棟梁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > > 棟梁の意味・解説 

とう‐りょう〔‐リヤウ〕【棟×梁】

読み方:とうりょう

建物の棟(むね)と(はり)。

《棟とは家を支え重要な部分であるところから

一族一門統率者集団のかしら。頭領また、一国支え重職

仏法守り広め重要な地位また、その人

大工親方


棟梁

読み方:トウリョウ(touryou)

棟と


棟梁

読み方:トウリョウ(touryou)

集団における統率者


棟梁

作者江坂遊

収載図書仕掛け花火
出版社講談社
刊行年月1992.12
シリーズ名講談社ノベルス

収載図書仕掛け花火―綾辻・有栖川復刊セレクション
出版社講談社
刊行年月2007.11
シリーズ名講談社ノベルス


棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 03:37 UTC 版)

棟梁(とうりょう)は、組織仕事を束ねる中心的人物である。


  1. ^ 小池 2015, p. 85.
  2. ^ 小池 2015, p. 86.
  3. ^ a b 棟梁送り建築用語集 タクミホームズ
  4. ^ a b 棟梁送(読み)とうりょうおくりコトバンク
  5. ^ 『民家と風土』小林昌人、岩崎美術社, 1985年、p316
  6. ^ 破魔矢建築用語集、タクミホーム
  7. ^ 幣串建築用語集、タクミホーム
  8. ^ 『太田市史: 通史編. 民俗』太田市、1984年、p528
  9. ^ ダイクオクリ トウリヤウオクリ『居住習俗語彙』柳田国男, 山口貞夫 共編 (民間伝承の会, 1939)


「棟梁」の続きの解説一覧

棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:58 UTC 版)

サザエさんの登場人物」の記事における「棟梁」の解説

声 - 不明1969年12月7日 - 不明)→伊井篤史佐々木梅治2022年6月5日初登場は「先生走る12月」(作品No.0028、1969年12月7日放送)。 磯野家家屋修繕任されている大工昔ながら職人気質で、「職人仕事目立ってはいけない」が信条正義感が強い。

※この「棟梁」の解説は、「サザエさんの登場人物」の解説の一部です。
「棟梁」を含む「サザエさんの登場人物」の記事については、「サザエさんの登場人物」の概要を参照ください。


棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 22:14 UTC 版)

ウルトラ怪獣擬人化計画」の記事における「棟梁」の解説

初登場第32話第2巻)。東京建設業を営む老人本名不明。かつて北川町メトロン星人アパート建てた人物で、そのことから宇宙人慣れしている。田町で妻と飼い犬マリ暮らしている。

※この「棟梁」の解説は、「ウルトラ怪獣擬人化計画」の解説の一部です。
「棟梁」を含む「ウルトラ怪獣擬人化計画」の記事については、「ウルトラ怪獣擬人化計画」の概要を参照ください。


棟梁(とうりょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:23 UTC 版)

神獄塔 メアリスケルター」の記事における「棟梁(とうりょう)」の解説

整備班班長年齢50代後半

※この「棟梁(とうりょう)」の解説は、「神獄塔 メアリスケルター」の解説の一部です。
「棟梁(とうりょう)」を含む「神獄塔 メアリスケルター」の記事については、「神獄塔 メアリスケルター」の概要を参照ください。


棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 08:55 UTC 版)

当て屋の椿の登場人物」の記事における「棟梁」の解説

大工の棟梁務め大柄な男性

※この「棟梁」の解説は、「当て屋の椿の登場人物」の解説の一部です。
「棟梁」を含む「当て屋の椿の登場人物」の記事については、「当て屋の椿の登場人物」の概要を参照ください。


棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 00:42 UTC 版)

大工」の記事における「棟梁」の解説

詳細は「棟梁」を参照 棟梁(とうりょう)は大工職長親方木造建築物采配を行う責任者日本建築屋根の重要部材(棟とが主)は親方墨付けし、棟上げ式の長でもあることからそう呼ばれる日本でも明治期建築家養成されるまでは建築設計士であり現場監督であり積算者であり渉外者であり職人であり経営者でありそれらを全て兼ね備えた者を指す。

※この「棟梁」の解説は、「大工」の解説の一部です。
「棟梁」を含む「大工」の記事については、「大工」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「棟梁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「棟梁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



棟梁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「棟梁」の関連用語

棟梁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



棟梁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棟梁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサザエさんの登場人物 (改訂履歴)、ウルトラ怪獣擬人化計画 (改訂履歴)、神獄塔 メアリスケルター (改訂履歴)、当て屋の椿の登場人物 (改訂履歴)、大工 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS