細胞毒性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 毒性 > 細胞毒性の意味・解説 

細胞毒性(Cytotoxicity)

細胞破壊あるいは細胞増殖阻害する作用

細胞毒性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/06 01:14 UTC 版)

細胞毒性(さいぼうどくせい、: cytotoxicity)とは、細胞に対して、もしくは機能障害や増殖阻害の影響を与える、物質や物理作用などの性質をいう。細胞傷害性ともいう。ただし「細胞毒性」は外来物質による傷害の意味に用いることが多く、一方免疫系補体系サイトカインによる作用(細胞傷害性 の項参照)に関しては普通「細胞傷害性」の語を使う(英語ではいずれも同じCytotoxicity)。細胞毒性の要因としては、細胞を形作る物質・構造の破壊、細胞の生存に必須な活動(呼吸、基本的代謝DNA複製転写翻訳等)の阻害、細胞周期や細胞内シグナル伝達への影響など、様々なものが考えられる。




「細胞毒性」の続きの解説一覧



細胞毒性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「細胞毒性」の関連用語

細胞毒性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



細胞毒性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの細胞毒性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS