破魔矢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > 破魔矢の意味・解説 

破魔矢

読み方:ハマヤ(hamaya)

破魔弓につがえて放つ


破魔矢

読み方:ハマヤ(hamaya)

神社正月縁起物として出す矢。


はまや 【破魔矢】

破魔弓(魔を破除するという神事用の弓)につがえて放つ矢。正月縁起物ともされ神社で出す。また、棟上式に、この弓矢を飾る。

破魔矢(はまや)・破魔弓(はまゆみ)について

破魔矢(はまや)・破魔弓(はまゆみ)元々は武家風習で、戦場赴く前に武運長久祈願して神社甲冑刀・槍弓矢などを奉納した際、参拝した神社から守護神ご加護の証として模擬弓矢いただき、これを戦場で御守護として奉ったことが発祥由来と言われています。

江戸時代後期には一般庶民の間にも広がり男児成長祈願して神社参拝した際に、破魔矢と破魔弓セットしたものを授かったとされています。明治以降は、魔を射り破るという意味合いから魔除け弓矢と言われ、現在では主に初詣神社参拝した際に、「開運厄除家運隆昌」を祈願して破魔矢を持ち帰り神棚立て祀ります。神棚のない家は、玄関の扉の内側上部取り付けて「厄い封じ」として用いるのも良いとされています。

通常購入1年経過すると効力を失うとされて買い替えるのが一般的ですが、古いものは次年正月初詣機会にでも神社持参して焼却してもらいます。


破魔矢

作者吉村昭

収載図書メロンと鳩
出版社講談社
刊行年月1989.8
シリーズ名講談社文庫

収載図書吉村昭自選作品集14炎のなかの休暇月下美人
出版社新潮社
刊行年月1991.11

収載図書メロンと鳩
出版社文芸春秋
刊行年月1998.4
シリーズ名文春文庫


破魔矢

読み方:ハマヤ(hamaya)

破魔射るため破魔弓につがえて放つ矢。今は正月縁起物としている

季節 新年

分類 人事


破魔矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/12 13:55 UTC 版)

破魔矢(はまや)とは、正月縁起物神具として神社寺院で授与されるである。破魔弓(はまゆみ)と呼ばれるとセットにすることもある。




「破魔矢」の続きの解説一覧



破魔矢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「破魔矢」の関連用語

破魔矢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



破魔矢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2018
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破魔矢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS