仏とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > > > の意味・解説 

ふつ【仏】

読み方:ふつ

⇒ぶつ


ぶつ【仏〔佛〕】

読み方:ぶつ

[音]ブツ(呉) フツ(漢) [訓]ほとけ

学習漢字5年

[一]ブツ

梵語音訳字。ブッダ悟りを開いた聖者また、釈迦(しゃか)のこと。「仏教仏像仏壇仏殿仏法活仏成仏(じょうぶつ)・念仏

仏教。「仏式仏書廃仏儒仏神仏習合

仏像。「石仏大仏秘仏

[二]フツフランス。「仏文仏領仏和英仏渡仏

[三]〈ほとけ(ぼとけ)〉「仏心仏様石仏喉仏(のどぼとけ)」

[補説] 原義は、仿仏(ほうふつ)(ほのかでよく見えないがそれらしい)の意。

名のり]さとる

難読仏掌薯(つくねいも)・仏蘭西(フランス)


ぶつ【仏】

読み方:ぶつ

仏陀(ぶっだ)」の略。

仏教」の略。「儒、—、道」


ほと‐け【仏】

読み方:ほとけ

《「ぶつ(仏)」の音変化した「ほと」に、目に見える形の意の「け」の付いた語で、仏の形、仏像原義かという》

仏語悟り得た者。仏陀(ぶっだ)。特に、釈迦(しゃか)のこと。「—の慈悲にすがる」

仏像また、仏の画像。「—を刻む」

死者また、その霊。「—になる」「—が浮かばれない

温厚で慈悲心の深い人をたとえていう語。

仏法

「—の御験(みしるし)はかやうにこそと」〈栄花初花

仏事を営むこと。

明後日(あさて)、—にいと善き日なり」〈栄花本の

[下接語] (ぼとけ)新(あら)仏・生仏・石仏・板仏懸け仏木仏外法(げほう)仏・骨(こつ)仏・小仏・新(しん)仏・杉仏・摺(す)り仏・立ち仏土仏流れ仏・撫(な)で仏・新(にい)仏・濡(ぬ)れ仏・寝仏・喉(のど)仏・野仏星仏守り仏・無縁仏雪仏笑い仏


ほとけ 【仏】

仏陀の和名。この場合釈尊というよりはもっと広い意味の仏で、諸仏仏像をもいい、また死者ホトケとも呼ぶ。語源については、浮図家の転訛とか、供物を盛る罐からだとか、煩悩が解たからだとか、種々の説を伝えるが、新井白石東雅』には、百済の方に似ていると記す。死者いうのは無に帰ったことを意味している。→ 仏

読み方:ほとけ

  1. 身体或は睡眠中の人物。死んだ同様なるから。又は詐欺賭博被害者のことを云ふ。
  2. 身体或いは睡眠中の人物。死んだのも同様であるところから。又詐欺賭博被害者のことをいう。

読み方:ほとけ

  1. 人体総称。〔第二類 人物風俗

読み方:ほとけ

  1. 家人ノ寝伏シタルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・群馬県
  2. 安臥睡眠。〔第四類 言語動作

分類 群馬県



読み方:ほとけ

  1. 堂ノコトヲ云フ。〔第七類 家屋其他建造物之部・福岡県

分類 福岡県


読み方:ほとけ

  1. 弁護士を云ふ。

分類 一般犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仏 (曖昧さ回避)

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 08:45 UTC 版)

(ほとけ、ぶつ、ふつ)




「仏 (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

仏陀

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 23:09 UTC 版)

仏陀(佛陀、ぶつだ[1]、ぶっだ[2]: बुद्धBuddha(ブッダ))は、(ぶつ)やほとけとも称され[2]悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。釈迦牟尼をも意味する[1][2]


注釈

  1. ^ 仏(ぶつ)は仏陀の略称であるとの説もある[2]
  2. ^ 漢字の研究者で「大漢和辞典」の編者。文学博士

出典

  1. ^ a b c 新村出 『広辞苑』(第三版)岩波書店、1986年10月、2111頁。 
  2. ^ a b c d e 仏陀(ぶっだ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月26日閲覧。
  3. ^ 植木雅俊『今を生きるための仏教100話』(平凡社新書、2019年)p.83
  4. ^ a b c d e f g 馬場紀寿 『初期仏教――ブッダの思想をたどる』〈岩波新書〉、2018年、21-22頁。ISBN 978-4004317357 
  5. ^ a b 『中勘助の恋』富岡多恵子、 創元社 (1993/11)、p270
  6. ^ 中村・三枝 2009, p. 53.
  7. ^ 「仏陀」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)
  8. ^ a b c d e 中村・三枝 2009, p. 55.
  9. ^ 華厳経』及び『菩薩瓔珞本業經』
  10. ^ Vovin, Alexander (2006). “Why Manchu and Jurchen Look So Un-Tungusic”. In Alessandra Pozzi, Juha Janhunen and Michael Weiers. Tumen jalafun secen aku. Manchu Studies in Honour of Giovanni Stary. Wiesbaden: Harrassowitz. pp. 255-266. https://www.academia.edu/1804227/Why_Manchu_and_Jurchen_Look_so_Un-Tungusic 
  11. ^ Pellard, Thomas (2014). “The Awakened Lord: The Name of the Buddha in East Asia”. Journal of the American Oriental Society. doi:10.7817/jameroriesoci.134.4.689. 
  12. ^ 新村出 『広辞苑』(第三版)岩波書店、1986年10月、2215頁。 
  13. ^ a b 岩波仏教辞典第2版 1989, p. 743.



仏(ほとけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/09 05:54 UTC 版)

電撃ネコミミ侍」の記事における「仏(ほとけ)」の解説

そのものである。容姿は、いわゆる盧遮那仏もしくは大日如来思わせる

※この「仏(ほとけ)」の解説は、「電撃ネコミミ侍」の解説の一部です。
「仏(ほとけ)」を含む「電撃ネコミミ侍」の記事については、「電撃ネコミミ侍」の概要を参照ください。


仏(ほとけ、ぶつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 08:45 UTC 版)

仏 (曖昧さ回避)」の記事における「仏(ほとけ、ぶつ)」の解説

原義 仏陀 - 仏教ヒンドゥー教ジャイナ教などインド伝統で「覚者」「悟った者」のこと。如来応供とも。 仏教用語 釈迦 - 覚者仏陀)として目覚めた仏教開祖ゴータマ・シッダルタガウタマ・シッダールタ十号 - 仏教における覚者仏陀)の10種の称号菩薩 - 仏教において仏(如来)になれるが、人の救済などのために敢えて仏になろうとしない人。明王高僧など。 仏 (信仰対象) - 日本などにおける仏教信仰対象如来菩薩縁覚阿羅漢明王などの総称。 ⇒ 仏の一覧仏像 - 仏教信仰対象である仏をかたどった偶像比喩表現 仏のように善良な人。 日本における死者婉曲的な表現死後西方極楽浄土へと往生し成仏するという浄土系仏教特有の考え由来警察関係者死者指して用い隠語

※この「仏(ほとけ、ぶつ)」の解説は、「仏 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「仏(ほとけ、ぶつ)」を含む「仏 (曖昧さ回避)」の記事については、「仏 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


仏(ふつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 08:45 UTC 版)

仏 (曖昧さ回避)」の記事における「仏(ふつ)」の解説

仏蘭西 - フランス漢字表記。フランス国家やフランス関連する事柄を指す。仏国仏語仏文仏印など。 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替え下さい

※この「仏(ふつ)」の解説は、「仏 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「仏(ふつ)」を含む「仏 (曖昧さ回避)」の記事については、「仏 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仏」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:20 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 仏教において悟りを開いた者。ほとけ参照

翻訳

ほとけ#翻訳を参照

造語成分・略称

仏蘭西の第1字)

  1. フランスフランス関連する事柄を指す。

翻訳

フランス#翻訳を参照

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 11:20 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「仏」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



仏と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仏 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、仏陀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電撃ネコミミ侍 (改訂履歴)、仏 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS