脂肪酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > > 脂肪酸の意味・解説 

し ぼうさん -ばう- [0]脂肪酸

一価カルボン酸で鎖式構造をもつもの。パルミチン酸ステアリン酸オレイン酸など。これらのグリセリンエステル脂質主成分を成す。一般式は R・COOH( R はアルキル基)で、 R が飽和形のものを飽和脂肪酸不飽和形のものを不飽和脂肪酸という。また、 R の炭素数が一二個以上を高級脂肪酸、それ以下を低級脂肪酸という。

脂肪酸

【英】fatty acid

鎖状モノカルボン酸の総称一般に直鎖状で天然のものは炭素原子数が偶数であるが,合成あるいは自動酸化により奇数のものも得られる。脂肪酸は一般に無色液体または固体高級脂肪酸不溶で油に少量可溶である。油性剤、合成潤滑油あるいはグリースの増ちょう剤となる石けん原料として使用される。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

脂肪酸

同義/類義語:脂肪族カルボン酸
英訳・(英)同義/類義語:fatty acid, Fatty acids

炭化水素カルボキシル基結合したカルボン酸総称

脂肪酸

【仮名】しぼうさん
原文fatty acid

体内エネルギー産生および組織成長に用いられる、脂肪主成分

脂肪酸(しぼうさん)

グリセリン結合して脂肪をつくる有機酸カルボキシル基一個もつもの)を、特に脂肪酸という。
脂肪酸のうち、オレイン酸リノール酸のように不飽和結合をもつものを不飽和脂肪酸といい、パルミチン酸ステアリン酸のように不飽和結合を持たないものを飽和脂肪酸という。

脂肪酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 05:58 UTC 版)

脂肪酸(しぼうさん、Fatty acid)とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸である[1]。一般的に、炭素数2-4個のものを短鎖脂肪酸(低級脂肪酸)、5-12個のものを中鎖脂肪酸、12個以上のものを長鎖脂肪酸(高級脂肪酸)と呼ぶ[2][信頼性要検証]。炭素数の区切りは諸説がある[3][4][信頼性要検証]。脂肪酸は、一般式 CnHmCOOH で表せる。脂肪酸はグリセリンエステル化して油脂を構成する。脂質の構成成分として利用される。




  1. ^ IUPAC Gold Book - fatty acids
  2. ^ 脂質 授業資料2006年06月07日に追加
  3. ^ くらしの化学 6月9日 2003年講義資料
  4. ^ E-生化学(保険学科版Ver1.07) [1] 教材 更新日2008年11月13日
  5. ^ a b c d e f g h IUPAC-IUB Commission on Biochemical Nomenclature (CBN) Nomenclature of Lipids(Recommendations, 1976)
  6. ^ 日本油脂化学協会(同協会編、『油脂化学便覧』、丸善、1998年)ではω9式ではなくω-9式の表記が示されている。
  7. ^ a b 板倉弘重、『脂質の科学』、朝倉書店、1999年 ISBN 4-254-43514-2
  8. ^ 磯田好弘, 西沢幸雄, 山口茂彦 ほか、「脂質の抗がん効果 マウスの移植がんに関する局所投与遊離脂肪酸の抗がん活性」 『油化学』 1993年 42巻 11号 p.923-928, 日本油化学会
  9. ^ 五十嵐美樹, 宮澤陽夫、「脂質がガンを抑える 共役脂肪酸の有効性」 『化学と生物』 2000年 38巻 8号 p.529-531, doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.38.529, 日本農芸化学会
  10. ^ 北浦靖之、「異なる脂肪酸を組み合わせることで強力にがん細胞を死滅させる
  11. ^ 白血病細胞は脂肪代謝によって細胞死を避ける/M.D.アンダーソンがんセンター
  12. ^ アボカド由来の成分が抗がん剤の効果を高めることを発見
  13. ^ Tabe, Yoko, et al. "Inhibition of FAO in AML co-cultured with BM adipocytes: Mechanisms of survival and chemosensitization to cytarabine." Scientific reports 8.1 (2018): 16837.
  14. ^ 5.2 Recommendations for preventing excess weight gain and obesity, DIET,NUTRITION AND THE PREVENTION OF CHRONIC DISEASES, pp.61-71, Joint WHO/FAO Expert Consultation, 2003.
  15. ^ 『世界大百科事典』、必須脂肪酸、平凡社、1998年
  16. ^ a b c I章 最新の脂質栄養を理解するための基礎 ― ω(オメガ)バランスとは?脂質栄養学の新方向とトピックス
  17. ^ 浜崎智仁「13:00 ~13:40脂質と精神」金城学院大学/日本脂質栄養学会共催シンポジウムの抄録 6章p10『 脂質栄養学の新方向とトピックス


「脂肪酸」の続きの解説一覧



脂肪酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脂肪酸」の関連用語

脂肪酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



脂肪酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2020 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脂肪酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS