通小町とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 通小町の意味・解説 

かよいこまち かよひ-通小町

能の一。四番目物観阿弥かんあみ)作。世阿弥ぜあみ改作深草少将小野小町のもとへ百夜ももよ通いをした伝説脚色したもので、死後執心から少将小町成仏さまたげるというもの。

通小町

作者杉谷みどり

収載図書いまこそ平安の恋
出版社EH春潮
刊行年月2004.8


通小町

読み方:カヨイコマチ(kayoikomachi)

初演 正徳1.夏(江戸市村座)


通小町

読み方:カヨイコマチ(kayoikomachi)

初演 宝永4.11(江戸森田座)


通小町

読み方:カヨイコマチ(kayoikomachi)

分野 謡曲

年代 成立未詳

作者 作者未詳


通小町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/06 14:01 UTC 版)

通小町』(かよいこまち)は、執心男物の能楽作品のひとつ。本来の曲名は「四位少将」で、『通小町』という曲名は後代につけられた[1]。原作者が唱導[注釈 1]であるため、説法色の顕著な作品となっている。


注釈

  1. ^ 衆徒と同格に属する、節や抑揚をつけて説法を行う僧
  2. ^ 『五音』における作者名無しは、世阿弥の作と解されている
  3. ^ 祝言・幽曲・恋慕・哀傷・闌曲という五つの謡い方を記した世阿弥の書

出典

  1. ^ a b 梅原猛、観世清和『能を読む①翁と観阿弥』角川学芸出版 2013年pp141-151


「通小町」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通小町」の関連用語

通小町のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



通小町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通小町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS