花魁とは? わかりやすく解説

おいらん【花魁】

読み方:おいらん

江戸吉原遊郭で、新造・禿(かぶろ)などが姉女郎を「おいらの(己等姉さんの略)」と呼んだところからという》

姉女郎のこと。

位の高い遊女太夫(たゆう)。

一般に遊女女郎

《「花魁芋」の略》サツマイモ一品種。紫がかった白色水けが多い。

[補説] 作品名別項。→花魁


おいらん【花魁】


花魁


花魁〈高橋由一筆/油絵 麻布〉


花魁

作者真樹

収載図書明天快晴金陵城内
出版社角川書店
刊行年月1997.10
シリーズ名角川文庫


花魁

作者碓井静照

収載図書おちょろ女と虚無僧
出版社ガリバープロダクツ
刊行年月2005.8


花魁

読み方:おいらん

  1. ありんす言葉」で「己等様」の音便女郎の事。転じて、「土蔵」の事を云ふ(娘の連想より)。又二階座敷を云ふ(お軽連想より)。又大豆他の豆類を云ふ(女の陰部との形状類似より)。
  2. 遊廓女郎のこと。ありんす語法で、おいら(己等)さん(様)音便。⑵〔犯〕土蔵倉庫のこと。
  3. 土蔵倉庫遊女囲われているところから事物形態)。〔盗〕 ②二階。「おかる」の項参照。〔盗〕
  4. ありんす言葉」で「己等様」の音便女郎のこと。転じて土蔵」のことをいう(娘の連想)。又お軽連想より「二階座敷」をいう。

分類 犯罪者花柳界、盗/犯罪


花魁

読み方:おいらん

  1. 土蔵。〔第五類 一般建物
  2. 〔犯〕土蔵のこと、「ムスメ」「オソメシ」に同じ。
  3. 土蔵のこと。〔刑事
  4. 〔隠〕土蔵のこと。
  5. 土蔵倉庫のことをいふ。

分類 刑事、犯、犯罪


花魁


花魁

読み方:おいらんおしょく。おいらん。たゆう

  1. (一)遊廓に於ける上等の娼妓(二)転じて一般娼妓をも云ふ。昔時娼婦附属せる禿が、他に対して自己の附属せる娼婦を呼ぶに、おいらの某が、と云ひしより転じて姉女郎をおいらん称する至れる也。
  2. 吉原遊廓女郎のことをいふ。ありんす語法で、おいら(己等)の語尾に「ん」をつけて「おいらん」と刎ねのである。〔花柳語〕
  3. 遊女階級には「お職」といふのがある、毎月揚代に於て最高点の者を其の店のお職といつて歓迎される此のお職は家に依つて又「役お職」「馴染お職」「金お職」「台お職」などの別がある。「おいらん」といふのは江戸呼名で、上妓を指して云つたもので元禄年間からは「太夫」といふ名称が出たといはれてゐる、然し太夫」は京阪呼称として起つたらしく慶長年間四条河原芝居をさせたときの呼名から起つて、同じく最上級遊女をいふのであるが、現在では尊称として多少混同傾きがある
  4. 吉原遊廓女郎のことをいふ。ありんす語法で、おいら(己等)の語尾に「ん」をつけて「おいらん」と刎ねのである

分類 東京花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

花魁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 04:35 UTC 版)

花魁(おいらん)は、吉原遊廓遊女で位の高い者のことをいう。現代の高級娼婦、高級愛人などにあたる。


  1. ^ 石井良助『吉原』P122 127
  2. ^ The nightless city, or, the "History of the Yoshiwara Yūkwaku"Joseph Ernest De Becker(小林米珂)、1899
  3. ^ 小松奎文 『いろの辞典(改訂版)(綺語文章 壹之巻 おいらんの傳)』文芸社、2002年。ISBN 4835514998 
  4. ^ 源氏物語 若菜上「見返り給(たま)へる面持(おもも)ち・もてなしなど、おいらかにて」(振り返りなさった様子・所作などが、おっとりとしていて)
  5. ^ 大木康『明末のはぐれ知識人-馮夢龍と蘇州文化』、p.5,14、講談社選書メチエ、1995年
  6. ^ 藤田真一 関西大学文学部コラム 第41回『京都・角屋の文化 -学問の手伝えること-』 関西大学2006年1月27日
  7. ^ 今日の貨幣価値で数千万円から億に近い価格。
  8. ^ 小谷一郎「村松梢風と中国 : 田漢と村松、村松の中国に対する姿勢などを中心に」『一橋論叢』第101巻第3号、日本評論社、1989年3月、 393-408頁、 doi:10.15057/12585ISSN 00182818NAID 110000315425



花魁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 23:54 UTC 版)

遊女」の記事における「花魁」の解説

一人前遊女お歯黒付けるが引眉しない。 太夫最上位女郎宝暦年間の頃には吉原では自然消滅する) 格子女郎後に消滅散茶女郎 梅茶女郎 呼出し宝暦以降では最上位女郎であったが、文政年間末に自然消滅する) 昼三文政年間末に自然消滅する) 附廻部屋持 座席河岸女郎 局女郎 端女郎階級最下級遊女見世女郎局女郎とも。)

※この「花魁」の解説は、「遊女」の解説の一部です。
「花魁」を含む「遊女」の記事については、「遊女」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「花魁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「花魁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

花魁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



花魁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花魁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの遊女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS