抗癌剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 抗癌剤の意味・解説 

こうがん‐ざい〔カウガン‐〕【抗×癌剤】

読み方:こうがんざい

制癌剤(せいがんざい)


抗がん剤

(抗癌剤 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 19:51 UTC 版)

抗がん剤(こうがんざい、英語: Anticancer drug)とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えることを目的とした薬剤である。抗癌剤制癌剤とも。がんの三大治療である手術化学療法放射線療法のうち化学療法に入る。


  1. ^ オピオイドを駆使した疼痛対策、緩和医療の発達により患者のQOLも改善した。ただし、これは治療効果とは関係はない。
  2. ^ 抗がん剤による悪心は消化管粘膜障害によるものではないことが多い。
  1. ^ 患者の意思決定支援 日本看護協会 (PDF)
  2. ^ 佐藤千夏、布施淳子、がん患者が治療方法を自己決定する場面における看護師が実践しているアドボカシーの因子構造モデル 日本看護研究学会雑誌 Vol.36 No.4 2013 (PDF)
  3. ^ a b 磯貝佐知子、肺がんにおける分子標的治療薬 看護師の立場から 県立がんセンター新潟病院医誌 第50巻第1号 2011年3月 (PDF)
  4. ^ 塚本康子、がん患者および患者を取りまく人々の意思決定に関する研究 静岡県立大学短期大学部 特別研究報告書 13-14年度 (PDF)
  5. ^ 国内の薬価毎年改定で広がる波紋、海外製薬各社は収益減を懸念 ブルームバーグ(2017年3月7日)2018年2月26日閲覧
  6. ^ がん診療ガイドライン 制吐療法 日本癌治療学会
  7. ^ 抗癌剤による嘔吐はほぼ制御可能に 日経メディカル 2016/2/25
  8. ^ ケモブレインについて 【化学療法が原因で生じる認知障害で,主な症状は記憶力・集中力・作業能力の低下】 - 2017年3月4日聖路加国際病院
  9. ^ Ramalho M, Fontes F, Ruano L, Pereira S, Lunet N (2017). “Cognitive impairment in the first year after breast cancer diagnosis: A prospective cohort study”. Breast 32: 173–178. doi:10.1016/j.breast.2017.01.018. PMID 28208082. http://www.thebreastonline.com/article/S0960-9776(17)30018-8/fulltext. 
  10. ^ 【薬学部】AIHS-AIヘルスケアシステムの説明会が開催されました 城西大学(2018年2月21日)2018年2月26日閲覧


「抗がん剤」の続きの解説一覧

抗癌剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 17:49 UTC 版)

乳癌」の記事における「抗癌剤」の解説

以下の通りに行われる

※この「抗癌剤」の解説は、「乳癌」の解説の一部です。
「抗癌剤」を含む「乳癌」の記事については、「乳癌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「抗癌剤」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「抗癌剤」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

抗癌剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抗癌剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抗がん剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの乳癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS