最澄とは?

最澄

読み方さいちょう(767882)

日本天台宗の祖。伝教大師渡来人三津首(みつのおびと)氏の出身幼名広野といった。15歳得度したが、奈良時代以来官寺仏教疑問持ち比叡山籠もり修行。その間、山中虚空蔵尾(こくぞうのお)で霊木を得、自ら薬師如来尊像刻み、まつった(根本薬師堂、後の根本中堂)。これが比叡山延暦寺始まりとなる。また根本経典を『法華経』に求め、これによって末法の世生きる人々を救おうと決心した。延暦23年804)には唐に渡り天台山などで修行入唐求法)。帰国後、桓武天皇支持をうけて天台宗創設朝廷信仰集め延暦寺基礎を築いた。弘仁2年822)没。



最澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/12 02:24 UTC 版)

最澄(さいちょう)は、平安時代の僧(766/767年 - 822年[2][3]日本天台宗の開祖であり、伝教大師として広く知られる[4]近江国(現在の滋賀県滋賀郡古市郷(現在の大津市)もしくは生源寺(現在の大津市坂本)の地に生れ、俗名は三津首広野(みつのおびとひろの)。生年に関しては天平神護2年(766年)説も存在する。中国に渡って仏教を学び、帰国後、比叡山延暦寺を建てて天台宗の開祖となった[5]




  1. ^ a b なお、最澄自身の撰とされる『内証仏法相承血脈譜』では、13歳で弟子入りし、宝亀11年11月10日作成の「近江国府牒」に“三津首広野年拾五”との記述があり、天平神護2年出生説を採る学者もいる。
  2. ^ "The Sutra of the Sixth Patriarch." Dumoulin, Heinrich. Zen Buddhism: A History, India and China. New York: World Wisdom, 2005, p128.
  3. ^ 塩入良道、「最澄」 -日本大百科全書(ニッポニカ) 、小学館。
  4. ^ 最澄に対する称名は「南無宗祖根本伝教大師福聚金剛」である。
  5. ^ 書家101 p.118
  6. ^ 天台宗HP.2018年6月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e 京都国立博物館 2005, p. 366.
  8. ^ 当時は道鏡時代の僧侶の政治介入に対する反省から、僧侶の人数を抑制するために度縁の交付の制限を行っていた。
  9. ^ 『伝教大師度縁案並僧綱牒』(国宝・来迎院 (京都市左京区) 蔵)
  10. ^ a b 『叡山大師伝』
  11. ^ a b c d e f 京都国立博物館 2005, p. 367.
  12. ^ a b c d e 宮坂宥勝「風信帖と久隔帖」(「空海の風信帖」『墨』P.16 - 20)
  13. ^ 寺山旦中「弘法の展開と最も澄んだ書」(「空海の風信帖」『墨』P.54)


「最澄」の続きの解説一覧



最澄と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最澄」の関連用語

最澄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最澄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最澄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS