合わせるとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 下一段活用 > サ行下一段活用 > 合わせるの意味・解説 

あわ・せる〔あはせる〕【合(わ)せる】

[動サ下一][文]あは・す[サ下二《合うようにする、一致させる、が原義

(「併せる」とも書く)二つ上のものを一つにする

二つ上のものをつけて一つにする。「仏前に手を—・せる」「周辺町村を—・せて市にする」

㋑心や力などをまとめて一つにする一致させる。「心を—・せて事に当たる」「力を—・せて頑張る」

付け加える。合計する。「三と四とを—・せると七」「人口は両を—・せても三〇〇〇人」「今まで業績も—・せて考慮する

食品などをまぜる。調合する。「二種を—・せる」

二つのものを釣り合うようにする。

食い違いないように、他のものに一致させる。また、一致するように物事を行う。「音楽に—・せて歌う」「彼の予定に—・せる」「歩調を—・せる」「口裏を—・せてごまかす」

釣り合うようにする。相応するようにする。調和させる。「環境に—・せた建築物」「洋服に靴を—・せる」

異な種類楽器いっしょに鳴らす。合奏する。「琴に尺八を—・せる」

正しかどうか、他と比べ調べてみる。照らし合わせる。「答えを—・せる」「原文と—・せる」

武器互いに打ち合わせる。転じて、戦う。「チャンピオングローブを—・せる」

対抗させる。戦わせる。「練習試合昨年優勝校と—・せる」

夢と事実との合致判断する。夢判断をする。

さま異なる夢を見給ひて、—・するものを召して問はせ給へば」〈源・若紫

夫婦にする。めあわす

伊勢の守もろみちのむすめを正明中将君に—・せたりける時に」〈大和・三九〉

比べ優劣を争う。

「詩に歌を—・せられしにも」〈増鏡・おどろの下〉

[下接句] 顔が合わせられない顔を合わせる口を合わせる口裏(くちうら)を合わせる心を合わせる力を合わせる調子を合わせる帳尻(ちょうじり)を合わせる手を合わせる鬨(とき)を合わせる肌を合わせる腹を合わせる額(ひたい)を合わせる・間(ま)を合わせる・掌(たなごころ)を合わす・鞭(むち)鐙(あぶみ)を合わす夢を合わす


あわ・せる あはせる 【合・会・逢・遭】

〔他サ下一〕 [文]あは・す 〔他サ下二

[一] (合) 物と物とを一つ重ねる。また、物と物とをつり合うようにする。

① 物と物とを寄せ一つにする食い違ないようにする。

(イ) 一方を他にうまく重ねる。また、すきまなくくっつける。

(10C終)一四二「いとうるはしう袖をあはせて、二人ばかり出で来て」

(ロ) (心、力、声、数量などを)うまく一致させる。

古今(905‐914)仮名序「これは、きみもひとも、身をあはせたりといふなるべし

能因本(10C終)一四五「声あはせて舞ふほどもいとをかしきに」

*雁(1911‐13)〈森鴎外〉一「時計号砲(どん)に合(アハ)せることを忘れ時には

(ハ) ある事に応じて行なう。ある事がなされる時に一致するように行なう

*竹取(9C末‐10C初)「つばくらめ尾をさげていたくめぐるにあはせて」

(10C終)一八四「御いらへに、いかがは啓するにあはせて」

(ニ) つけ加えるまた、いっしょにする一つにまとめる。合計する。

*竹取(9C末‐10C初)「もち月のあかさを十合せたるばかりにて」

大鏡(12C前)四「法師原、大中童子などあはせて七八十人ばかり」

三国伝記(1407‐46頃か)六「越王、呉を并するのみならず、晉斉秦を平げて」

(ホ) (薫香食品などを)うまく混ぜる調合する。

源氏100114頃)梅枝おほやけ、わたくしのどやかなるころほひにたき物あはせ給ふ

日本読本(1887)〈新保磐次〉四「願はくは是れを読み合せ給へ

(ヘ) (占い事実とを一致させる意) 夢で、吉凶判断する。うらなう。

伊勢物語(10C前)六三「よき御男ぞいでこむとあはするに」

源氏100114頃)若紫様異なる夢を見給ひてあはする者を召して問はせ給へば」

(ト) 釣りで、あたりに合わせて竿などを上げ、針を引っかける

落語佃島1900)〈初代三遊亭金馬〉「其処ら合せないと可(いけ)ませんよ、ソウーラ…餌を奪られましたらう」

茶話(1915‐30)〈薄田泣菫片腕「鉤(はり)を合(ア)はせてぐっと引揚げた」

② 状態や程度適合させる。

(イ) ある状態や時期程度などにふさわしいようにする。また、相手言動に応じてうまくあしらう

(10C終)八「家のほど、身の程にあはせて侍るなりといらふ」

滑稽本古朽木(1780)三「こいつはようござりませう〈略〉と、調子合せけるを」

(ロ) 二つ上の音、声、動きなどを調和させる調子ととのえる。

宇津保(970‐999頃)内侍督「かのひめ君、琵琶あはせてあそばしし」

(10C終)一四二「足踏み拍子(はうし)にあはせて」

③ (刃と石とを適合させる意か) といで刃を鋭くする。

天理本狂言忠喜室町末‐近世初)「髪そりを、よふあわせい」

[二] (会・逢・遭) 顔をあわせる男女をあわせる。力と力とをぶつからせる。

対面させる。面会させる。また、(顔を)互いに向ける。

落窪(10C後)一「われにかれみそかにあはせよ

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「主人は滅多に吾輩と顔を合せる事がない」

② ある現象事件などにぶつかるようにする。経験させる。

万葉(8C後)一九・四二四五住吉(すみのえ)の あが大御神 船の舳(へ)に うしはきいまし〈略〉荒き風 波安波世(アハセ)ず 平けく 率(ゐ)て帰りませ もとの国家(みかど)に」

太平記14C後)一二四海の民を一人無く飢渇(けかち)に合せんと思て」

夫婦にする。結婚させる。めあわす

書紀720安康元年二月図書寮本訓)「願はくは幡(はたひの)皇女得て以て大泊瀬(はつせの)皇子に配(アハセ)欲(む)」

*竹取(9C末‐10C初)「さりともつひに男あはせざらんやはと思ひて」

武器互いに打ちあわせる。立ち向かわせる。戦わせる。

書紀720垂仁七年七月熱田本訓)「試に是の人召して蹶速に当(アハセ)んと欲ふ」

平家13C前)一二「ちゃうどあはせてをどりのく」〔日葡辞書(1603‐04)〕

(5) 鷹狩りで、をねらって放つ

長秋詠藻(1178)上「狩り暮らしあはするのみねこえに行末しらぬほどぞかなしき

(6) 物と物、あるいは人と人とを比べる比較する。また、物の優劣比べる遊びをする。

宇津保(970‐999頃)嵯峨院「かぎりなくめでたく見えし君だち、このいまみゆるにあはすればこよなくみゆ」

源氏100114頃)絵合「竹取のおきなに宇津保のとしかげをあはせて争ふ」


合わせる

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合わせる

相手の駒が利いている場所に相手と同じ駒を打つこと。歩を打つ時に使われることが多い。

合わせる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:56 UTC 版)

和語の漢字表記

わせる(あわせる)

  1. あわせる」を参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「合わせる」に関係したコラム

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいま...

  • CFDの原油取引とは

    CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。WTI原油スポットともいいます。スポットとは、1回限りの取引...

  • FXでグランビルの法則を使用してエントリーポイントを見つけるには

    グランビルの法則は、アメリカ合衆国のジョセフ・グランビル(Joseph Granville)が創り出した投資手法で、FX(外国為替証拠金取引)や株式売買などで用いられています。グランビルの法則で用いら...

  • FXや株式のローソクボリュームとは

    株式のローソクボリュームとは、ローソク足と出来高を合わせたエクイボリュームをもとにしたチャートのことです。ローソクボリュームは、ローソク足と同じように始値、高値、安値、終値の4本値を用いてローソク足を...

  • 株式の投資基準とされる固定長期適合率とは

    株式の投資基準とされる固定長期適合率とは、企業の固定資産の株主資本と固定負債に対する割合をパーセンテージで表したものです。固定長期適合率は、固定資産が株主資本と固定負債の合計額以下かどうかを調べるため...

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合わせる」の関連用語

合わせるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合わせるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2022 Shogitown. All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合わせる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS