鎌倉とは? わかりやすく解説

かまくら【鎌倉】

読み方:かまくら

神奈川県南東部の市。南は相模(さがみ)湾に面し三方丘陵や谷が多い。鎌倉幕府置かれた地で、幕府跡・鶴岡八幡宮建長寺円覚寺長谷(はせ)の大仏長谷観音などの史跡社寺文化財が多い。由比ヶ浜(ゆいがはま)・材木座海岸海水浴場住宅地人口17.42010)。


鎌倉

作者三木卓

収載図書街物語
出版社朝日新聞社
刊行年月2000.9


鎌倉

作者稲毛

収載図書古書ハンター
出版社青弓社
刊行年月2003.2


鎌倉

読み方:カマクラkamakura

初演 享保4.1(京・大和山座)


鎌倉


鎌倉


鎌倉


鎌倉

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鎌倉

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鎌倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 05:25 UTC 版)

座標: 北緯35度19分07.7秒 東経139度33分06.9秒 / 北緯35.318806度 東経139.551917度 / 35.318806; 139.551917


注釈

  1. ^ 1185年(文治元年)、1192年(建久3年)説など複数の見解がある。

出典

  1. ^ a b c d e 精選版 日本国語大辞典 「鎌倉」
  2. ^ a b c d 旺文社日本史事典 三訂版 【鎌倉】
  3. ^ a b 赤星 1959.
  4. ^ a b 赤星 1972.
  5. ^ a b 平井ほか 1980, pp. 335–336.
  6. ^ 「国指定史跡 名越切通」逗子市公式HP
  7. ^ a b 齋藤 2006, pp. 184–185.
  8. ^ 岡 2004, pp. 41–64.
  9. ^ 「鎌倉の埋蔵文化財シリーズ」より鎌倉市公式HP
  10. ^ 「鎌倉市周知の埋蔵文化財包蔵地一覧」鎌倉市公式HP
  11. ^ 「鎌倉市遺跡地図について」鎌倉市公式HP
  12. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, pp. 17–25.
  13. ^ 鎌倉市教育委員会 1998, p. 3.
  14. ^ 鎌倉市教育委員会 2001, p. 3.
  15. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, pp. 26–27.
  16. ^ 赤星 1959, pp. 84–88.
  17. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, pp. 32–33.
  18. ^ 埋蔵文化財センター(横浜市)『埋文よこはま31』(2015年)1-3ページ
  19. ^ 埋蔵文化財センター(横浜市)『栄区の重要遺跡』(2015年)20-30ページ
  20. ^ 栄区横穴墓探訪記(1)”. 埋蔵文化財センター(横浜市). 2022年1月9日閲覧。
  21. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, p. 44.
  22. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, pp. 50–53.
  23. ^ a b 鎌倉歴史文化交流館 2021, p. 59.
  24. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, pp. 56–57.
  25. ^ 黒田智 著「『鎌倉』と鎌足」、鎌倉遺文研究会 編『鎌倉期社会と史料論』東京堂出版〈鎌倉遺文研究3〉、2002年。ISBN 978-4-490-20469-8 
  26. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, p. 50.
  27. ^ 川合康『院政期武士社会と鎌倉幕府』吉川弘文館、2019年、78-80・267-268頁。ISBN 978-4-642-02954-4 
  28. ^ a b 福島金治 著「鶴岡八幡宮の成立と鎌倉生源寺・江ノ島」、地方史研究協議会 編『都市・近郊の信仰と遊山・観光 交流と引用』雄山閣、1999年、24-37頁。ISBN 4-639-01640-9 
  29. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021, p. 14.
  30. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021.
  31. ^ 松葉 2018, pp. 6–10.
  32. ^ 高橋 2005, p. 13.
  33. ^ 鎌倉市教育委員会 1998, pp. 10–11.
  34. ^ 『風俗文選(森川許六 選)・和漢文操(各務支考 編)・鶉衣(横井也有 著)』藤井紫影、武笠三諸 校訂、有朋堂書店(有朋堂文庫)1918年(大正7年)30頁
  35. ^ 鎌倉ペンクラブとは|鎌倉ペンクラブ”. kamakurapen.club. 2019年6月2日閲覧。
  36. ^ これまでの活動|鎌倉ペンクラブ”. kamakurapen.club. 2019年6月2日閲覧。
  37. ^ 「ミュージアムについて」(鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム公式サイト)(2019年6月23日閲覧)
  38. ^ 吉屋信子記念館(鎌倉市サイト)
  39. ^ 観るなび(日本観光振興協会)
  40. ^ 旧華頂宮邸(鎌倉市サイト)
  41. ^ 「扇湖山荘庭園公開」(鎌倉市観光協会)



鎌倉(かまくら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 21:14 UTC 版)

矢代田村」の記事における「鎌倉(かまくら)」の解説

1889年明治22年)まであった鎌倉新田区域現在の新潟市秋葉区鎌倉。

※この「鎌倉(かまくら)」の解説は、「矢代田村」の解説の一部です。
「鎌倉(かまくら)」を含む「矢代田村」の記事については、「矢代田村」の概要を参照ください。


鎌倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 15:25 UTC 版)

アンゴルモア 元寇合戦記」の記事における「鎌倉」の解説

北条時宗ほうじょう ときむね幕府執権柔弱に見せてしたたかな人物名越時章(なごえ ときあき) 声 - 楠見尚己 北条家一族。迅三郎親しかった二月騒動倒れる。 名越公時(なごえ きみとき) 声 - 杉崎亮 大蔵頼季おおくら よりすえ) 声 - 仲野裕 執権御内人

※この「鎌倉」の解説は、「アンゴルモア 元寇合戦記」の解説の一部です。
「鎌倉」を含む「アンゴルモア 元寇合戦記」の記事については、「アンゴルモア 元寇合戦記」の概要を参照ください。


鎌倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 09:16 UTC 版)

近代以前の日本の都市人口統計」の記事における「鎌倉」の解説

中世の鎌倉の人口明記した文献存在しないが、『鎌倉年代記裏書』によると永仁元年1293年)の地震で23024人が死亡していることから、最低23000人の人口が鎌倉にはいたことになる。

※この「鎌倉」の解説は、「近代以前の日本の都市人口統計」の解説の一部です。
「鎌倉」を含む「近代以前の日本の都市人口統計」の記事については、「近代以前の日本の都市人口統計」の概要を参照ください。


鎌倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 05:58 UTC 版)

コードギアス 反逆のルルーシュ」の記事における「鎌倉」の解説

亡国のアキト』の冒頭舞台2010年時点では大仏像と海のある観光地だったが、ブリタニア日本侵略時に爆撃機編隊一斉発射したミサイルによって広範囲焼き払われた。小説版該当箇所では、ミサイル攻撃民間人が住む区画含んだ無差別攻撃であり、「本来の目標である軍事施設狙い損ねた誤射誤爆」という形で一応の体裁整えられている。また、史実同様に源頼朝によって鎌倉幕府成立したことを示唆する描写がある。

※この「鎌倉」の解説は、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の解説の一部です。
「鎌倉」を含む「コードギアス 反逆のルルーシュ」の記事については、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鎌倉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鎌倉

出典:『Wiktionary』 (2018/04/07 05:21 UTC 版)

語源

固有名詞

かまくら

  1. 神奈川県南東部位置する古都をさす地名
    1. 上記土地において執政した征夷大将軍またはその幕府鎌倉幕府
    2. 上記土地幕府がおかれた時期鎌倉時代鎌倉期
  2. 1の地名元にした苗字鎌倉氏

「鎌倉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鎌倉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鎌倉」の関連用語

鎌倉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎌倉のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎌倉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの矢代田村 (改訂履歴)、アンゴルモア 元寇合戦記 (改訂履歴)、近代以前の日本の都市人口統計 (改訂履歴)、コードギアス 反逆のルルーシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鎌倉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS