第14巻とは? わかりやすく解説

第14巻(第7話 - 第14話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第14巻(第7話 - 第14話)」の解説

陸は乃薔薇による手配牡丹結ばれ、怜人は冰冰から送られ書物能力回復の手がかりを見い出す。乃薔薇は陸たちをさらなるメイティング誘おう沖縄連れ出し、そこを訪れていた麗亜と朱音ひまわり百合愛とのビーチバレー勝負経て、「捜し物を始める。陸がひまわりとも結ばれた夜、翔太花蓮はNOSEXへの対策に怜人を使おう画策し東京にて政府預かり処遇置いている彼のもとへ、ちふゆを派遣する。NOSEXの特効薬開発必要なハブを麗亜と朱音持ち帰った後、怜人はかつて健康な臓器美来移植して死去した絵理沙のためにも、美来求婚して子作り約束したうえで日本各地への出張臨み美来は怜人の帰還待ち続けることを誓う。

※この「第14巻(第7話 - 第14話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第14巻(第7話 - 第14話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第14巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:14 UTC 版)

異世界はスマートフォンとともに。」の記事における「第14巻」の解説

裏世界変異種現れ表世界からの転移者発生したことが分かる神様呼び出され冬夜は、表世界裏世界融合して神様の手離れること、神の手離れた世界消滅させる可能性があるが、冬夜邪神討伐すれば冬夜上級神認め融合した世界管理任されることを告げられる世界管理重荷感じて自室考え込んでいた冬夜であったが、ユミナ励まし腹を決める

※この「第14巻」の解説は、「異世界はスマートフォンとともに。」の解説の一部です。
「第14巻」を含む「異世界はスマートフォンとともに。」の記事については、「異世界はスマートフォンとともに。」の概要を参照ください。


第14巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 23:28 UTC 版)

終わりのセラフ」の記事における「第14巻」の解説

拷問官である第五始祖キ・ルクを倒すべく訓練をするため、大阪フェリド邸に来た優一郎達であったが、その地下殺された百夜孤児院の子供たちや、鳴海隊の仲間さらには1000年前クローリー知人といった死体保管されていることを知る。

※この「第14巻」の解説は、「終わりのセラフ」の解説の一部です。
「第14巻」を含む「終わりのセラフ」の記事については、「終わりのセラフ」の概要を参照ください。


第14巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 17:13 UTC 版)

シビュラの託宣」の記事における「第14巻」の解説

361行から成る第14巻は、『シビュラの託宣全体の中でも最も曖昧で説明しがたいとも言われる前半には4世紀皇帝であるディオクレティアヌステオドシウスの名前が織り込まれているとされるが、主張されている歴史的事件現実日付対応しておらず、詩人明らかに自身の想像に従っている。そもそも本当にローマ皇帝対応する記述なのかどうか自体議論があり、解釈によっては、どんな早くとも7世紀以降の成立とされることもある。

※この「第14巻」の解説は、「シビュラの託宣」の解説の一部です。
「第14巻」を含む「シビュラの託宣」の記事については、「シビュラの託宣」の概要を参照ください。


第14巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:25 UTC 版)

オヤマ! 菊之助」の記事における「第14巻」の解説

ボニータ・ルイ 日本文化堪能なブラジル人。サンバコンテストで優勝を狙うため、菊之助の褌を盗む。 胸にぶら下げた五円玉催眠術優勝を狙うことを菊之助から提案され動き解すためと胸揉まれるコンテスト当日は振り回した五円玉他の出場者軒並みノックアウトさせて見事優勝する。第129話のみの登場フリントン アメリカ大統領職務などの悩みホワイトハウス抜け出してグランドキャニオンバカンスをしていた。第130話のみの登場アン・シャーリィ 妄想癖のあるイギリス人少女髪の毛は黒いが、陰毛赤毛らしい。第131話のみの登場クリス スペイン人闘牛士として伸び悩む恋人ベルモンテ頭を悩ませている。 ベルモンテ奮起させよう菊之助闘牛ごっこをするが、赤いパンティ見て興奮した菊之助牛の角見立てた指で両乳首責められる第133話のみの登場ベルモンテ スペイン人闘牛士としての素質あるものの、牛に対して非情になれず伸び悩んでいる。 牛になりきってクリス責め菊之助見て牛への怒り爆発し以降はに対して過剰なまでの闘争心むき出しにするようになった第133話のみの登場リンダ・ゲルトハイマー、エリザ・ゲルトハイマー ソーセージ工場経営するドイツ人双子社長18歳二人共ソーセージドイツ人の魂と言うほど愛しているが、お互い意見合わず喧嘩ばかりしている。 姉妹共々菊之助緊縛されて口にソーセージ突っ込まれ股間にも挿入されと思われる描写がある。第134話のみの登場エヴァ イタリア人ルチアーノのことが大好きだが、からかわれ心にも無い悪口言ってしまった後悔から真実の口噛み付いもらおうとしていた。 菊之助お手製真実の口中に入れられ、そうとは知らないルチアーノ口内、胸、股間手足責められてしまい、最後乳首摘まれて反射的に彼の手噛んでしまった。第136話のみの登場ルチアーノ イタリア人サッカー選手ポジションゴールキーパー目立ちたがり失点が多い。第136話のみの登場セーラ・イライザ オリエント急行で夫チャールズ新婚旅行中の新妻。気が強く前時代的非合理的ナンセンス)なものを嫌う性格チャールズ愛しているものの、親同士決めた政略結婚非合理的なものとして受け入れることができず、素直になれないでいる。 チャールズとの仲を取り持とうとする菊之助に「非合理こそが贅の神髄」と説かれながら、アルプス山脈例え乳首耳かき梵天責められドーバー海峡例えパンティ引っ張られ女性器をほぼ丸出し股間責められながら胸も揉まれる最後快感耐えられず大きな嬌声上げてしまうも、チャールズ泥酔して寝ていたため聞かれずに済んだ。第137話のみの登場チャールズ・イライザ セーラの夫。温和だ気弱な性格政略結婚納得できないセーラ振り回されるが、彼女のことを心から愛している。 菊之助自分の代わりに結婚指輪渡してほしいと頼む。第137話のみの登場ブライミ 中東ワディ周辺の過激派組織束ねる女傑で、顔に大きな傷のある美女伝説の勇者の証である「聖者の剣」を抜いた噂されており、密造酒製造するワディ救世主祭り上げられ菊之助対峙する菊之助ペース飲まれ乳首しゃぶられるが、村中充満した酒の匂い酔っ払い菊之助聖者の剣激しく上下に引っ張って抜くことに成功する戦い終わった菊之助ブライミ虜になり一味加わろうとしていた。第138話のみの登場

※この「第14巻」の解説は、「オヤマ! 菊之助」の解説の一部です。
「第14巻」を含む「オヤマ! 菊之助」の記事については、「オヤマ! 菊之助」の概要を参照ください。


第14巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:51 UTC 版)

りゅうおうのおしごと!」の記事における「第14巻」の解説

銀子プロ棋士としてのデビュー戦竜王戦決定相手は、自身以上の将棋の才を持つ女流帝位祭神だった。

※この「第14巻」の解説は、「りゅうおうのおしごと!」の解説の一部です。
「第14巻」を含む「りゅうおうのおしごと!」の記事については、「りゅうおうのおしごと!」の概要を参照ください。


第14巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:34 UTC 版)

とある魔術の禁書目録」の記事における「第14巻」の解説

10月7日学園都市ローマ正教対立あらわになり、世界中でローマ正教徒による科学サイドへの大規模デモ起こっていた。そんなこととは無関係に学園生活送っていた上条は、統括理事会メンバー親船最中の命を掛けた協力頼まれる

※この「第14巻」の解説は、「とある魔術の禁書目録」の解説の一部です。
「第14巻」を含む「とある魔術の禁書目録」の記事については、「とある魔術の禁書目録」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第14巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第14巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第14巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、異世界はスマートフォンとともに。 (改訂履歴)、終わりのセラフ (改訂履歴)、シビュラの託宣 (改訂履歴)、オヤマ! 菊之助 (改訂履歴)、りゅうおうのおしごと! (改訂履歴)、とある魔術の禁書目録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS