始祖とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 始祖の意味・解説 

し‐そ【始祖】

読み方:しそ

【一】

ある家系最初の人。「徳川家の—」

ある物事最初に始めた人。創始者元祖。「流派の—」

【二】禅宗で、達磨(だるま)大師の称。


開祖

(始祖 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 08:29 UTC 版)

開祖(かいそ)とは、学問・学芸上の流派宗教の創始者。


  1. ^ historicity disputed but widely considered plausible. Gosta W. Ahlstrom argues the inconsistencies of the biblical tradition are insufficient to say that Ezra, with his central position as the 'father of Judaism' in the Jewish tradition, has been a later literary invention. (The History of Ancient Palestine, Fortress Press, p.888)
  2. ^ The teaching of the traditional "founding father" of a "heresy" is may well have differed greatly from the contents of the heresy as generally understood. For references see following notes.
  3. ^ Acc. to Rowan Williams, 'Arianism' was essentially a polemical creation of Athanasius in an attempt to show that the different alternatives to the Nicene Creed collapsed back into some form of Arius' teaching. (Arius, SCM (2001) p.247)
  4. ^ Pelagius' thought was one sided and an inadequate interpretation of Christianity, but his disciples, Celestius and, to a greater extent, Julian of Eclanum pushed his ideas to extremes.(Kelly, J.N.D. Early Christian Doctrines A & C. Black (1965) p.361) Pelagius himself was declared orthodox by the synod of Diospolis in 415, after repudiating some of Celestius' opinions. (Frend, W.H.C. Saints and Sinners in the Early Church DLT (1985) p.133)
  5. ^ Nestorius specifically endorsed the repudiation of "Nestorianism" reached at Chalcedon in 451 (Prestige, G.L. Fathers and Heretics SPCK (1963) p.130)
  6. ^ Monophysitism represents an advanced type of Alexandrian Theology; it emerged in a distinctive form in 433 as a result of the agreement between John of Antioch and Cyril of Alexandria. The exaggerated form held by Eutyches was condemned in 451 by the Council of Chalcedon. In its moderate forms the divergence from orthodoxy may be simply terminological. Alexandrian Theology stressed both divine transcendence and a marked dualism between the material and the spiritual and so tended to nullify the humanity of Christ.(Cross & Livingstone. The Oxford Dictionary of the Christian Church (1974) arts. Monophysitism, Alexandrian Theology)
  1. ^ a b c 宮本要太郎 櫻井義秀 ・平藤喜久子(編)「教祖」 『よくわかる宗教学』 ミネルヴァ書房 <やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ> 2015年、ISBN 9784623072750pp.30-31.
  2. ^ Hornung, Erik (1999). Akhenaten and the Religion of Light. Cornell University Press. ISBN 978-0-8014-8725-5. https://archive.org/details/akhenatenreligio00horn 
  3. ^ Melton 2003, p. 191.
  4. ^ Zimmer 1953, p. 183.
  5. ^ Fisher, Mary Pat (1997). Living Religions: An Encyclopedia of the World's Faiths. London: I.B.Tauris. ISBN 978-1-86064-148-0  p. 115
  6. ^ Parshvanatha.
  7. ^ Bowker, John. Parsva. Oxford Reference Online. Oxford University Press. ISBN 9780192800947
  8. ^ The History of the Jains.
  9. ^ Radhakrishnan & Moore 1957, pp. 227–249
  10. ^ John M. Koller (1977), Skepticism in Early Indian Thought, Philosophy East and West, 27(2): 155-164
  11. ^ Dale Riepe (1996), Naturalistic Tradition in Indian Thought, Motilal Banarsidass, ISBN 978-8120812932, pages 53-58
  12. ^ Upinder Singh 2016, p. 313.
  13. ^ Zimmer 1953, p. 222.
  14. ^ "Mahavira." Britannica Concise Encyclopedia. Encyclopædia Britannica, Inc., 2006. Answers.com 28 Nov. 2009. http://www.answers.com/topic/mahavira
  15. ^ Hugan, Yong (2013). Confucius: A Guide for the Perplexed. A&C Black. p. 3. ISBN 9781441196538. オリジナルの2017-04-16時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170416224536/https://books.google.com/books?id=1R9MAQAAQBAJ&pg=PA4 
  16. ^ Riegel 2002.
  17. ^ James Lochtefeld, "Ajivika", The Illustrated Encyclopedia of Hinduism, Vol. 1: A–M, Rosen Publishing. ISBN 978-0823931798, page 22
  18. ^ Brueggemann 2002, pp. 75, 144.
  19. ^ Bevan, Edwyn (1 January 1999). Stoics and Sceptics: Four Lectures Delivered in Oxford During Hilary Term 1913 for the Common University Fund. Adegi Graphics LLC. ISBN 978-0-543-98288-9. https://books.google.com/books?id=M8R1OzqNS20C&pg=PA15 
  20. ^ Ramayana | Summary, Characters, & Facts” (英語). Encyclopedia Britannica. 2020年8月12日閲覧。
  21. ^ "Plotinus." The Columbia Electronic Encyclopedia, Sixth Edition. Columbia University Press, 2003.
  22. ^ "Plotinus." The Concise Oxford Companion to Classical Literature. Oxford University Press, 1993, 2003.
  23. ^ Bilolo, M.: La notion de « l’Un » dans les Ennéades de Plotin et dans les Hymnes thébains. Contribution à l’étude des sources égyptiennes du néo-platonisme. In: D. Kessler, R. Schulz (Eds.), "Gedenkschrift für Winfried Barta ḥtp dj n ḥzj" (Münchner Ägyptologische Untersuchungen, Bd. 4), Frankfurt; Berlin; Bern; New York; Paris; Wien: Peter Lang, 1995, pp. 67–91.
  24. ^ Oxford Dictionary of National Biography.
  25. ^ Daibhi O Croinin, Early Medieval Ireland 400-1200 (2013), p. 206.
  26. ^ AḤSĀʾĪ, SHAIKH AḤMAD – Encyclopaedia Iranica”. www.iranicaonline.org. 2020年10月16日閲覧。
  27. ^ Individualism and the Mystical Path in Shaykh Ahmad al-Ahsa'i”. www.h-net.org. 2020年10月16日閲覧。
  28. ^ Shaykhism” (英語). Oxford Bibliographies. 2020年10月16日閲覧。
  29. ^ SHAYKHISM – Encyclopaedia Iranica”. www.iranicaonline.org. 2020年10月16日閲覧。
  30. ^ Smith and Prokopy 2003, p. 279-280.
  31. ^ See:
  32. ^ Beit-Hallahmi 1998, p. 365.
  33. ^ Melton 2003, p. 1051.
  34. ^ Beit-Hallahmi 1998, p. 97.


「開祖」の続きの解説一覧

始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 09:39 UTC 版)

BLACK BLOOD BROTHERS」の記事における「始祖」の解説

ひとつの血統大元となった吸血鬼を「始祖(ソース・ブラッド)」と呼ぶ他の吸血鬼凌ぐ強力な力を有し転化世代が始祖に近い吸血鬼そうでない吸血鬼よりも強い力を持つ。特に始祖から直接血を与えられた者は「直系」、直系から血を与えられた者は「三世」と呼ばれ血統の中でも特に強力な力を持つまた、始祖は吸血鬼にとって(たとえ異な血統の始祖でも)神に等しい存在であり、生きた年月や力の強弱とは違った意味で次元の違う存在。始祖の中には死んだ後自身の遺灰から転生する者がいるが、これは始祖のみの特性であり、転化によって遺伝はしない。 始祖は誰か転化させられるではなくある日突然人間から始祖へと転化する本編中、始祖とは、ある人間が抱える「問い」や「願い」世界の「脈動」と合致した瞬間本人意思に関わらず吸血鬼として変化したものである語られる。始祖が持つ能力特性宿命などは始祖の「問い」や「願い」具現化したものであり、これらの問い」や「願い」各々異なるため、生まれた始祖は1人として同じ性質持つ者にはならない。ゆえに、始祖から派生した全ての吸血鬼は、血統により異な特性を持つ。

※この「始祖」の解説は、「BLACK BLOOD BROTHERS」の解説の一部です。
「始祖」を含む「BLACK BLOOD BROTHERS」の記事については、「BLACK BLOOD BROTHERS」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 16:31 UTC 版)

孕石氏」の記事における「始祖」の解説

原光頼の子高が1439年永享11年)、永享の乱足利持氏追討加わり戦功立てたので、遠江国原田荘を与えられ孕石住して孕石氏称す嘉吉年間1441年 - 1443年)、遠江国孕石館を築く。

※この「始祖」の解説は、「孕石氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「孕石氏」の記事については、「孕石氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:15 UTC 版)

大神氏」の記事における「始祖」の解説

『古事記』では大物主大神5世孫である意富多多泥古(オホタタネコ)は神君および君(のちの賀茂朝臣氏)の祖と記されており、『日本書紀』でも神代第八段、一書異伝)に大三神の子甘茂君・三輪君などと記されている。また巻第五崇神天皇8年12月条にも、大物主神の子大田田根子(オホタタネコ)は今の三輪君などの祖であると記述されている。 これら史料から、三輪氏大物主神後裔として、その祖神祭祀司る有力氏族であったことがわかる。ただし『日本書紀』や『先代旧事本紀』では事代主神の子孫も三輪氏となっている。 『新撰姓氏録大和国神別三輪氏は素佐能雄命の6世孫の大国主神後裔とする。

※この「始祖」の解説は、「大神氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「大神氏」の記事については、「大神氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:13 UTC 版)

千切屋」の記事における「始祖」の解説

西村与三右衛門貞喜(1533-1604)は江州甲賀郡西村の里(滋賀県甲賀市水口)に生まれ弘治年間(1555-1558)に京に上り三条室町西入るの北側店舗設けて千切屋」と称し妻の実家織物業であった縁から金襴袈裟法衣等の裂地仕立て販売を始めた。本家である与三右衛門家は、江戸時代初期に烏丸饅頭屋町転居した。

※この「始祖」の解説は、「千切屋」の解説の一部です。
「始祖」を含む「千切屋」の記事については、「千切屋」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/02 16:49 UTC 版)

ダグラス=ランゲンシュタイン家」の記事における「始祖」の解説

シュヴァルツヴァルト北部ムルク川(ドイツ語版)沿いのヴァイゼンバッハ(英語版出身のカタリーナ・ヴェルナー(1799年 - 1850年)は、バーデン大公国軍に仕え伍長の娘で、カールスルーエ大公宮廷劇場で女優ダンサーとして舞台立っていた。1816年頃、わずか16歳で50歳代大公知り合った。すぐに大公の妾となり、ヴェルナー嬢(Mademoiselle Werner)と呼ばれるようになった2人間にはすぐにルイーゼ1817年 - 1821年)という娘が生まれたが、3歳半で亡くなる。長女出産時カタリーナ18歳にもなっていなかった。 カタリーナ1820年1825年に更に2人の子産んだ男児ルートヴィヒ1820年 - 1872年)と女児ルイーゼ・カタリーナ(1825年 - 1900年)である。子供たち婚外子身分不相応な関係で生まれたため、当然大公家相続権持たなかったが、父大公全ての子供たち認知したヴェルナー母子1827年世襲貴族ランゲンシュタイン・ウント・ゴンデルスハイム伯爵Grafen von Langenstein und Gondelsheim)に叙された。身分の低い妾と婚外子への貴族叙任通常婚姻前提としているため、ルートヴィヒ1世カタリーナ身分違い秘密結婚をしていた可能性がある。 なお、カタリーナの妹ゲルトルート・ヴェルナー(1807年生)はルートヴィヒ大公計らいで大公家信任厚い外交官軍人ヨハン・ハインリヒ・ダーフィト・フォン・ヘネンホーファー(ドイツ語版)の妻となった

※この「始祖」の解説は、「ダグラス=ランゲンシュタイン家」の解説の一部です。
「始祖」を含む「ダグラス=ランゲンシュタイン家」の記事については、「ダグラス=ランゲンシュタイン家」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 06:21 UTC 版)

則岡氏」の記事における「始祖」の解説

楠木正儀男子楠木正則幼名河内三郎)。南北朝統一後将軍足利義満命により畠山基国家で養育され成長後家名則岡氏号した伝えられている。。

※この「始祖」の解説は、「則岡氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「則岡氏」の記事については、「則岡氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 15:51 UTC 版)

羅州羅氏」の記事における「始祖」の解説

始祖の羅富中国出身で、高麗時代朝鮮半島渡来し羅州定着しその子孫たちが羅州本貫とした。 羅州市大豪洞にあるソンヒャン公園には、羅州本貫とする他の氏族とともに羅州羅氏記念碑」が建てられている

※この「始祖」の解説は、「羅州羅氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「羅州羅氏」の記事については、「羅州羅氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 19:40 UTC 版)

密陽唐氏」の記事における「始祖」の解説

密陽唐氏世譜」によると、始祖唐誠は、宋徽宗時代丞相唐恪から数え6代目にあたり中国明州出身である。元朝末期戦乱避けて高麗帰化して征東行省掾史を務めたその後中郎将や司平巡衛府評事判典農寺事などを歴任した1392年には、開国原従功臣となり、録券と賞田15結を下賜され礼部刑部工部典書嘉善大夫務めた1398年工曹典書在職中には奴婢訴訟について奴婢弁正都監批判し、職を追われた。しかし、すぐに復帰し検校漢城府事に任命され文書応奉司提調を兼ねた1401年には、太宗に、実務携わりたい希望し開城府副留後に任命され嘉靖大夫1409年に恭安府尹などを歴任した誠実な性格で、律文事大文書によく通じ刑政外交多大な貢献をした。太宗時代に、密陽を賜籍され本貫とした。

※この「始祖」の解説は、「密陽唐氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「密陽唐氏」の記事については、「密陽唐氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 06:07 UTC 版)

板垣氏」の記事における「始祖」の解説

武田信義三男である三郎冠者兼信が甲斐国山梨郡板垣郷(現・山梨県甲府市善光寺周辺)を領して板垣氏称したのが始めである。

※この「始祖」の解説は、「板垣氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「板垣氏」の記事については、「板垣氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:43 UTC 版)

光山金氏」の記事における「始祖」の解説

始祖である金興光は、統一新羅末期に国が乱れて将来国難起こると考え、武珍州秋成西一洞(現: 全羅南道潭陽郡大田面平章里)に隠居したとされる。金吉が高麗の国功臣になって三重大となった際には、彼の祖父である金興光は彼を光山府院君封じたという。以降、金興光爵号であり世居地ある光州の光山本貫とし、現在まで至っている。金興光の子孫から正二品階級官職である平章事が8人も輩出されると、人々当時の武珍州秋成西一洞を「平章洞」と呼び、現在も全羅南道潭陽郡大田面平章里として残っている。 金興光は『東国萬姓譜』と『朝鮮氏族統譜』には新羅49憲康王王子として記録されている。しかし、『光山金氏丁酉大同譜』、『新羅金氏璿源譜』、『鶏林大譜』、『慶州金氏譜』などは、新羅45神武王三男として記録している。

※この「始祖」の解説は、「光山金氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「光山金氏」の記事については、「光山金氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:03 UTC 版)

安陰西門氏」の記事における「始祖」の解説

安陰西門氏の始祖は、元朝河南省出身進士西門記である。西門記は、1351年魯国公主恭愍王降嫁される時に、媵臣(嫁にいく女の付き人)として高麗入国、安陰君に封ぜられ、西門記の子孫が安陰を本貫にして安陰西門氏創始した

※この「始祖」の解説は、「安陰西門氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「安陰西門氏」の記事については、「安陰西門氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 09:39 UTC 版)

BLACK BLOOD BROTHERS」の記事における「始祖」の解説

アリス・イヴ 望月コタロウを参照ウォーカーマン ザザを参照アダム・王(アダム・ウォン) 「九龍の血統」の始祖で、1997年九龍転化した最も新しい始祖。「九龍王」「導主アダム」とも呼ばれる九龍姉弟にとっての「父」。香港聖戦においてジロー討たれ死亡し、その遺灰特区第十地区封印されていた。特区インパクトの末、九姉弟によって遺灰封印をとかれ、ワインの血で復活を果たす竜王仕え華僑、王(ウォン)家の嫡男として生まれる。先天的なアルビノで、生まれつき身体の色素が薄い。病弱だアリス同じく脈動」を感じ取る能力持ち風水師としては天才的な力量発揮していた。リズカーサ出会ったことでカーサ鬱積した想い共有し、始祖へ転化した他の血統人間たちからは魔王如く恐れられ忌避されているが、本人至って穏やかな性格持ち主。しかし、自身の血統生存権脅かされたり、「変革」を阻もうとする者には全力戦いを挑む苛烈性質併せ持っている。吸血や「血」を飲ませるだけでなく、自分の波動放つことで潜在的に変革を望む気質がある者を強制的に九龍の血統転化させるという他の血統には無い力を持ち、この力で九龍城内人間瞬時に転化させている。更に素質持たない他の血統吸血鬼瞬時に灰にする恐るべき効果もあり、現在の所、真銀でしか効果防げていない混沌真祖混沌」の血統の始祖。史上もっとも偉大な吸血鬼とされる。その肉体は遥か昔に真銀刀」によって消滅しており、現在は8人の直系を器とした精神のみの存在となっている。肉体失って尚、その力は絶大であり、真祖混沌直系が行転生には混沌の力が深く係わっている。崑崙呼ばれる地におり、賢者の血を暴走させたジローの元へ西の虎仙遣わせた。 ギルバート・フォワード豪王フォワード」の血統の始祖。外見年齢10代後半銀髪にアイスブルーの瞳をしたハンサムな青年。現在、人間側生存確認されている唯一の始祖で、新興国アメリカの夜支配している。「赤い牙創設にも深く関わっており、彼等特区送り込んだのは特区内に自身の勢力を築くことが目的だったようである血族勢い随一だが、本人転化してからの年月が浅いためか吸血鬼価値観馴染めていない部分多く非常識な力に振り回されることもしばしば。 1929年アメリカ大富豪フォワード家の跡継ぎとして生を受け、1945年ごろにロンギヌスの槍によって始祖へと転化した。もともとロンギヌスの槍での転化目論んでいたのは、ザザ共謀していた彼の父ジョナサン・フォワードだったが、ジョナサン転化儀式失敗して死んだため、父の遺志継ぎ破壊し来た流離い人ヨシュア」に依頼して自ら始祖となる道を選んだその後ヨシュア協力の下で血族社会広げていった。 ビジネスライクでやや気障なところがあるが、血族に対する情は深い性格特区インパクト後、九龍の血統の手かかった赤い牙隊員達の敵討ち望み特区から脱出したミミコ求婚という形でアプローチ取った求婚申し出を断られた後もミミコカンパニーの理念認めジャネットと共に彼女らへの援助行っている

※この「始祖」の解説は、「BLACK BLOOD BROTHERS」の解説の一部です。
「始祖」を含む「BLACK BLOOD BROTHERS」の記事については、「BLACK BLOOD BROTHERS」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:39 UTC 版)

金海金氏」の記事における「始祖」の解説

始祖は駕洛国金官伽倻)の王・首露王とされるこのため駕洛金氏ともいう。一族では新羅建国功臣金庾信知られるまた、金海許氏首露王王妃許黄玉の姓を名乗った二人の息子が祖)と仁川李氏も始祖を首露王しており、同本貫として扱われた。金海許氏の祖は、首露王王妃許黄玉であり、そのルーツインドアショカ王家系繋がりインドから漂流して金海にたどり着き首露王見初められ王妃となった王妃王陵にはその家にまつわるインド家系写真系図などがあり、本家家系引き継ぐ者のみ閲覧などが出来る。[要出典] 2004年に、許黄玉の「インド渡来説」を立証する科学的証拠示されたソウル大学医学部の徐廷ソン教授翰林大学医学部キム・ジョンイル教授は、韓国遺伝学会において「許黄玉の子孫と推定される金海市にある古墳遺骨分析した結果韓民族ルーツであるモンゴル北方系とは異なりインド南方系だった」と発表したミトコンドリアDNA保持するが、許黄玉の「インド渡来説」が事実であるならば、子孫母方許黄玉DNA継承しており、インド南方系のDNAをもつことになるが、許黄玉の子孫と推定される遺骨塩基配列分析した結果モンゴル北方ではなくインド南方系の特徴備えていた。 『三国史記金庾信列伝には、金庾信首露王後裔であり、その祖先中国黄帝の子少昊金天氏であり、そのため金姓を名乗ったとある。

※この「始祖」の解説は、「金海金氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「金海金氏」の記事については、「金海金氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:28 UTC 版)

江陰段氏」の記事における「始祖」の解説

始祖は、中国江蘇省江陰出身段一河である。江陰段氏世系によると、一河1509年文科状元となり、內院直閣となった息子の載聖もまた、 1522年文科状元となり、冀州按廉使を務めたその後一河玄孫希詳が1509年科挙に合格明参政となり、1597年丁酉再乱時に援兵率い、摠兵将として朝鮮渡った父段万里に従い平壌土着した。豊壌趙氏の趙益輔の娘と結婚し朝鮮とどまり、東来祖となった子孫は段万里を中始祖とし、本貫江陰とした。江陰は別名は花山といい、現在の北朝鮮黄海北道金川郡にあたる

※この「始祖」の解説は、「江陰段氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「江陰段氏」の記事については、「江陰段氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:36 UTC 版)

慶州冰氏」の記事における「始祖」の解説

始祖は、中国明朝出身冰如鏡である。冰如鏡明朝文科及第、文淵学士礼部侍郎歴任したその後内閣翰林務めていた時に李氏朝鮮使臣として渡り、そのまま帰化した世祖冰如鏡国賓として礼遇し、慶州府院君封じて吏曹参議と同副承旨の官職下賜した。冰如鏡慶州府院君封ぜられたことを以て、後孫たち本貫慶州とした

※この「始祖」の解説は、「慶州冰氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「慶州冰氏」の記事については、「慶州冰氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 09:51 UTC 版)

寧海朴氏」の記事における「始祖」の解説

寧海朴氏の始祖である朴堤上新羅婆娑王より4世勿品の息子訥祇王の代の忠臣として知られる朴堤上より26世の命天が高麗時代に典法判書を務め三重大壁上功臣として禮原君に任ぜられ、以後子孫たち寧海本貫とした。朴堤上を始祖、命天を中始祖として以後連綿と続いた

※この「始祖」の解説は、「寧海朴氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「寧海朴氏」の記事については、「寧海朴氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 09:59 UTC 版)

潘南朴氏」の記事における「始祖」の解説

始祖応珠は、現在の全羅南道羅州市南面中心にした高麗末期豪族である。新羅朴赫居世の子孫で、高宗期(13世紀)には潘南県戸長務めた応珠の6世訔が朝鮮太宗時に潘南君、その後錦川府院君にも任命され累代居住地潘南を本貫とすることになった応珠の墓を明堂使って一族寝起きしたという伝説があり、「반남 박씨 벌 명당에 묘쓰고 벌 떼처럼 일어났다」という言葉伝えられる

※この「始祖」の解説は、「潘南朴氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「潘南朴氏」の記事については、「潘南朴氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 08:38 UTC 版)

達城夏氏」の記事における「始祖」の解説

始祖は、宋朝大都督であった夏欽である。夏欽高麗仁宗1122年 - 1146年時代高麗帰化し達城定住したその子の夏溶が達城貴族封ぜられたことからその子孫達城本貫にした。

※この「始祖」の解説は、「達城夏氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「達城夏氏」の記事については、「達城夏氏」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:14 UTC 版)

住友家」の記事における「始祖」の解説

住友の姓は、戦国の末、もともと先祖に順美平内友定という人物がおり、桓武天皇曾孫高望王二十二代目その子小太郎(忠重)が父の姓と名をとって「住友」の姓を称して室町将軍仕えて備中守に任じられたのに始まる。 平家末裔である戦国武士だった住友家先祖は、国取り物語戦国時代有為転変歴史生きる。@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}室町将軍仕えた「始祖」・住友忠重の子・頼定は、足利義晴仕え、頼定の子定信刑部承と称した。そして、定信の子定重は、今川義忠今川義元祖父)に仕えるが、定重の子信定の代になり、今川氏滅んでしまったので、摂津中川清秀仕え入江土佐守称し中川十六騎の一人として知られたが、尾崎の陣で戦死してしまう。また入江土佐守信定の子・政俊は越前国柴田氏仕え若狭守と称し越前丸岡城にあったが、柴田勝家と共に北庄城滅んでしまった。政俊の子長行は、徳川家康の子結城家養子入りした結城秀康用いられるが、住友家武家歴史ここまでである。戦国習いとはいえ武家社会興亡激しさ無情感じたのか長行は、自分の子供たち武家世界から足を洗わせた。[要出典]

※この「始祖」の解説は、「住友家」の解説の一部です。
「始祖」を含む「住友家」の記事については、「住友家」の概要を参照ください。


始祖(6人の宇宙飛行士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:51 UTC 版)

Dr.STONE」の記事における「始祖(6人の宇宙飛行士)」の解説

石神 百夜いしがみ びゃくや) 声 - 藤原啓治空の父親日本人前職広末大学講師10月8日生。O型。 千空とは違いアホなことが好きでロマンチックでポエミーな発言もするムードメーカー。実は千空との血の繋がりは無いが、養子の千空 に深い愛情向けている。千空が科学知識興味向けていることを知ると、自分の車を売った金でさまざまな実験道具などを購入し、千空にプレゼントした。 かつて、夢であった宇宙飛行士採用試験を受けるが、水泳が苦手だったために着衣水泳試験で足がつって落とされ過去があるその後、千空が自分のために作った電極スパルタスーツに触発され苦手だった水泳克服し10年ぶりに行われたJAXA宇宙飛行士候補生採用試験に合格、ムードメーカー的な能力買われ宇宙飛行士抜擢された。5年後ソユーズにてISS国際宇宙ステーションに行くが、3日後に南米発生源得体のしれない光を目の当たりにし直後地上連絡一切取れなくなり辛うじて繋がったネット定点カメラ映像から地上人間全て石化したことを知る。人類助けるため地上に戻るも、石化光線発生源から最も遠い場所にある、日本付近のほぼ無人の島で世捨て人のような砕けた石像を目の当たりにし自分達が人類最後の6人である現実を受け入れるその後仲間達無人島住み、いつか復活するであろう千空と子孫生きるための知恵袋として百物語を残す。百物語当初、英語で作ろうとしていたが、母語でない言語小説作ること百夜難儀しリリアンからの助言日本語作成された。また、この時点で人類最後の6人だった者達は百夜リリアンしか残っていなかったのもあってか、子孫達は日本語を使う。百物語最後は千空へメッセージで、自分達のその後および千空へ激励伝えたリリアン看取った描写あることから仲間の中で最後まで生き、いずれ復活するであろう千空達のために何十年にわたって白金集め続けたその後、川で白金集めて最中倒れた描写があるが、この時亡くなったかどうか現時点では不明リリアン夫婦になったかは、作中では明記され不明ガラス瓶の底を切り取った物でレコード作ること思い浮かび、いずれ復活するであろう空へメッセージと、リリアン歌声レコード録音して墓石中に残した。千空によると、百夜自身は科学そこまで詳しわけではないようで、レコードなどの機器作ったのは仲間宇宙飛行士達だろうとのこと。 シャミール・ヴォルコフ(Shamil Volkov) 声 - 森久保祥太郎 ロシア人ISS船長B型前職パイロット顔つき金狼で、髪型銀狼瓜二つで、血統的に2人先祖に当たる百夜を「オジサンと呼ぶ趣味チェス宇宙飛行士として百夜とは逆で感情流されずに判断下せる点が評価される無愛想な性格で、家庭を持つことに関心を持っていない様子であったが、地球人間石化した際に状況確認するために先発隊として地球に戻る。地球戻ってから3年後コニー結婚をして子供設ける。その後コニー共々肺炎にかかり亡くなる。人間楽しみが無くても死にはしないという持論持ち主だったが、結果論ではある人類宇宙行けておかげで自分達だけでも助かり作る思ってなかった妻子持ち宇宙ステーション百夜から貰ったラーメン笑えるほど旨かったなど、本当は楽しかったという胸中亡くな前に百夜語った。 コニー・リー(Connie Lee) 声 - 金元寿子 アメリカ人黒髪の女性。前職NASA職員A型リリアンシャミールと共に地球帰還への先発隊として地球帰還する地球戻ってから3年後シャミール結婚をして子供設ける。その後シャミール共々肺炎にかかり亡くなった結婚に関しては、本人たちはそれどころじゃない考えていたが、百夜リリアン囃し立てる形でそうなっとのこと。 リリアン・ワインバーグ(Lillian Weinberg) 声 - Lynn、ローラ・ピット・プルフォード(歌) 有名なアメリカ人歌姫雰囲気顔つきコハクルリそっくりで作中の描写からも、おそらく血統的に祖先に当たるA型冒険好きで、宇宙船民間向け座席購入した宇宙ステーション到着直後演技高圧的な態度見せて先に宇宙ステーション乗っていた3人動揺させるも、それはいわば彼女を含む後発組が仕込んだドッキリで、実際には恥ずかしがり屋大人し目の性格見た目によらず大食い地球帰還後仲間の中で比較長く生きた最期肺炎かかって亡くなったようである仲間遺していった子供達白夜と共に育てその成長見守る中、自分たちの限界から、人類培ってきた物語音曲などの文化消えていくことを嘆いていた。百夜夫婦になったかどうかについては、作中では明記されておらず不明百夜達と作ったガラスレコードでは、千空が仲間達心を掌握できずに困っていた場合備え、歌を残す。ゲンによると、リリアン歌唱力世界トップ1人で、村人達はリリアン歌声酔いしれていた。また、石神村住民リリアンの歌を聴いたことで旧人類達が育んエンターテイメント興味抱き石化した旧人類復活させたいというモチベーション作るきっかけになる。 ヤコフ・ニキーチン(Yakov Nikitin) 声 - 山本兼平 ロシア人老人のような外見男性O型前職医師唯一二度目ステーション滞在者。妻であるダリヤと共に宇宙ステーション乗っていた人物口癖は「オホー!」で、子孫1人であるカセキ同様の口癖がある。妻によると、声は大きいが肝っ玉小さいとのことで、リリアン高圧的な態度演技をした際に動揺していたが、演技だと分かる安心していた。地球帰還後、妻との間に子供設けたが、コニー肺炎かかった際にと共にボート本土まで抗生物資取りに行く戻ってくることは無かったようである百夜思いつきで始まったガラスレコード作りでは、ガラスを刻むための針用に夫婦ダイヤモンド結婚指輪提供した見た目に反して気は小さいが、研究者としての能力は高い。 ダリヤ・ニキーチナ(Darya Nikitina) 声 - 田中理恵 ロシア人女性B型前職医師。夫であるヤコフと共に宇宙ステーション乗っていた人物。 夫とは対照的に気が強い。が、親切な性格でもありヤコフ尻に敷いているが夫婦仲良好地球帰還後、夫との間に子供設けたが、コニー肺炎かかった際にと共にボート本土まで抗生物資取りに行く戻ってくることは無かったようである百夜思いつきで始まったガラスレコード作りでは、ガラスを刻むための針用に夫婦ダイヤモンド結婚指輪提供した

※この「始祖(6人の宇宙飛行士)」の解説は、「Dr.STONE」の解説の一部です。
「始祖(6人の宇宙飛行士)」を含む「Dr.STONE」の記事については、「Dr.STONE」の概要を参照ください。


始祖(始まりの人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:54 UTC 版)

封神演義 (漫画)」の記事における「始祖(始まりの人)」の解説

遥か昔に故郷の星を失い宇宙船蓬莱島」に乗って地球移住してきた、伏羲女媧神農燧人、祝融五人異星人その内神農燧人、祝融三人地球自然に融合した女媧(じょか) 声 - 百々麻子ゲーム版) / 坂本真綾 宝貝山河社稷図(さんがししょくず)、四宝剣(しほうけん歴史の道標。最初の人中心であり、最強の力を持った人物。この物語黒幕女性一人称「私」ゲーム仙界通録正史』では「わらわ」)。 妲己手を組み歴史裏から操作している。肉体封印されているが魂魄体だけで動き回ることができ、その状態で妖怪仙人あっという間に大幅に強化したりなど、絶大な力を誇る。敵を闇に閉じ込める精神宝貝山河社稷図」と、何度も世界滅ぼし何度も作り上げた力を持つ四宝剣」を使用する全て故郷の星が滅ばなかった先の姿を見たいがため、地球自らの故郷似せようと思いのままに歴史操り失敗して滅ぼということ繰り返していた。永久氷壁から解放された後、完全なる肉体となってからは歴史操作辞めて地球破壊しよう目論むが、伏羲壮絶な攻防繰り広げた末に阻止される完全消滅する寸前永久氷壁封印され長く孤独であったことからひとりで死ぬことを恐れ伏羲巻き込み自爆した伏羲(ふっき) 声 - 結城比呂ゲーム版) / 小野賢章 宝貝:打神鞭(だしんべん)、太極図たいきょくず)、誅仙陣(ちゅうせんじん)、仙陣(ばんせんじん) 最初の人一人封神計画真の立案者太公望王天君融合し真の記憶能力取り戻した姿。一人称は「わし」。外見人格太公望に近いが、戦闘能力太公望遥かに上回る太古の昔女媧と共に地球下りたが、地球自らの故郷と同じように作り変えようとする女媧反対し、他の始祖と共に女媧封印した後、他の同胞地球融合する中で女媧復活備え一人残った。 元々目的のためなら手段を選ばず人命厭わない冷酷な人物であり、何度も文明生命絶滅するのを傍観していた。そして女媧弱り生命達が強くなるのを待って封神計画元始天尊燃燈道人持ちかけるその後人間の肉体を借りて王奕と名乗り元始天尊弟子となる。元始天尊によって魂魄二つ割られ片方死亡した赤子入れられ太公望となり、残りは王奕として金鰲列島送られ王天君になった太公望王天君融合して伏儀戻ってからは、太公望王天君冷徹さを加えたような性格となっており、策謀磨きかかっている味方犠牲にする冷酷な作戦提示する実行しておらず、楊戩太公望割合が多いと評している。 魂魄溶かす降らせる空間宝貝「誅仙陣」、通常の宝貝でも魂魄体にダメージ与えることができるようになる巨大空間宝貝仙陣」などが使える空間使いでもあり、自由に空間移動でき、飛行能力もある。魂魄分割する能力そのまま持っており、それによって太公望王天君分離できる。なお、分離時の能力融合前に準ずる宝貝を通して他の仙道から力を吸い取り自分の力とする「太極図戦闘形態」で女媧戦い圧倒するも、女媧自爆巻き込まれ共に消滅した思われたが、実は地球融合していた妲己救われており、戦い終わった後は最初の人能力使って元始天尊や四不象、武吉捜索をかわし時折からかいながら、気ままな一人旅をしている(史実では、後に斉に封じられそこの指導者政治家になって統治している)。 女媧伏羲ともに古代中国の神。 太公望王天君融合体ではあるが、ゲーム及びアニメでは太公望役の声優だけで声をあてている。

※この「始祖(始まりの人)」の解説は、「封神演義 (漫画)」の解説の一部です。
「始祖(始まりの人)」を含む「封神演義 (漫画)」の記事については、「封神演義 (漫画)」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 21:47 UTC 版)

Vie Durant」の記事における「始祖」の解説

ヴァイ 声 - 井上和彦 吸血鬼の始祖であるファウスト血を受け継いだ者の一人彼に血を吸われることで吸血鬼誕生する美し少年の血しか吸わないのが特徴、現在は人間入り込めい場所に館を構えている。

※この「始祖」の解説は、「Vie Durant」の解説の一部です。
「始祖」を含む「Vie Durant」の記事については、「Vie Durant」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 09:05 UTC 版)

ヴァン・ヘルシング Darkness Blood」の記事における「始祖」の解説

前のみの登場純血種凌ぐ、神にすら匹敵すると言われる恐るべき力を秘めたヴァンパイア同等の強さを持つ一族率いてヴァンパイアの上に君臨しており、かつては自分たちの天敵ある人狼族滅ぼした。しかしその存在を知る者は少ない、

※この「始祖」の解説は、「ヴァン・ヘルシング Darkness Blood」の解説の一部です。
「始祖」を含む「ヴァン・ヘルシング Darkness Blood」の記事については、「ヴァン・ヘルシング Darkness Blood」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 09:23 UTC 版)

影牢 〜刻命館 真章〜」の記事における「始祖」の解説

中盤より出現する刻人達の祖先と言える存在エクリプス言葉から彼らも自然交配では仲間増やせず、現在生存している者達は始祖のクローンである事が語られている。地下遺跡根城僅かな数が残るのみだが、ワープや一トラップ無効化並みの人間とは一線を画し特殊能力を持つ。クローンとは言え国王エクリプス対等に話すなど他の刻人とは異な存在であったようである

※この「始祖」の解説は、「影牢 〜刻命館 真章〜」の解説の一部です。
「始祖」を含む「影牢 〜刻命館 真章〜」の記事については、「影牢 〜刻命館 真章〜」の概要を参照ください。


始祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 14:56 UTC 版)

晋州姜氏」の記事における「始祖」の解説

高句麗兵馬元帥であった姜以式将軍を始祖とする。高句麗名将である姜以式将軍597年嬰陽王8年楊堅侵略野心抱いて無礼な國書高句麗送ってくることに対して「剣を以って応えよう」と主張し598年に隋が高句麗侵略するために軍隊動かすと、これに対抗し姜以式兵馬元帥になって5万精兵率いて出場した大兵力を率いる隋の遼西総管韋沖敗れ後退したが、再び水軍率いて海に出て、隋の水軍総管周羅睺30万水軍を大幅に撃破した申采浩の『朝鮮上古事』によると、墓は満洲瀋陽県奉吉線元帥林駅前に兵馬元帥姜公之塚という大きな石碑があったが、文化大革命時に消滅し瓦礫台座だけ墓地残っている慶尚南道晋州市西洞871-1に姜以式将軍祀った鳳山祠があり、毎年旧暦3月10日に彼を祀る

※この「始祖」の解説は、「晋州姜氏」の解説の一部です。
「始祖」を含む「晋州姜氏」の記事については、「晋州姜氏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「始祖」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

始祖

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:22 UTC 版)

名詞

(しそ)

  1. 祖先最初の人。
  2. ある事を歴史上最初にはじめた人。

類義語

熟語


「始祖」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



始祖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



始祖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開祖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBLACK BLOOD BROTHERS (改訂履歴)、孕石氏 (改訂履歴)、大神氏 (改訂履歴)、千切屋 (改訂履歴)、ダグラス=ランゲンシュタイン家 (改訂履歴)、則岡氏 (改訂履歴)、羅州羅氏 (改訂履歴)、密陽唐氏 (改訂履歴)、板垣氏 (改訂履歴)、光山金氏 (改訂履歴)、安陰西門氏 (改訂履歴)、金海金氏 (改訂履歴)、江陰段氏 (改訂履歴)、慶州冰氏 (改訂履歴)、寧海朴氏 (改訂履歴)、潘南朴氏 (改訂履歴)、達城夏氏 (改訂履歴)、住友家 (改訂履歴)、Dr.STONE (改訂履歴)、封神演義 (漫画) (改訂履歴)、Vie Durant (改訂履歴)、ヴァン・ヘルシング Darkness Blood (改訂履歴)、影牢 〜刻命館 真章〜 (改訂履歴)、晋州姜氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの始祖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS