大日如来とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義(大小) > 大日如来の意味・解説 

だいにち‐にょらい【大日如来】

《(梵)Mahāvairocanaの訳。音写摩訶毘盧遮那(まかびるしゃな)。光明遍照とも訳す》真言密教教主宇宙実相を仏格化した根本仏。像は宝冠をつけ結髪した菩薩(ぼさつ)形に表される。曼荼羅(まんだら)では主座占め、智の面を示す金剛界では智拳印(ちけんいん)、理の面を示す胎蔵界では法界定印(ほっかいじょういん)を結ぶ。遍照如来毘盧遮那


大日如来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 18:10 UTC 版)

大日如来(だいにちにょらい、: Mahāvairocana[1])は、真言密教の教主であるであり、密教本尊[2][3]。一切の諸仏菩薩本地[2]




  1. ^ 「大日如来」 - 大辞林 第三版、三省堂。
  2. ^ a b c d e f g h 総合仏教大辞典 1988, p. 948-949.
  3. ^ a b c 大日如来(だいにちにょらい)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年11月2日閲覧。
  4. ^ a b 『密教曼荼羅』(新紀元社)。[要追加記述]
  5. ^ a b c 『望月 佛教大辞典 4 増訂版』(世界聖典刊行協会)、3343-3344頁。
  6. ^ 吉田宏晢「大日如来」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  7. ^ Encyclopædia Britannica, Inc. 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版』 ブリタニカ・ジャパン株式会社、2009年、「大日如来」。
  8. ^ 「大日如来」 - 精選版 日本国語大辞典、小学館。
  9. ^ 『明鏡国語辞典』(大修館書店)、「大日如来」。
  10. ^ a b 奈良康明 『仏教名言辞典』 東京書籍、1989年、568頁。
  11. ^ 伊藤 2003, pp. 74-73.
  12. ^ 本朝世紀』。
  13. ^ 田中 2009, pp. 8-9.
  14. ^ a b 坂内龍雄「真言陀羅尼」、平河出版社、2017年4月第30刷、189頁。
  15. ^ a b 坂内龍雄「真言陀羅尼」、平河出版社、2017年4月第30刷、191頁。
  16. ^ 興福寺監修 『阿修羅を究める』 小学館、2001年、p.85より
  17. ^ 興福寺監修『阿修羅を究める』2001年、p.103
  18. ^ 中村 元「ブッダ悪魔との対話」の第八節阿修羅の主であるヴィローチャナ(または目的)注3、1986年、p.412.より
  19. ^ a b c 林達夫他 『世界大百科事典 19』 平凡社 、1972年、163頁。






大日如来と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大日如来」の関連用語

1
98% |||||

2
78% |||||

3
78% |||||

4
78% |||||


6
78% |||||

7
78% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

大日如来のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大日如来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大日如来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS