グアニンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > グアニンの意味・解説 

グアニン [2]guanine

プリン塩基の一。化学式 C5H5N5O 核酸構成する成分一つで、 DNA二重螺旋らせん)の中ではシトシン水素結合して塩基対をつくっている。略号 G 。

グアニン

分子式C5H5N5O
その他の名称:GuaGuanine、2-Amino-1,7-dihydro-6H-purin-6-one、2-Aminohypoxanthine、メアルルマイド、Mearlmaid、2-Amino-1H-purin-6-ol、2-Amino-6-hydroxy-9H-purine、2-Amino-9H-purine-6-ol、2-Amino-7H-purine-6(1H)-one、2-Amino-7H-purine-6-ol、2-Amino-6,9-dihydro-1H-purine-6-one、2-Amino-9H-purine-6(3H)-one、2-Amino-6(1H)-oxo-9H-purine、2-Amino-6(1H)-oxo-7H-purine、2-Amino-1,6-dihydro-9H-purine-6-one、2-Amino-6-oxo-1,6-dihydro-9H-purine
体系名:グアニン、2-アミノ-9H-プリン-6(1H)-オン2-アミノヒポキサンチン、2-アミノ-1,7-ジヒドロ-6H-プリン-6-オン、2-アミノ-1H-プリン-6-オール、2-アミノ-6-ヒドロキシ-9H-プリン、2-アミノ-9H-プリン-6-オール、2-アミノ-7H-プリン-6(1H)-オン、2-アミノ-7H-プリン-6-オール、2-アミノ-6,9-ジヒドロ-1H-プリン-6-オン、2-アミノ-9H-プリン-6(3H)-オン、2-アミノ-6(1H)-オキソ-9H-プリン、2-アミノ-6(1H)-オキソ-7H-プリン、2-アミノ-1,6-ジヒドロ-9H-プリン-6-オン、2-アミノ-6-オキソ-1,6-ジヒドロ-9H-プリン


グアニン

英訳・(英)同義/類義語:G, guanine, , Gua, guanine

プリン塩基一種で、ヌクレオチドとしてGTP合成したり、核酸構成ヌクレオチド塩基部分となる。

グアニン

プリン塩基であり、グアニンヌクレオチドの基本骨格

名前Guanine
グアニン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


グアニン

【英】: Guanine

グアニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/22 03:37 UTC 版)

グアニン (guanine) は分子式が C5H5N5O の、核酸を構成する5種類の主な塩基のうちのひとつ。プリン塩基である。分子量は 151.13。グアニンから誘導されるヌクレオシドグアノシン






「グアニン」の続きの解説一覧

グアニン

出典:『Wiktionary』 (2017/09/15 08:39 UTC 版)

名詞

  1. 核酸構成するプリン塩基一つ

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グアニン」の関連用語

グアニンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グアニンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグアニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグアニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS