和歌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 和歌 > 和歌 > 和歌の意味・解説 

わ‐か【和歌/×倭歌】

漢詩に対して上代ら行われた日本固有の詩歌五音七音基調とする長歌短歌旋頭歌(せどうか)・片歌(かたうた)などの総称平安時代以降は主に短歌をさすようになったやまとうた

万葉集題詞にみえる「和(こた)ふる歌」から》答えの歌。返し歌

(ふつう「ワカと書く)能で、舞の直後または直前にある謡物(うたいもの)。詞章短歌形式基本とする。


わ‐か【和歌・倭歌】

〔名〕

漢詩に対して日本の歌。長歌短歌旋頭歌片歌など五・七音を基調とした定型詩であるが、歌体消長伴って短歌が和歌を意味するようになった漢詩対する和歌の意識は「万葉集」の大伴家持などにすでに見られるが、歌論として明確に自覚されたのは「古今和歌集」の序文においてであろう歌謡連歌俳諧近代詩などは和歌の範囲から除外されている。やまとうた。うた。国歌

源氏100114頃)玉鬘「この和歌はつかうまつりたりとなむ思ひ給る

和して歌う歌。答の歌。また、詩。

南郭先生文集初編1727)三・九月六日猗蘭台集「和歌慙郢曲濫吹斉竽」〔孫逖‐和左司張員外中略〉贈韋侍御諸公詩〕

能楽用いる語。

(イ) 舞の際謡い物一般をいう。短歌形式原則とし、高音で謡われるもので、祝言的な要素を持つ。→補注。

謡曲舟弁慶(1516頃)「旅の舟路門出のわか、ただひとさしと勧むれば」

(ロ) 謡曲小段一つ。舞の前後にかけて謡われ、性格は(イ)と類似する。

風姿花伝140002頃)六「作者も、発端の句、一せい、わかなどに、人体物まねによりていかにも幽玄なる余情、たよりをもとむる所に

歌舞伎下座音楽一つ時代狂言幕切れ立役敵役とが詰合(つめあい)になり「かたがたさらば」という時に用い鳴物。「片しゃぎり」と同じ手法用いるので、「片しゃぎり」の古名といえる

歌舞伎四天王楓江戸粧(1804)六立「ト和歌(ワカ)になり、皆々立廻りあって」

[補注]③(イ)については、延年の舞の「若音(わかね)」から転じたという説もある。


和歌

読み方
和歌わか

和歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 03:20 UTC 版)

和歌(わか)とは、短歌型式の古典。古典短歌。広義には『万葉集』に所収される歌体の総称。




  1. ^ 『古事記』と『日本書紀』に収録されている。
    『古事記』「夜久毛多都伊豆毛夜幣賀岐都麻碁微爾夜幣賀岐都久流曾能夜幣賀岐袁」
    『日本書紀』「夜句茂多菟伊弩毛夜覇餓岐菟磨語昧爾夜覇餓枳都倶盧贈廼夜覇餓岐廻」(以上原文)
    これにより、のちに和歌のことを「八雲」(やくも)ともまた「八雲の道」ともいった。
  2. ^ a b 乾安代ほか著「日本古典文学史」暁印書館、p.33、ISBN 978-4-87015-515-2
  3. ^ 寛政12年(1800年)の『桂林漫録』(けいりんまんろく)に、清人詠歌が数首と琉球国王子の読谷(ヨミタニサ)王子と義湾(ギノワン)王子の歌が記載されている。義湾王子の歌は富士山に関するもので、当随筆では安らかなるシラベと評されている。


「和歌」の続きの解説一覧



和歌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和歌」の関連用語

和歌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和歌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS