阿難とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 阿難の意味・解説 

阿難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 14:59 UTC 版)

阿難(あなん、梵/巴:Ānanda आनन्द アーナンダ 阿難陀)は、釈迦十大弟子の一人であり、釈迦の侍者として常に説法を聴いていたことから多聞第一(たもんだいいち)と称せられた。禅宗では摩訶迦葉の跡を継いで仏法付法蔵の第3祖であるとする。[1]阿難陀は漢語意訳では歓喜・慶喜とも記される。




  1. ^ これは日本の曹洞宗で顕著である。禅宗でも正法は阿難が付法したとすることもある。通教的には仏教はジャイナ教のジナと同様、過去仏(七仏とも四仏ともされる)と釈迦との直接的な関係は説いておらず、付法について論議されることはない。


「阿難」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿難」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

阿難のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阿難のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS