二階とは?

に‐かい【二階】

建物などで、上下2層の階があること。

2層以上ある建物などで、地表から2層目の階。「二階にあがる」「地下二階」

二階厨子(にかいずし)」の略。

二階棚」の略。


に‐かい【二階】

〔名〕

上・下の二層になっているもの。

御堂関白記寛弘八年1011七月一七日「二階筥・硯筥火取等奉之」

室内用の調度のひとつで、二層の設け日用品などを置くもの。二段ある厨子また、とびらのあるのを「厨子」、とびらのないのを「二階」と区別して呼ぶこともある。

蜻蛉(974頃)上「と書きつけて、にかいの中に置きたり」

平屋の上にさらに一層重ねて造った家屋、または、その上層の部屋また、三層以上ある建築物で、下から二層目の階。

吾妻鏡文治二年(1186)五月五日「入民家二階之上

④ (━する) 二つ段階。転じて、位をひとつ跳び越え昇進すること。

平家13C前)一一越階とて二階をするこそありがたき朝恩なるに、是はすでに三階なり」

(5) 近世、特殊な建物で③の構造になっているもの。

(イ) 湯女(ゆな)風呂の場合。二階が浴客遊び場になっている

浮世草子好色盛衰記(1688)五「姉が小路和泉風呂入相の比より行て〈略〉二階(カイ)にあかれば」

(ロ) 楽屋場合実際三階で、座頭はじめ立役その他のいる所。

談義本根無草(1763‐69)後「迎の提灯烈欠(いなづま)を欺き、二階(ニカイ)のさはぎは落るかと疑ふ」

(ハ) 遊女屋場合。そこに部屋持っている遊女をもいう。

雑俳川柳万句合宝暦一二(1762)三「二階からまねくとはうそしがみ付き


二階

作者松本清張

収載図書松本清張傑作総集 1
出版社新潮社
刊行年月1993.10

収載図書黒地の絵 49改版
出版社新潮社
刊行年月2003.5
シリーズ名新潮文庫

収載図書危険な斜面 新装
出版社文藝春秋
刊行年月2007.11
シリーズ名文春文庫


二階

読み方:にかい

  1. 簪。〔第二類 人物風俗
  2. 簪。簪を他の隠語にて「お軽」といひ、それより二階の「お軽」を連想していつたもの。
  3. 簪。簪を他の隠語で「お軽」といいそれより二階の「お軽」を連想ていったもの。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

二階

読み方
二階にかい
二階にしな
二階ふたはし

二階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 17:20 UTC 版)

二階(にかい)




「二階」の続きの解説一覧



二階と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二階」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

二階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS