増鏡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 歴史 > 歴史物語 > 増鏡の意味・解説 

ますかがみ【増鏡】

南北朝時代歴史物語17巻。増補本もある。著者二条良基説が有力。応安年間(1368〜1375)に成立か。治承4年(1180)後鳥羽天皇誕生から元弘3=正慶2年(1333)後醍醐天皇還幸までの歴史編年体で記したもの四鏡の一。


ますかがみ【増鏡】

南北朝時代歴史物語。一七巻。また、一九巻・二〇巻の増補本がある。著者二条良基説が有力。応安年間一三六八七五)から永和二年(一三七六)頃の成立という。治承四年(一一八〇)の後鳥羽天皇生誕から元弘三=正慶二年(一三三三)の後醍醐天皇隠岐からの還幸までの一五〇余年歴史和文綴る。「大鏡」にならい、戯曲的構成をもつが、編年体で記される点、「栄花物語」と近く、「源氏物語」の影響目立つ。


増鏡〈後崇光院御筆/〉

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  塵芥集  塵袋  増壹阿含経  増鏡  增一阿含経  增壹阿含経  增壹阿含経

増鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 15:50 UTC 版)

増鏡』(ますかがみ)は、南北朝時代歴史物語。いわゆる「四鏡」の一つで、成立順と内容の双方で最後に位置する作品である。治承4年(1180年)の後鳥羽天皇誕生から、元弘3年/正慶2年(1333年)の元弘の乱後醍醐天皇鎌倉幕府に勝利するまでを描く。17巻本と19巻本(20巻本)があり、前者を「古本」、後者を「増補本」とするのが通説だが、異論もある。作者は未詳だが、北朝の廷臣であるものの南朝を開いた後醍醐天皇を敬愛し、日本文学と学問に精通し、和歌では二条派寄りの、羽林家または大臣家以上の家格の貴族と考えられている。具体的な比定では、二条良基説が比較的有力であるものの確証はなく、その他には二条為明説や洞院公賢説などがある。成立年代については、確実な上限は元弘3年(1333年)6月で、確実な下限は天授2年/永和2年(1376年)4月である。さらに範囲を狭める有力説としては、上限を興仁親王(崇光天皇)立坊の延元3年/暦応元年(1338年8月13日とし下限を足利尊氏薨去の正平13年/延文3年4月30日1358年6月7日)とする説と、応安年間前後(1368–1375年前後)とする説があり、21世紀現在は前者の方が優勢である。




注釈

  1. ^ 一条経嗣の実父である二条良基を作者とする説は江戸時代には存在しており、水戸藩の「彰考館目録別本」には塙検校所蔵応永本からの引用として「園摂政良基作」と記載され、幕末には大沢清臣、明治時代には松本愛重・関根正直、大正時代には佐藤仁之助・坂井衡平、昭和に入ると岡一男・石田吉貞・松村博司・手嶋靖生・木藤才蔵らが唱えたことで有力となった[9]

出典

  1. ^ a b c d e f 井上 1983b, p. 385.
  2. ^ a b 日本国語大辞典』第二版「ます‐かがみ 【真澄鏡】」
  3. ^ a b c d 井上 1983b, p. 395.
  4. ^ 西沢 1982, p. 50.
  5. ^ a b c 井上 1983b, p. 396.
  6. ^ a b 小川 2000, p. 8.
  7. ^ 井上 1983b, p. 398.
  8. ^ 井上 1983b, pp. 397–398.
  9. ^ 西沢 1982, p. 50・56-67.
  10. ^ 井上 1983b, pp. 396–397.
  11. ^ a b c 井上 1983b, pp. 395–396.
  12. ^ a b 小川 2000, p. 10.
  13. ^ 西沢 1982, p. 53-54.
  14. ^ 西沢 1982, p. 51-52.
  15. ^ 西沢 1982, p. 59.
  16. ^ 井上 1983b, pp. 398–399.
  17. ^ 小川『二条良基研究』(笠間書房、2005年)P568-570・586-588
  18. ^ 小川『二条良基』(吉川弘文館【人物叢書】、2019年)P202-205.
  19. ^ 井上 1983b, pp. 389–391.
  20. ^ 井上 1983b, pp. 391–392.
  21. ^ 小川 2000, pp. 2–4.
  22. ^ a b c 井上 1983b, pp. 392–393.
  23. ^ 小川 2000, p. 4.
  24. ^ 西沢 1982, p. 64-67.
  25. ^ 井上 1983b, p. 392.
  26. ^ 小川 2000, p. 3.
  27. ^ 宮内三二郎「『増鏡』の原形態」『とばすがたり・徒然草・増鏡新見』(明治書院、1977年)の説(初出:1971年)。


「増鏡」の続きの解説一覧



増鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「増鏡」の関連用語

増鏡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



増鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの増鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS