謡とは?

うたい〔うたひ〕【謡】

動詞「うた(歌)う」の連用形から》能の詞章また、これに節をつけて謡うこと。観世宝生金春(こんぱる)・金剛喜多などの流儀がある。謡曲


よう【謡〔謠〕】

常用漢字] [音]ヨウエウ)(呉)(漢) [訓]うたい うたう うた

[一]ヨウ

節をつけてうたう。また、流行歌。うた。「歌謡俗謡童謡民謡俚謡(りよう)」

能楽のうたい。「謡曲

根も葉もないうわさ。デマ。「謡言

[二]〈うたい〉「謡物地謡素謡(すうたい)」


うたい うたひ 【謡】

〔名〕 (動詞「うたう(歌)」の連用形名詞化

① うたうこと。また、うたいもの

宇治拾遺(1221頃)六「例のごとく玉女共、うたひをうたひて来て

能楽詞章。または、これに節をつけてうたうこと。演能の時だけではなくこれだけでもうたうことがある囃子(はやし)がつかないで、単独でうたうのを素謡(すうたい)、一曲全部をうたうのを番謡(ばんうたい)、一節(いっせつ)のみをうたうのを小謡(こうたい)という。謡曲

申楽談儀(1430)序「うたひの根本(こんぼん)を申さば翁(おきな)の神楽歌(かぐらうた)を申すべきか」

浮世草子世間娘容気(1717)六「謡(ウタヒ)を門々にて唄ひ」

うたいものなどのうたい手。

申楽談儀(1430)音曲心根「けんの弟子にて、早歌(さうが)うたひにて有りしが」

[語誌](1)②の構成は節の部分と詞の部分からなり音楽としてはヨワ吟(ぎん)とツヨ吟との二通りのうたい方に分けられる。
(2)作者多く観阿彌世阿彌金春禅竹(こんぱるぜんちく)などで、その文章古典美文をつづり合わせたものが多い。
(3)流儀には観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金剛(こんごう)、金春(こんぱる)、喜多(きた)などがある。三〇〇〇番ほど作られたが、現行曲は約二三〇あまり。


うた・う うたふ 【歌・謡・唄・謳】

1 〔他ワ五(ハ四)〕

① 声に節を付け歌詞唱える

(イ) ことばを引き延ばしたりして節を付けて声を出す。楽器合わせるのを正式とする。

古事記(712)中・歌謡「この御酒(みき)を 醸(か)みけむ人は その鼓(つづみ) 臼(うす)に立てて 宇多比(ウタヒ)つつ 醸みけれかも」

源氏100114頃)若紫「弁の君〈略〉『豊浦の寺の西なるや』とうたふ」

(ロ) 詩歌を作って吟じるまた、詩歌作る詠じる

伊勢物語(10C前)六五「男は〈略〉かくうたふ。いたづら行きはてきぬる物ゆゑに見まくほしさにいざなはれつつ」

盛んに言いたてる。

(イ) 多くの人がほめたたえる楽しんで声を出す。謳歌(おうか)する。

平家13C前)五「都鄙遠近隣民親疎堯舜無為の化をうたひ」

(ロ) 評判をたてる。うわさする。→謳(うた)われる。

(ハ) 目だつように主張する。書類などにはっきり書き記す

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「卑屈儒者に唱(ウタ)はせたる、一時便宜道徳論なり」

物を言う。話す。

新編常陸国誌(1818‐30頃か)方言「うたふ 語話するを云ふ、古意なり」

2 〔自ワ五(ハ四)〕

① (比喩的用法として) 高い声を出す。調子のついた音を出す。

(イ) などが鳴く。特に、が時を告げる。

*清輔集(1177頃)「天の戸をおし明け方にうたふなりこや朝倉の声」

(ロ) 悲鳴をあげる泣く

歌舞伎花雪恋手鑑(1833)下「もし金がなけりゃ引摺(ひきず)って行てうたはすのぢゃ」

(ハ) 川などが小さな音を立てる

草根集(1473頃)四「川の瀬にうたふさざ浪露かけて木陰涼しきの諸ごゑ」

悪くなることをいう、文政期(一八一八‐三〇)の大工仲間隠語

*新ぱん普請方おどけ替詞(1818‐30頃か)「わるなるを、うとう」

③ 死ぬ。また、倒産する。

浜荻久留米)(1840‐52頃)「うたふた 人の死たるを云、又身上しまうたことをも云」

白状することをいう、てきや、盗人仲間隠語。〔日本隠語集(1892)〕

いやな感じ196063)〈高見順〉二「正直にウタって(白状して)おこう」

[語誌](1)歌は「うたふ」だけでなく「かたる」ことにも通じていたことは「以歌語白(歌を以ちて語り白さく)」という「古事記仁徳記」からうかがえる。また「万葉集でも、歌を「うたふ」とするものは少なく、「作歌(歌を作る)」とするのが最も多い。ただ「作」をツクル訓むヨム訓むかという問題もあり、一概に歌はうたわれたものだとはいえないようである。
(2)平安時代になると、すでに作られた歌を「うたふ」ことはあっても、歌を作ることを「うたふ」とは言わない。むしろ「うたふ」は、歌より歌謡について用いられるようになり、歌は「よむ」ものとなっていった


読み方:ウタイ(utai)

能の詞章、節。


読み方ウタイ

謡とは、フシメロディー)をつけて謡う(うたう)もののこと。

能は、セリフのすべてが謡となっています。
それゆえ日本ミュージカルオペラのようなものと言われることがあるのです。

このセリフの書かれた本を、「謡本うたいぼん)」と言います。

関連用語


読み方:うたう

  1. 白情(※ママ)セシコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・静岡県
  2. 刑事巡査其他取調べニ際シ、犯罪事実自白ヲナスヲ云フ。〔第四類 言語動作
  3. 刑事巡査其他取調べに際し犯罪事実自白をなすをいふ。〔犯罪語〕
  4. 詑る。白状する。
  5. 〔的・犯〕白状すること、宣伝することなどにいふ。「ウタハセテヤル」と云へば「白状させてやる」といふことになる。「ゲロ」「オガム」に同じ。
  6. 詑る、白状する。
  7. 刑事巡査其他取調べに際し犯罪事実自白をなすをいふ。
  8. 〔隠〕刑事巡査其の他取調べに際し犯罪事実自白をなすこと。
  9. 白状する。
  10. 自白又は泣く事を云ふ。
  11. 原意は「泣く」と云ふ意なれども転訛して、陳謝する。白状するの意。総括して云へば「降伏する」の意。
  12. 泣く中津 博徒不良虞犯仲間
  13. 取調に際し自白すること。多治見 不良仲間
  14. 〔犯〕取調べを受けて犯罪事実自白をすること。
  15. 泣く自白する。〔一般犯罪
  16. 自白する。〔掏摸
  17. 白状する、あやまる。香具師にとって最も恥とすること。なにかごたごたサツにパラレても決して、うたはないことになっている。うたうは、秘密をばらすことにも云うからである。用例野郎をウタワせてしまえ」(野郎をあやまらせてしまえ)とか「たとえゴロ(けんか)に負けたって、やり(一寸も)もウタウものか」とかいう時に使う。〔香具師不良
  18. 泣く自白。「歌う」の形容。〔盗〕
  19. 原意は「泣くということ転訛して「陳謝する。白状する。」こと。「うたわす」は陳謝させる。白状させるの意。

分類 ルンペン大阪一般犯罪者不良仲間博徒不良虞犯仲間掏摸犯罪犯罪者犯罪語、的/犯、盗/犯罪露店商静岡県香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 07:30 UTC 版)

(うたい)とはの声楽(言葉・台詞)にあたる部分のこと。また、それのみを謡うこともいう。大和田建樹によると、「うたう」という動詞の名詞形であるが、詠歌小唄などと区別するため「うた」でなくて「うたい」と読ませたという[1]江戸時代までは「謡」とだけ言い、「謡曲」という言葉が使われ始めたのはそれ以降である[1]






「謡」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:52 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (うたい)において、また舞囃子仕舞などにおいて、詞章を節をつけて語ること狂言本狂言、ときに間狂言あいきょうげん)の少数演目にある、節をつけて語る部分も謡と呼ぶ。
  2. (うたい)能の詞章を、実際に上演するときと同じように節をつけて語ること謡曲幸若など、能と似たうたい方をする場合にも用いる。

接辞

  1. (よう)音楽としての歌の意。

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:52 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「謡」の関連用語

謡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



謡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2022 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの謡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS