声明とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 声明 > 声明の意味・解説 

しょう‐みょう〔シヤウミヤウ〕【声明】


せい‐めい【声明】

読み方:せいめい

[名](スル)一定の事項についての意見意思世間に対して発表すること。また、その意見。「条約締結反対の意思を—する」「共同—」


声明

読み方:ショウミョウ(shoumyou)

インド五明の一


声明

読み方:セイメイseimei

自分の意思多数の人に向かってはっきり知らせること


声明

読み方:ショウミョウ(shoumyou)

経文を歌踊する仏教歌謡

別名 梵唄(ぼんばい)


声明(しょうみょう)

仏教声楽。節にのせてお経などを唄ういわば男声合唱

声明は、すでに奈良時代南都奈良)の諸寺にある程度伝来していた。
平安時代になると天台宗延暦寺の僧円仁(794-864)によって、中国発達した「うたう念仏といわれる声明の一種五会念仏」(ごえねんぶつ)が伝えられわが国における声明発展基礎築いた

日本における声明を大成したのは、良忍(1072-1132)である。
良忍比叡山下級僧である堂僧(常行三昧堂などの施設で声明に乗せて念仏勤行する僧)をつとめ、親鸞の遠い先輩にあたる。のちに下山し当時「聖」(ひじり)たちの一大拠点であった京都大原に入って来迎院開創各地の声明をほとんどすべて吸収しわが国の声明を大成したという。現在も大原は「魚山ぎょざん)流」声明の本拠地として有名である

良忍はまた融通念仏創始者でもある
多くの念仏聖の集ま大原で、声明のような音楽採り入れ念仏芸能成長し後の踊り念仏ベースになっていったものと考えられる後の六斎念仏などの念仏芸能念仏歌詞には、「ゆうづうねんぶつ なむあみだぶつ」といった歌詞含まれ、また曲調には「ユリ」「ソリ」「アタリ」などという声明由来の節回し残されているという。

このように声明は、後の盆踊り音楽はじめ日本民謡音楽源流となった考えられている。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 04:20 UTC 版)

声明(しょうみょう、: śabda-vidyā[1])とは、古代インドにおける五つの学科のひとつで、サンスクリットなどの音韻論文法学を指す[1]


  1. ^ a b c 「声明」 - 精選版 日本国語大辞典小学館。
  2. ^ a b 澤田 1994, p. 45-47.
  3. ^ 澤田 1990, p. 157.
  4. ^ a b 澤田 1990, p. 168-171.
  5. ^ 澤田 1990, p. 156.


「声明」の続きの解説一覧

声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 19:14 UTC 版)

コクラン (組織)」の記事における「声明」の解説

出版バイアス」も参照 2004年抗うつ薬パキシルにおける、否定的な試験結果グラクソ・スミスクラインによる隠蔽は、出版バイアス議論から、アメリカ合衆国連邦政府法改正や、世界保健機関(WHO)による試験登録制度構築など、試験事前登録制度構築へと繋がっていった。2011年10月5日に、コクランも、試験の登録とデータ透明性求める声明を行った声明の内容は、選択的な出版によるデータ隠蔽有効性有害性誤った認識をもたらし危険な臨床的実践繋がり、そしてデータ公開多大な利益をもたらすために、データ公開されること、およびそのため司法制度導入求めるものである。 出版バイアス減らすための試験登録は1986年サイムズ言及し1997年にはアメリカ食品医薬品局FDA近代化法の下、登録制度(ClinicalTrials.gov)ができたが、利用されないことも多く2004年パキシル不祥事をきっかけに議論進んだ。すぐに、試験事前登録がない試験に関する論文掲載しないという医学雑誌編集者国際委員会の声明がなされ、オタワにて国際的な登録制度構築するための会が行われた。2005年8月世界保健機関による国際的な臨床試験登録制度であるICTRP(International Clinical Trials Registry Platform)の設立や、2007年FDA改正法(FDAAA)における登録の義務付け同様に最初の被験者募集する前に登録をするという2008年世界医師会によるヘルシンキ宣言改訂つながった

※この「声明」の解説は、「コクラン (組織)」の解説の一部です。
「声明」を含む「コクラン (組織)」の記事については、「コクラン (組織)」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 15:33 UTC 版)

仏眼宗」の記事における「声明」の解説

正信偈含めて大谷派の声明と同一判断できる

※この「声明」の解説は、「仏眼宗」の解説の一部です。
「声明」を含む「仏眼宗」の記事については、「仏眼宗」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 05:54 UTC 版)

ヘイダル・モスレヒー」の記事における「声明」の解説

モスレヒー情報相はイラン・イスラム共和国に対し全面的かつ多面的な戦争仕掛けられており、「敵」今や新たな戦法取りつつあると表明している。 イラン学通信ISNA)は、ヘイダル・モスレヒー情報相がイスラーム文化コミュニケーション機構での演説で、「イスラム共和国視点から見た場合、同共和国に対する全面戦争あらゆる側面から仕掛けられており、同共和国に対するあらゆる戦線での広範な敵の計画脅威脆弱さ生み出し、敵に付け入る隙を与えている」と語った。 モスレヒ情報相はインターネット上ソーシャル・ネットワーク広がりを「新たな脅威」と表現インターネットサービス利用者情報引き出すことを意図するものと主張イランは、不適切あるいは猥褻判断されサイト接続認めない国内向けインターネットサービス開発中発表した。 工业药物之父

※この「声明」の解説は、「ヘイダル・モスレヒー」の解説の一部です。
「声明」を含む「ヘイダル・モスレヒー」の記事については、「ヘイダル・モスレヒー」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 04:59 UTC 版)

神奈川県弁護士会」の記事における「声明」の解説

2017年3月9日神奈川県弁護士会三浦修会長)は、神奈川県留保停止した朝鮮学校児童・生徒への学費補助速やかに実施するよう求める声明を出した

※この「声明」の解説は、「神奈川県弁護士会」の解説の一部です。
「声明」を含む「神奈川県弁護士会」の記事については、「神奈川県弁護士会」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 00:30 UTC 版)

湾岸戦争に反対する文学者声明」の記事における「声明」の解説

"私は日本国家が戦争加担することに反対ます。" —  声明1 (1991) "戦後日本憲法には、「戦争の放棄」という項目がある。それは、他国からの強制ではなく日本人自発的な選択として保持されてきた。それは、第二次世界大戦を「最終戦争」として闘った日本人反省とりわけアジア諸国に対する加害への反省に基づいている。のみならず、この項目には、二つの世界大戦経た西洋人自身の祈念書き込まれているとわれわれは信じる。世界史大きな転換期迎えた今、われわれは現行憲法理念こそが最も普遍的、かつラディカルであると信じる。われわれは、直接的であれ間接的であれ、日本戦争加担することを望まない。われわれは、「戦争の放棄の上日本あらゆる国際的貢献をなすべきである考える。われわれは、日本湾岸戦争および今後ありうべき一切の戦争加担することに反対する。" —  声明2 (1991)

※この「声明」の解説は、「湾岸戦争に反対する文学者声明」の解説の一部です。
「声明」を含む「湾岸戦争に反対する文学者声明」の記事については、「湾岸戦争に反対する文学者声明」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 01:04 UTC 版)

日本新聞労働組合連合」の記事における「声明」の解説

2010年平成22年3月4日に、「記者会見全面開放宣言記者クラブ改革踏み出そう~」と題する声明を発表した。これは長らく権力との癒着温床」や「発表ジャーナリズムへの堕落」などと批判浴びてきた記者クラブ制度について市民からの信頼を得るべく記者会見全面開放提言するものである2019年平成31年2月5日首相官邸東京新聞記者質問行為制限したとして抗議する声明を発表。これは2018年平成30年12月28日官邸側が内閣記者会記者クラブに対して事実を踏まえ質問するよう要請する文書出したことに対するもの。

※この「声明」の解説は、「日本新聞労働組合連合」の解説の一部です。
「声明」を含む「日本新聞労働組合連合」の記事については、「日本新聞労働組合連合」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 04:51 UTC 版)

日本シナリオ作家協会」の記事における「声明」の解説

2009年映画アマルフィ 女神の報酬』の脚本クレジット無記名公開した事に対し製作したフジテレビに「脚本家軽視疑いがあり、これは前代未聞の異常事態」として声明を発表抗議申し入れたその後日本放送作家協会からも同様の声明が発表された)。一応フジテレビ映画事業局長亀山千広名義で回答はあったが、不審な点があり、製作者招いた対談形で、事の経緯問いただされた。このやりとり模様は作協ニュースにまとめられ月刊シナリオ11月号に掲載された

※この「声明」の解説は、「日本シナリオ作家協会」の解説の一部です。
「声明」を含む「日本シナリオ作家協会」の記事については、「日本シナリオ作家協会」の概要を参照ください。


声明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 16:09 UTC 版)

日本の歴史家たちを支持する声明」の記事における「声明」の解説

2015年5月5日エズラ・ヴォーゲルブルース・カミングス入江昭ジョン・ダワー187人の在米歴史学者らが「日本の歴史家たちを支持する声明」を発表した。 声明では慰安婦問題が「日本だけでなく、韓国中国の民族主義的な暴言によっても、あまりにゆがめられきました。」としつつ、同時に彼女たちの身に起こったことを否定したり、過小なものとして無視したりすることも、また受け入れることはできません」としている。 元慰安婦証言については、多種多様記憶一貫性欠いているが、全体としてに訴えるもので、元兵士その他の証言公的資料によっても裏付けられているとした。 また、慰安婦正確な人数募集段階での強制有無について研究者の見解一致していないことを認めた上で、「女性尊厳奪われ事実変えることはできない」「大勢女性意思に反して拘束され暴力さらされたことは、資料証言明らかにしている」とした。 4月安倍晋三首相アメリカ議会演説については「安倍首相は、人権という普遍的価値人間の安全保障重要性、そして他国与えた苦しみ直視する必要性について話しました私たちはこうした気持ち賞賛し、その一つ一つに基づいて大胆に行動することを首相に期待してやみません。」「過去過ちについて可能な限り全体的で、でき得る限り偏見なき清算」を共に残そう締めくくった

※この「声明」の解説は、「日本の歴史家たちを支持する声明」の解説の一部です。
「声明」を含む「日本の歴史家たちを支持する声明」の記事については、「日本の歴史家たちを支持する声明」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「声明」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

声明

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 05:31 UTC 版)

語源

語義2,3サンスクリット शब्द विद्या (śábda vidyā)の訳

名詞

 

  1. せいめい意見主張公表すること。
  2. しょうみょう五明一つ音韻文法文学などを研究する学問
  3. しょうみょう仏典に節をつけた声楽

発音(?)

せ↗ーめー
しょ↗ーみょー

動詞

  1. せいめい意見主張公表する。

活用

サ行変格活用
声明-する

「声明」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



声明と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

声明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



声明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2022 bonodori.net
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの声明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコクラン (組織) (改訂履歴)、仏眼宗 (改訂履歴)、ヘイダル・モスレヒー (改訂履歴)、神奈川県弁護士会 (改訂履歴)、湾岸戦争に反対する文学者声明 (改訂履歴)、日本新聞労働組合連合 (改訂履歴)、日本シナリオ作家協会 (改訂履歴)、日本の歴史家たちを支持する声明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの声明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS