叡尊とは?

えいぞん 叡尊・睿尊 ○

12011290 鎌倉中期律宗の僧。大和の人。字(あざな)は思円、諡(おくりな)は興正菩薩。はじめ密教学び、のち戒律復興を志し奈良西大寺復興蒙古襲来の時、敵国降伏祈願して神風起こしたと伝えられる。貧民救済などの社会事業行い、また殺生禁断勧めた。

えいぞん 【叡尊】

エイソンとも。叡は睿とも書く。鎌倉中期真言律宗中興の祖大和奈良県)の人。密教を学んだが律宗復興念願東大寺自誓受戒し、西大寺移り、ここを基として活動亀山上皇ほか六六〇〇〇余人授戒し、窮民救済し、殺生禁断地区定めるなどした。蒙古襲来時には朝命石清水八幡宮祈願した。忍性の師。著『梵網経古迹記輔行文集』他。後伏見天皇からの贈号興正菩薩。(一二〇一~九〇)→ 西大寺 忍性

叡尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 22:12 UTC 版)

叡尊(えいそん、えいぞん、建仁元年〈1201年〉 - 正応3年8月25日1290年9月29日〉)は、鎌倉時代中期の日本の人物で、真言律宗思円(しえん)。諡号興正菩薩(こうしょうぼさつ)。興福寺の学僧・慶玄の子で、大和国添上郡箕田里(現・奈良県大和郡山市内)の生まれ。廃れかけていた戒律を復興し、衰退していた勝宝山西大寺(南都西大寺)を再興したことで知られる。




注釈

  1. ^ 「律学の研鑽は行なわれても、すでに戒師の存在は地を払って皆無の状態であったから、律宗復興の基本的な前提として、まず比丘僧と名づけることのできるものがどのようにして得られるか、そこに焦点がしぼられ、その唯一の方法として、『自誓』という手段が取られたものである。」(石田瑞麿、「叡尊の戒律について」、『重源・叡尊・忍性 日本名僧論集 第5巻』 吉川弘文館)に所収、なお他に5編の論考がある。
  2. ^ 数年前から天変地異が頻発し飢饉疫病が流行していたが、それを祈祷により鎮めるべき役割を担う僧侶は鎌倉の地においては破戒念仏僧や他宗誹謗の法華僧らが横行していた。こうした仏法を是正するためには戒律によるしかないと鎌倉の為政者が考えたものと思われる。
  3. ^ このとき北条時頼から西大寺援助のための布施や寺領寄進の申し出があったが決して受けず、断固として為政者の資縁を拒否し続けた。
  4. ^ 当時、南宋の僧らによりモンゴル帝国の侵略について日本にも伝わっており、元寇の前段階としてモンゴル帝国も日本へ使者を派遣していた。
  5. ^ 長年にわたり山門派寺門派が別当職をめぐり争っていたが、鎌倉期、特に元寇を機に太子信仰が高まってくると、別当として「世一の僧」(最も勝れた僧)が求められるようになり、叡尊の就任に至ったと考えられる。
  6. ^ 修理の際に宇治川の網代を破却して漁師に殺生を止めさせ、代わりに布を川に晒す作業を職業として与えたという。
  7. ^ 忍性は師の叡尊が、当時の仏教観で救済されない非人救済に専念する余りに一般民衆への救済が疎かとなり、また救済に差をつける事で却って非人への差別観を助長することを危惧して、非人を含めた全ての階層救済を目指した。また、権力との距離に対する考え方にも違いがあったと言われている。

出典

  1. ^ 木造叡尊坐像〈善春作/〉 - 国指定文化財等データベース(文化庁)、2020年1月20日閲覧。
  2. ^ 「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」『日本経済新聞』朝刊2017年4月8日
  3. ^ 松尾編 『持戒の聖者叡尊・忍性 日本の名僧10』 (吉川弘文館、2004年)より


「叡尊」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「叡尊」の関連用語

叡尊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



叡尊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの叡尊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS