形成される細胞質分裂は、細胞膜環状収縮またはゴルジ小胞平板小胞の融合によって形成される細胞板遠心成長によって起こる。この際に、姉妹細胞間には原形質連絡形成される。ふつう周囲複数ゴルジ体存在しているが、カヤモノリ類では接して1個のゴルジ体のみが、アミジグサ目やヒバマタ目では細胞質内に散在し多数ゴルジ体存在する細胞内にはふつう葉緑体存在し、1細胞に複数葉緑体をもつものが多いが、1細胞に1個の葉緑体をもつ例も知られる葉緑体形態も盤状のものガ多いが、他に杯状、ひも状星状などのものがある他の不等毛藻と同様葉緑体は4の膜で囲まれており、最外膜は核膜連結している。チラコイド3枚ずつ重なってチラコイドラメラを形成し多数のチラコイドラメラは平行にならんで配置しており、これを取り囲むガードルラメラが葉緑体包膜に沿ってその内側にある。色素体DNAはガードルラメラの内縁に沿って分布しリング状色素体核様体形成している。ピレノイドをもつ例は少ないが、シオミドロ目で突出型のピレノイドが、スキトタムヌス目で埋没型のピレノイド見られる。 1k. エコール 1l. 8,8′-バイエコール 褐藻フロログルシノールからなるポリフェノールであるフロロタンニン(phlorotannin; 右図1k, l)を蓄積し、細胞中にフィソード(褐藻胞、physode)とよばれる構造形成していることがある。フロロタンニンは動物バクテリア付着への防御、また紫外線防御として機能していると考えられている。またアミジグサ目やウルシグサ目の中には硫酸を含む種もおり、これも他生に対する忌避物質となると考えられている。 褐藻の細胞は、マンニトールスクロースグリセロールを含む。これらの物質は、浸透圧調節凍結防止機能する考えられている。マンニトール転流糖(体内転流する際の糖)ともなり下記参照)、乾燥重量2030%に達する。また褐藻では、細胞内のヨウ素濃度極めて高いことが知られている褐藻いくつかの種では、葉緑体ミトコンドリアDNA塩基配列報告されている。

※この「細胞」の解説は、「褐藻」の解説の一部です。
「細胞」を含む「褐藻」の記事については、「褐藻」の概要を参照ください。


細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 07:16 UTC 版)

宇宙生物学」の記事における「細胞」の解説

宇宙環境下における細胞は地上での実験では見られない挙動を示す原生動物哺乳類培養細胞どの様々な細胞に及ぼ宇宙飛行影響多く報告されている。細胞は重力感受することができ、無重力に対する反応個々の細胞で異なることもわかっている。例えサリュート6号行われた、ヒメゾウリムシの実験では、無重力下では細胞増殖促進されることがわかっている。

※この「細胞」の解説は、「宇宙生物学」の解説の一部です。
「細胞」を含む「宇宙生物学」の記事については、「宇宙生物学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「細胞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「細胞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



細胞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

細胞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの凍結治療 (改訂履歴)、ツノゴケ類 (改訂履歴)、コレオケーテ藻綱 (改訂履歴)、脳脊髄液 (改訂履歴)、腫瘍 (改訂履歴)、褐藻 (改訂履歴)、宇宙生物学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS