座敷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 座敷 > 座敷の意味・解説 

ざ‐しき【座敷】

読み方:ざしき

畳を敷きつめ部屋。特に、客間。「お客を—に通す」

宴会の席。酒席また、酒席での応対。「—が長引く」「—を取り持つ」「—をつとめる」

芸者芸人などが招かれる酒席。「お—が掛かる」→御座敷(おざしき)

しとね・円座上げ畳など、すわるための座を敷くこと。また、そのようにした場所。通常の板敷きに対していう。

「御—に高く座を構へて」〈沙石集・九〉


座敷

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


座敷

読み方:ざしき

  1. 監房。〔第五類 一般建物
  2. 監房を云ふ。
  3. 監房のこと。

座敷

読み方:ざしき

  1. (一)宴会等のとりもちのこと。「彼の芸者は-がうまい」。(二)来客等の対談時間を云ふ。「-が長い」。
  2. 芸妓などが客より招かるる事。
  3. 芸者などが客に呼ばれて出る宴席を云ふ。普通二時間を一座敷と定め一座敷を二本とか三本とか定めて玉代をとるのである此の一座限り帰る場合を「平座敷」といつてゐる。
  4. (一)招かれて行く酒席(二)雇われて行く余興

分類 東京花柳界芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

座敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 13:50 UTC 版)

座敷(ざしき)は、日本における居住空間の呼称の一つであり、以下に示すような複数の語義がある。




  1. ^ 貸(し)座敷(読み)カシザシキコトバンク
  2. ^ 家系と家屋、両方の意。


「座敷」の続きの解説一覧

座敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/21 23:53 UTC 版)

怪談 (小池真理子の小説)」の記事における「座敷」の解説

6月ある日和代友人真由美の住む、数寄屋造り屋敷訪れる。和代真由美から博史の死に関する話をきいた後、帰宅した豊次郎と稔に挨拶をする。そして、和代2人だけになったとき、真由美は「きいてほしいことがあるの」と、ある話を切り出す

※この「座敷」の解説は、「怪談 (小池真理子の小説)」の解説の一部です。
「座敷」を含む「怪談 (小池真理子の小説)」の記事については、「怪談 (小池真理子の小説)」の概要を参照ください。


座敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/21 23:53 UTC 版)

怪談 (小池真理子の小説)」の記事における「座敷」の解説

真由美 36歳和代友人和代 女性保険会社勤務サト 使用人郷田博史(ごうだ ひろし) 真由美の夫。 稔(みのる) 博史と真由美長男豊次郎(とよじろう) 博史の弟。

※この「座敷」の解説は、「怪談 (小池真理子の小説)」の解説の一部です。
「座敷」を含む「怪談 (小池真理子の小説)」の記事については、「怪談 (小池真理子の小説)」の概要を参照ください。


座敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 01:31 UTC 版)

日本の食事作法」の記事における「座敷」の解説

座敷など座布団の上に座る場所で食事などでは、座る位置その場の上下関係(ヒエラルキー)を暗に示している(→上座)。多くの場合では、入り口から最も遠く床の間という掛軸生け花飾ってある場所が上座」とよばれ、一番目上の人大切なゲスト座る位置である。また座布団を足で踏むのはかなり失礼な行為となる。仕事ビジネス上でトラブル避けるためには、案内する者に名刺などを渡して案内され示された所に座る。 畳が敷いてある場所では履物(靴・サンダル・スリッパ)を脱ぐ。一方で靴下足袋脱がない。これは畳の上履物を穿くのは葬儀中の死者以外におらず縁起が悪いこととされるためであるこのほか障子や襖の敷居(しきい:障子や襖が移動する木でできたレール)を踏むのも無作法とされるので、意識してまたぎ越えるようにする。この理由は、敷居繋がって家の構造となっているので、敷居を踏むと家が傷むからである敷居部屋廊下境目になっている部分にある。

※この「座敷」の解説は、「日本の食事作法」の解説の一部です。
「座敷」を含む「日本の食事作法」の記事については、「日本の食事作法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「座敷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「座敷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



座敷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

座敷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



座敷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの座敷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの怪談 (小池真理子の小説) (改訂履歴)、日本の食事作法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS