壁紙とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 壁紙の意味・解説 

かべ‐がみ【壁紙】

読み方:かべがみ

壁面装飾または補強のために室内壁面貼る紙。

パソコンデスクトップスマートホンなどの背景画像携帯電話待ち受け画面のこともいう。デスクトップピクチャー。


壁紙

ソフトウェアのほかの用語一覧
UI:  没入感  フロントエンド  iris  壁紙  マルチユーザー  マルチデスクトップ  NUI

壁紙

ビニール壁紙、織物壁紙、紙壁紙、無機質壁紙などの他、再生可能植物原料とした壁紙などもある。壁紙の品質規定にはISMイズム規定や、RALラル基準エコマークSV規格などがある。→ISM規定RAL基準エコマーク

壁紙

作者小川勝己

収載図書あなたまにあ
出版社実業之日本社
刊行年月2004.10


壁紙

作者金堀常美

収載図書真夜中ココア
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


壁紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 20:44 UTC 版)

壁紙(かべがみ、: Wallpaper)とは、建築物において天井の内装仕上材として用いられるやビニル(合成樹脂)でできたシート。おもに、下地の保護や装飾などを目的とし、内壁下地材の表面に接着剤を用いて貼り付ける。近年ではシックハウス対策として、ホルムアルデヒドを飛散しにくい接着剤への転換が進んでいる。一般には「壁紙」と呼ばれるが、天井に貼ることも多いため、建築業界では「クロス」(Cloth)と呼ぶこともある。




「壁紙」の続きの解説一覧

壁紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 02:12 UTC 版)

月姫PLUS-DISC」の記事における「壁紙」の解説

PLUS+DISC』では数多く作家によって描かれた壁紙が収録また、月箱』のパッケージ使用されている絵も壁紙として収録されている。

※この「壁紙」の解説は、「月姫PLUS-DISC」の解説の一部です。
「壁紙」を含む「月姫PLUS-DISC」の記事については、「月姫PLUS-DISC」の概要を参照ください。


壁紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 14:05 UTC 版)

旧池田氏庭園」の記事における「壁紙」の解説

金唐革紙参照1階 食堂音楽室「THE EARLY SPRING早春)」 2階 食堂「THE ISPHAHAN(唐花)」

※この「壁紙」の解説は、「旧池田氏庭園」の解説の一部です。
「壁紙」を含む「旧池田氏庭園」の記事については、「旧池田氏庭園」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「壁紙」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

壁紙

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 13:19 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. かべがみ参照

「壁紙」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



壁紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

壁紙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



壁紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ壁紙の記事を利用しております。
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの壁紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの月姫PLUS-DISC (改訂履歴)、旧池田氏庭園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの壁紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS