声明とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 声明 > 声明の意味・解説 

しょう‐みょう〔シヤウミヤウ〕【声明】

《(梵)śabda-vidyāの訳》

古代インド五明(ごみょう)の一。文字音韻語法などを研究する学問

仏教経文朗唱する声楽総称インド起こり中国経て日本伝来した。法要儀式に応じて種々の別を生じ、また宗派によってその歌唱法が相違するが、天台声明真言声明とがその母体となっている。声明の曲節平曲謡曲浄瑠璃浪花節(なにわぶし)・民謡などに大きな影響与えた。梵唄(ぼんばい)。


せい‐めい【声明】

[名](スル)一定の事項についての意見意思世間に対して発表すること。また、その意見。「条約締結反対意思を声明する」「共同声明


声明

読み方:ショウミョウ(shoumyou)

インド五明の一


声明

読み方:セイメイseimei

自分意思多数の人に向かってはっきり知らせること


声明

読み方:ショウミョウ(shoumyou)

経文を歌踊する仏教歌謡

別名 梵唄(ぼんばい)


声明(しょうみょう)

仏教声楽。節にのせてお経などを唄ういわば男声合唱

声明は、すでに奈良時代南都奈良)の諸寺にある程度伝来していた。
平安時代になると、天台宗延暦寺の僧円仁(794-864)によって、中国発達した「うたう念仏といわれる声明の一種五会念仏」(ごえねんぶつ)が伝えられ、わが国における声明発展基礎を築いた。

日本における声明を大成したのは、良忍(1072-1132)である。
良忍比叡山下級僧である堂僧(常行三昧堂などの施設で声明に乗せて念仏勤行する僧)をつとめ、親鸞の遠い先輩にあたる。のちに下山し、当時「聖」(ひじり)たちの一大拠点であった京都大原に入って来迎院開創各地の声明をほとんどすべて吸収わが国の声明を大成したという。現在も大原は「魚山(ぎょざん)流」声明の本拠地として有名である。

良忍はまた融通念仏創始者でもある。
多く念仏聖の集まる大原で、声明のような音楽を採り入れた念仏芸能成長し、後の踊り念仏ベースになっていったものと考えられる。後の六斎念仏などの念仏芸能念仏歌詞には、「ゆうづうねんぶつ なむあみだぶつ」といった歌詞が含まれ、また曲調には「ユリ」「ソリ」「アタリ」などという声明由来節回しが残されているという。

このように声明は、後の盆踊り音楽はじめ日本民謡音楽源流となったと考えられている。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/17 09:14 UTC 版)

声明(しょうみょう)とは、仏典に節をつけた仏教音楽のひとつで、儀礼に用いられる。日本では、梵唄(ぼんばい)・梵匿(ぼんのく)・魚山(ぎょざん)ともいう。




  1. ^ a b 澤田 1994, p. 45-47.
  2. ^ 澤田 1990, p. 157.
  3. ^ a b 澤田 1990, p. 168-171.
  4. ^ 澤田 1990, p. 156.


「声明」の続きの解説一覧

声明

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:01 UTC 版)

語源

語義2,3)サンスクリット शब्द विद्या (śábda vidyā)の訳

名詞

 

  1. せいめい意見主張公表すること。
  2. しょうみょう五明一つ音韻文法文学などを研究する学問
  3. しょうみょう仏典に節をつけた声楽

発音

せ↗ーめー
しょ↗ーみょー

動詞

  1. せいめい意見主張公表する。

活用

サ行変格活用
声明-する



声明と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「声明」の関連用語

声明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



声明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2021 bonodori.net
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの声明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの声明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS