フツとは? わかりやすく解説

ふ・つ

[動タ下二「ふて(不貞)る」の文語形


ふつ【仏】

読み方:ふつ

⇒ぶつ


ふつ【×弗】

読み方:ふつ

[音]フツ(漢) [訓]ドル

[一]〈フツ〉元素の名。弗素。「弗化

[二]ドル米国などの貨幣単位。「弗箱(ドルばこ)」


ふつ【払〔拂〕】

読み方:ふつ

常用漢字] [音]フツ(漢) ホツ(呉) [訓]はらう

はらいのける。はらう。「払拭(ふっしょく)・払底

やみをはらうように空が明ける。「払暁

難読秉払(ひんほつ)・払子(ほっす)


ふつ【沸】

読み方:ふつ

常用漢字] [音]フツ(慣) [訓]わく わかす

煮え立つ。「沸点沸騰沸沸煮沸鼎沸(ていふつ)」

わき出る。「沸沸


ふつ【×祓】

読み方:ふつ

[音]フツ(漢) [訓]はらう はらえ

神に祈って災い払いのけるおはらい。「祓除修祓


布津

読み方:フツ(futsu)

所在 長崎県(島原鉄道線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

フツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 17:13 UTC 版)

フツ (Hutu、フトゥ) は、アフリカ中央部のブルンジルワンダに居住する「3つの民族(フツ、ツチトゥワ)」集団の中で最も大きな集団。


  1. ^ a b 不明. “Rwanda: People”. CIA World Factbook. 2006年10月31日閲覧。
  2. ^ a b 不明. “Burundi: People”. CIA World Factbook. 2006年10月31日閲覧。
  3. ^ Kinyarwanda”. 2006年10月31日閲覧。
  4. ^ 不明. “Twa”. Encyclopædia Britannica. 2006年11月1日閲覧。
  5. ^ a b The Meaning of “Hutu,” “Tutsi,” and “Twa””. Human Rights Watch (1999年). 2006年10月31日閲覧。
  6. ^ a b Burundi: History”. Lonely Planet Publications. 2006年12月30日閲覧。
  7. ^ Joseph Mutaboba. “I am Rwandese (at bottom of page)”. New Internationalist. 2008年6月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年10月31日閲覧。
  8. ^ Saumitra Sen (2006年10月30日). “Invasion Theories”. 2006年10月31日閲覧。
  9. ^ Vernellia R., Randall (2006年2月16日). “Sexual Violence and Genocide Against Tutsi Women”. University of Dayton. 2007年1月3日閲覧。
  10. ^ Mahmood Mamdani, When Victims Become Killers: Colonialism, Nativism, and the Genocide in Rwanda, Princeton, NJ: Princeton University Press, 2001.
  11. ^ Michael Bowen, Passing by;: The United States and genocide in Burundi, 1972, Carnegie Endowment for International Peace, 1973, pp.49
  12. ^ René Lemarchand, Selective genocide in Burundi, Report - Minority Rights Group; no. 20, 1974, pp.36
  13. ^ Rene Lemarchand, Burundi: Ethnic Conflict and Genocide, New York: Woodrow Wilson Center and Cambridge University Press, 1996, pp.232.
    • Edward L. Nyankanzi, Genocide: Rwanda and Burundi, Schenkman Books, 1998, pp.198
  14. ^ Christian P. Scherrer, Genocide and crisis in Central Africa: conflict roots, mass violence, and regional war; foreword by Robert Melson. Westport, Conn.: Praeger, 2002.
  15. ^ Weissman, Stephen R. "Preventing Genocide in Burundi Lessons from International Diplomacy Archived 2009年3月11日, at the Wayback Machine.", United States Institute of Peace
  16. ^ Rwanda 1994: Genocide + Politicide, Christian Davenport and Allan Stam
  17. ^ The Hutu Revolution”. Human Rights Watch (1999年). 2006年10月31日閲覧。
  18. ^ Timeline of the genocide”. PBS. 2006年12月30日閲覧。
  19. ^ “How the genocide happened”. BBC. (2004年4月1日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/1288230.stm 2006年10月31日閲覧。 
  20. ^ “Minorities Under Siege: Pygmies today in Africa”. IRIN. (2006年). オリジナルの2006年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061201053605/http://www.irinnews.org/webspecials/pygmy/52529.asp 2006年12月11日閲覧。 
  21. ^  (Great Lakes refugee crisis


「フツ」の続きの解説一覧

フツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 23:50 UTC 版)

月が導く異世界道中」の記事における「フツ」の解説

天竜ルト」と対をなす地竜」だが、一般には疎かルト以外の上位竜にさえ知られておらず、「はじまり冒険者」たちには知られているローレルの民には一部存在こそ知られている詳細知られていない

※この「フツ」の解説は、「月が導く異世界道中」の解説の一部です。
「フツ」を含む「月が導く異世界道中」の記事については、「月が導く異世界道中」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「フツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの月が導く異世界道中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS