真言宗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > > 真言宗の意味・解説 

しんごん‐しゅう【真言宗】

読み方:しんごんしゅう

日本仏教宗派の一。大日如来教主とし、身口意(しんくい)三密加持力で即身成仏(じょうぶつ)させるのを本旨とする。9世紀初め入唐した空海密教恵果学び帰国して一宗開いた真言陀羅尼(だらに)宗。東密


真言宗

読み方:シンゴンシュウ(shingonshuu)

日本仏教八宗の一。開祖弘法大師空海

別名 真言陀羅尼宗


真言宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 07:10 UTC 版)

真言宗(しんごんしゅう)は、空海(弘法大師)によって9世紀平安時代)初頭に開かれた大乗仏教の宗派で日本仏教のひとつ。空海が長安に渡り、青龍寺恵果から学んだ密教を基盤としている。





真言宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 03:16 UTC 版)

十三宗五十六派」の記事における「真言宗」の解説

真言宗は、以下の9派。 古義真言宗 真言宗東寺派 真言宗善通寺派 真言宗山階派 真言宗醍醐派 真言宗泉涌寺派 新義真言宗豊山派 (現、真言宗豊山派新義真言宗智山派 (現、真言宗智山派真言律宗

※この「真言宗」の解説は、「十三宗五十六派」の解説の一部です。
「真言宗」を含む「十三宗五十六派」の記事については、「十三宗五十六派」の概要を参照ください。


真言宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 05:25 UTC 版)

戒名」の記事における「真言宗」の解説

院号道号戒名、位号の順につける

※この「真言宗」の解説は、「戒名」の解説の一部です。
「真言宗」を含む「戒名」の記事については、「戒名」の概要を参照ください。


真言宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 07:29 UTC 版)

大師 (僧)」の記事における「真言宗」の解説

弘法大師空海★★(774- 835)真言宗開祖高野山金剛峯寺東寺教王護国寺)ほかを開く。三筆一人921年10月27日東寺長者観賢奏上により、醍醐天皇から贈られた。 道興大師実慧★(786- 847)空海高弟東寺二代長者法光大師真雅★(801- 879)空海高弟本覚大師益信★(827- 906)広沢流の祖。 理源大師聖宝★(832- 909真言修験道中興の祖小野流の祖。 興教大師覚鑁★(1095-1143)真言宗中興の祖新義真言宗興す月輪大師俊芿★(1166-1227)歴代天皇菩提寺泉涌寺開基

※この「真言宗」の解説は、「大師 (僧)」の解説の一部です。
「真言宗」を含む「大師 (僧)」の記事については、「大師 (僧)」の概要を参照ください。


真言宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 03:59 UTC 版)

肝盗村鬼譚」の記事における「真言宗」の解説

高野山の真言宗。根本義真言宗立川流)を監視している。

※この「真言宗」の解説は、「肝盗村鬼譚」の解説の一部です。
「真言宗」を含む「肝盗村鬼譚」の記事については、「肝盗村鬼譚」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「真言宗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「真言宗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



真言宗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

真言宗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真言宗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真言宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの十三宗五十六派 (改訂履歴)、戒名 (改訂履歴)、大師 (僧) (改訂履歴)、肝盗村鬼譚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS