謡物とは?

うたい‐もの〔うたひ‐〕【歌い物/唄い物/謡物】


うたい‐もの うたひ‥ 【謡物・唄物】

〔名〕

詞章に節を付けて歌うものの総称。特に、日本伝統的声楽を二大別したもの一つ神楽催馬楽朗詠今様宴曲謡曲長唄小唄民謡など、きわめて多種のものがこれに属する。⇔語り物

五音曲条々(1429‐41頃)「凡(およ)そ応永年内より以来のうたい物、節(ふし)曲舞など、みなみな幽曲なり」

② ①を演ずることを業とする人。

御湯殿上日記文明一八年(1486)四月四日「もりとみ、かけとし、かなみつ、そのほかうたひ物まいりてうたふ」

清酒醸造の際、数人小唄をうたいながら醪(もろみ)を入(かいい)れする作業


謡物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/02 02:45 UTC 版)

謡物(うたいもの)とは、日本伝統音楽邦楽)における一ジャンル




「謡物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「謡物」の関連用語

謡物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



謡物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの謡物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS