極性とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 極性の意味・解説 

きょく せい [0]極性

物・化 分子または化学結合において、正負電荷分布不均等であること。
細胞・組織個体などが、ある方向沿って形態的・生理的性質何らかの差異を示すこと。植物と根、動物に頭と尾、卵細胞動物極植物極があるなど。軸性


極性

英訳・(英)同義/類義語:polarity, Polarized Cell

電極磁極など、一つの物体に正反対性質が場所を変えて存在する状態。
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  抗生物質抵抗性  抗生物質耐性  旋光性  極性  構成性の  水溶性  溶原性

極性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 09:00 UTC 版)

極性(きょくせい polarity)は分子内に存在する電気的な偏りのことで、電気双極子モーメントによって生まれる。電気双極子モーメントは誘電率を大きくするから、誘電率は極性の高低の指標となる。




「極性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「極性」の関連用語

極性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



極性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS