クシナガラとは?

クシナガラ 【Kuśinagara 拘尸那掲羅】

インドにあった末羅国マツラ族の国)の城名。拘那城とも(意訳して上城・草城)。この城の北方沙羅林釈迦入滅した。→ 力士 沙羅双樹

クシナガラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 14:23 UTC 版)

クシナガラあるいはクシナーラー: Kuśinagara: Kusinārā, Kusinagara、英語:Kushinagar、タイ語กุสินารา)は、古代インドガナ・サンガ国であったマッラ国(末羅国)の二大中心地のひとつで西の中心地であり、現在のインドウッタル・プラデーシュ州東端のカシア付近の村。釈尊入滅の地とされ、四大聖地のひとつ。ワーラーナシー(ベナレス)の北150kmの地にある。(26.45 N, 83.24 E)。また、クシナラとも呼ばれる[1]




  1. ^ アンソニー・テイラー『世界の聖地バイブル : パワースポット&スピリチュアルスポットのガイド決定版』ガイアブックス、産調出版、223ページ、2011年、ISBN 978-4-88282-780-1


「クシナガラ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クシナガラ」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

3
52% |||||


5
36% |||||


7
32% |||||

8
32% |||||

9
32% |||||

10
32% |||||

クシナガラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クシナガラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクシナガラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS