鶴林とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 鶴林の意味・解説 

かく りん [0] 【鶴林】

〘仏〙
◇ クシナガラ城外バツダイ河西岸の沙羅双樹釈迦しやか)が入滅した時、の羽のように白く変わって枯れたという。つるのはやし。 「 -に煙つきて一千四百八十年/著聞 2
釈迦の死。仏涅槃ねはん)。

かくりん 【鶴林】


鶴林

読み方:カクリン(kakurin)

釈迦入滅のとき、釈迦をおおっていたシャラ木の葉の色がたちまち白く変じて白鶴ようになったとされることをいう

季節

分類 宗教




鶴林と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴林」の関連用語

鶴林のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鶴林のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS