鶴とは? わかりやすく解説

かく【鶴】

読み方:かく

常用漢字] [音]カク(漢) [訓]つる たず

[一]カク

ツル。「鶴唳(かくれい)」

ツルのような長い首、白さ長寿などのたとえ。「鶴首鶴寿鶴髪

[二]〈つる(づる)〉「白鶴夕鶴千羽鶴

名のり]ず・つ

難読田鶴(たず)・鶴嘴(つるはし)・真鶴(まなづる)


たず〔たづ〕【鶴/田鶴】

読み方:たず

ツルの別名。歌語として用いられる

「若の浦に潮満来れば潟をなみ葦辺をさして―鳴き渡る」〈九一九〉


つる【鶴】

読み方:つる

ツル目ツル科鳥の総称日本では古くからとともに長寿象徴として貴ばれる大形で、くびと脚が長く、飛ぶときはまっすぐ伸ばし、ゆっくり羽ばたく羽色白色灰青色主で頭頂赤く裸出しているものが多く、翼の羽が伸びて尾羽の上を覆う。沼地平野にすみ、気管長いので、よく響く大きな声出し産卵地上で行う。日本繁殖するのはタンチョウだけで、ナベヅル・マナヅルなどが渡来するあしたず。たず。仙客。《 冬》「村人に田毎の―となれりけり/青畝」

紋所の名。鶴の姿をさまざまに図案化したもの鶴の丸舞鶴・鶴(つるびし)などがある。

[補説] 書名別項。→鶴


つる【鶴】

読み方:つる

俳誌昭和12年(1937)、石田波郷主宰により創刊同人に、石塚友二今井杏太郎ら。波郷没後石塚らが主宰継承


つる 【鶴】

ツル目ツル科ツルの名は鳴き声からきていると一説にある。古来長寿として尊ばれる。また高貴な立ち姿や飛ぶさまから神仙縁のある仙禽みなされ中国には鶴に化した仙人の話がある。日本では穀霊神的要素もみられ、鶴がくわえてきた稲穂から新品種出た話などがある。夫婦愛の強いともされる西洋でも縁起のよいとされ、キリスト教圏では宗教への帰依象徴としている。仏教では釈迦入寂の時、沙羅双樹枯れて白鶴とまったように見えたとして、鶴林涅槃という。

鶴・亀について


古くは「たず」と呼ばれ平安時代以降に「鶴」と呼ばれるようになったようです古来より「鶴は千年」といわれ「長寿象徴する吉祥」として、また夫婦仲が大変良く一生連れ添うことから夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」のとして、鳴き声共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずるといわれるなど、民衆間に「めでたい」として尊ばれきました
千羽鶴
千羽鶴現在では傷病回復祈願するシンボルとなっていますが、元々は「鶴は千年といわれることから長命」の象徴とされ、折る数ごとに寿命延びるとか、千羽折り上げる長寿授かるなどとされた風習起源になっているようです折紙で遊ぶという風習室町時代始まり江戸時代入って大衆化したと言われていますが、折紙で鶴を折り傷病回復を始め様々な願いごと祈願する」という大衆文化も、その頃始まったとされています。

作者長谷川四郎

収載図書ちくま文学 15 とっておきの
出版社筑摩書房
刊行年月1988.9

収載図書昭和文学全集 32 中短編小説集
出版社小学館
刊行年月1989.8

収載図書
出版社講談社
刊行年月1990.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書ちくま日本文学全集 046 長谷川四郎
出版社筑摩書房
刊行年月1992.12

収載図書長谷川四郎 鶴/シベリヤ物語
出版社みすず書房
刊行年月2004.6
シリーズ名大人本棚


作者岡本和明

収載図書らくご長屋 3 もの知り長屋もの知らず!?
出版社ポプラ社
刊行年月2004.12


作者黄順元

収載図書にわか雨ソナギ 黄順元短篇集
出版社槿蘭文化社
刊行年月2006.3


作者竹西寛子

収載図書湖―竹西寛子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1989.5

収載図書竹西寛子著作集
出版社新潮社
刊行年月1996.6

収載図書竹西寛子 倉橋由美子 高橋たか子
出版社角川書店
刊行年月1998.1
シリーズ名女性作家シリーズ

収載図書戦後短篇小説再発見 14 自然と人
出版社講談社
刊行年月2003.9
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書竹西寛子自選短篇集
出版社集英社
刊行年月2005.5
シリーズ名集英社文庫


作者内田百閒

収載図書サラサーテの盤
出版社福武書店
刊行年月1990.11
シリーズ名福武文庫

収載図書内田百閒集成 3 冥途
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名ちくま文庫


作者白井愛

収載図書
出版社れんが書房新社
刊行年月1993.10


作者辻井喬

収載図書故なくかなし
出版社新潮社
刊行年月1996.12


作者吉村昭

収載図書天に遊ぶ
出版社新潮社
刊行年月1999.5

収載図書天に遊ぶ
出版社新潮社
刊行年月2003.5
シリーズ名新潮文庫


作者椿実

収載図書猟奇文学館 2 人怪婚
出版社筑摩書房
刊行年月2000.12
シリーズ名ちくま文庫


作者中山可穂

収載図書花伽藍
出版社新潮社
刊行年月2002.2

収載図書花伽藍
出版社新潮社
刊行年月2004.10
シリーズ名新潮文庫


作者吉屋信子

収載図書鬼火底のぬけた柄杓吉屋信子作品集
出版社講談社
刊行年月2003.3
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書戦後出発女性文学 第5巻 昭和25年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5

収載図書吉屋信子生霊文豪怪談傑作選
出版社筑摩書房
刊行年月2006.9
シリーズ名ちくま文庫


読み方:つる

  1. 娘。第二類 人物風俗
  2. 若い娘を云ふ。
  3. 若い娘
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ツルtsuru

冬鳥一つ

季節

分類 動物


読み方:ツルtsuru

作者 室生犀星

初出 昭和3年

ジャンル 詩集


読み方
かく
つる
つるさき
つるざき
つるはま

ツル

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 06:37 UTC 版)

ツル(鶴)は、ツル目ツル科(ツルか、Gruidae)に分類される鳥の総称。


  1. ^ 逆に、例えば1973年のTV番組では、空を飛ぶ鶴の群れは、戦争の早期終結への希望の象徴であった[20]
  2. ^ かつては、Леляは善人の魂に住むので、コウノトリは善人の家の庭に巣を作ると言われていた[24]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 森岡弘之 「ツル科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』黒田長久、森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年、26 - 38頁。
  2. ^ Flufftails, finfoots, rails, trumpeters, cranes, limpkin, Gill, F & D Donsker (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.2). doi:10.14344/IOC.ML.10.2. (Accessed 05 January 2021)
  3. ^ 百瀬邦和 「アメリカシロヅル」「タンチョウ」「ソデグロヅル」「オグロヅル」「マナヅル」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、190 - 192頁。
  4. ^ a b c ナベヅル・マナヅルの現状 日本野鳥の会、2022年3月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 久井貴世「原著論文:江戸時代の文献史料に記載されるツル類の同定―タンチョウに係る名称の再考察―」『山階鳥類学雑誌』第45巻第1号、山階鳥類研究所、2013年、 9-38頁、 doi:10.3312/jyio.45.9ISSN 1348-5032NAID 130005139739
  6. ^ 前田豊「クレーンの危険性と安全な使用について」『電気設備学会誌』第29巻第8号、電気設備学会、2009年、 638-641頁、 doi:10.14936/ieiej.29.638ISSN 0910-0350NAID 130004709040
  7. ^ a b 李祖定 『中国伝統吉祥図案』説話社、2009年、29頁。 
  8. ^ a b コースィット・ティップティエンポン「英タイ現代文学にみる『鶴の恩返し』―鶴の表象を中心に」『東京外国語大学論集』第92号、東京外国語大学、2016年7月、 253-272頁、 ISSN 0493-4342NAID 120005830812
  9. ^ a b わたしたちの地球と未来 ウガンダ共和国 愛知県国際交流協会、2022年3月23日閲覧。
  10. ^ 世界各地の縁起物 日比谷花壇
  11. ^ Екатерина Елизарова (2010年4月14日). “Журавли. Что они символизируют в культуре разных стран и народов?” (ロシア語). Ежедневный познавательный журнал «ШколаЖизни.ру». 2022年6月8日閲覧。
  12. ^ a b c d e Polyudova, Elena (2016-02-29) (英語). Soviet War Songs in the Context of Russian Culture. Cambridge Scholars Publishing. p. 178. ISBN 978-1-4438-8974-2. https://books.google.com/books?id=Iy75DAAAQBAJ&pg=PA178 
  13. ^ a b 乗松 恵美「「ヒロシマ」を題材とする声楽作品によるアウトリーチ活動 論文の要約1(論文)」、京都市立芸術大学リポジトリ、2015年3月23日。
  14. ^ a b c d 中村 唯史 2010, p. 29.
  15. ^ a b c d e Polyudova, Elena (2016-02-29) (英語). Soviet War Songs in the Context of Russian Culture. Cambridge Scholars Publishing. p. 179. ISBN 978-1-4438-8974-2. https://books.google.com/books?id=Iy75DAAAQBAJ&pg=PA179 
  16. ^ 中村 唯史 2010, pp. 29–33.
  17. ^ 中村 唯史 2010, pp. 29–34.
  18. ^ 中村 唯史 2010, pp. 30–33.
  19. ^ a b Diane Nemec Ignashev (2020). “On Cinematic Ekphrasis: Aleksandr Sokurov’s Otets i syn Redux”. Film Criticism (Michigan Publishing) 44 (1). doi:10.3998/fc.13761232.0044.112. ISSN 2471-4364. https://hdl.handle.net/2027/spo.13761232.0044.112. 
  20. ^ a b c Polyudova, Elena (2016-02-29) (英語). Soviet War Songs in the Context of Russian Culture. Cambridge Scholars Publishing. p. 180. ISBN 978-1-4438-8974-2. https://books.google.com/books?id=Iy75DAAAQBAJ&pg=PA180 
  21. ^ 啓, 笹山「「空(くう)」と国家 :V・ペレーヴィンの創作におけるナショナリズムへの視線」『ロシア語ロシア文学研究』第49巻、2017年、 136頁、 doi:10.32278/yaar.49.0_129
  22. ^ Polyudova, Elena (2016-02-29) (英語). Soviet War Songs in the Context of Russian Culture. Cambridge Scholars Publishing. p. 181. ISBN 978-1-4438-8974-2. https://books.google.com/books?id=Iy75DAAAQBAJ&pg=PA181 
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n Дарія Добрусинець (2009). “НАЗВИ ПТАХІВ ЯК ОБ’ЄКТ ЛІНГВОКРАЇНОЗНАВСТВА” (ウクライナ語) (PDF). Theory and Practice of Teaching Ukrainian as a Foreign Language 4: 99-102. http://prima.franko.lviv.ua/faculty/Philol/www/teoria_praktyka_ukr_mova/vyp_04_2009/14_dobrusynecj.pdf 2022年5月22日閲覧。. 
  24. ^ a b c d e f g Боярський академічний ліцей "Лідер". “НАРОДНА СИМВОЛІКА УКРАЇНЦІВ” (ウクライナ語). 2022年5月22日閲覧。, Чорна, І. В. Бібліотечний диліжанс «Народні символи України»: рослинні, тваринні, соц.-побутові символи / І. В. Чорна // Шк. бібліотека. - 2015. - №10. – С. 46-47 cited in Бібліотечний диліжанс "Народні символи України"” (ウクライナ語). Тернопільської обласної бібліотеки для дітей. 2022年5月22日閲覧。
  25. ^ Людмила Ступчук (2018年8月30日16:02). “Журавлики-веселики” (ウクライナ語). День (газета). https://day.kyiv.ua/uk/article/naprykinci-dnya/zhuravlyky-veselyky 2022年5月22日閲覧。 
  26. ^ Silova, Iveta; Palandjian, Garine (2018). “Soviet empire, childhood, and education”. Revista española de educación comparada (31): 164. doi:10.5944/reec.31.2018.21592. ISSN 2174-5382. https://hdl.handle.net/11162/187048. 
  27. ^ Viktoriia Brezheniuk (2015-04-30). Education and Nation-Building in (Post)Soviet Crimea: Constructing Crimean Tatar Identity through Early Literacy Textbooks.. Lehigh University. p. 34. ISBN 9781321887440. https://preserve.lib.lehigh.edu/islandora/object/preserve%3Abp-10368509. 
  28. ^ a b Чорненький, Микола Іванович (2009). “Частотність вживання зоосемізмів в українській літературі” (ウクライナ語). Записки з українського мовознавства = Opera in linguistica ukrainiana (Одеський національний університет імені І. І. Мечникова) (18): 235-236. http://liber.onu.edu.ua:8080/handle/123456789/1735. 
  29. ^ О. Є. Хомік (2019-10-17). “ЕВФЕМІЗМИ НА ПОЗНАЧЕННЯ ТАБУЙОВАНИХ ТВАРИН В УКРАЇНСЬКОМУ ЛІНГВОКУЛЬТУРНОМУ ПРОСТОРІ” (ウクライナ語). Записки з українського мовознавства 1 (26): 118-120. doi:10.18524/2414-0627.2019.26.181019. ISSN 2415-7562. http://zum.onu.edu.ua/article/view/181019. 
  30. ^ Василь ЧЕПУРНИЙ (2019年4月16日). “Журавлі символізують душі загиблих” (ウクライナ語). Голос України. http://www.golos.com.ua/article/316016 2022年5月22日閲覧。 
  31. ^ a b Двуличанська, О. (2011). “Метафоричність як поле вираження світоглядних позицій В. Яворівського (на прикладі малої прози письменника)” (ウクライナ語). Слово і час (11): 10. http://dspace.luguniv.edu.ua/xmlui/handle/123456789/1921. 
  32. ^ a b c Вірування, пов'язані з білим лелекою - Українська природоохоронна група” (ウクライナ語). Українська природоохоронна група (UNCG). 2022年5月22日閲覧。
  33. ^ Юрій Мартинович (2021年3月2日). “Журавлі вже на Львівщині, а лелеки ще долітають. Як розрізнити цих птахів”. Еспресо Захід (Espreso TV). https://zahid.espreso.tv/article/2021/03/01/zhuravli_vzhe_na_lvivschyni_a_leleky_sche_dolitayut_yak_rozriznyty_cykh_ptakhiv 2022年5月31日閲覧。 
  34. ^ a b c d “Country diary: To Ukrainians, the storks’ return is a glimmer of hope”. The Guardian. (2022年4月14日). https://www.theguardian.com/environment/2022/apr/14/country-diary-to-ukrainians-the-storks-return-is-a-glimmer-of-hope 2022年5月22日閲覧。 
  35. ^ a b c “Ukraine: Saving white storks from the spring snow”. Al Jazeera. (2018年5月23日). https://www.aljazeera.com/news/2018/3/23/ukraine-saving-white-storks-from-the-spring-snow 2022年5月22日閲覧。 
  36. ^ “Талісман олімпійської збірної України – Лелека” (ウクライナ語) (プレスリリース), ウクライナ国家オリンピック委員会, (2007年4月11日), オリジナルの2018年4月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180401120809/https://noc-ukr.org/news/1183/ 2022年5月22日閲覧。 
  37. ^ Ірина Салій (2020年5月11日). “Талісмани як символи Олімпіад” (ウクライナ語). газета Проскурів (ХМКП "Хмельницькінфоцентр"). https://proskuriv.khm.gov.ua/2020/11/05/%D1%82%D0%B0%D0%BB%D1%96%D1%81%D0%BC%D0%B0%D0%BD%D0%B8-%D1%8F%D0%BA-%D1%81%D0%B8%D0%BC%D0%B2%D0%BE%D0%BB%D0%B8-%D0%BE%D0%BB%D1%96%D0%BC%D0%BF%D1%96%D0%B0%D0%B4/ 2022年5月16日閲覧。 
  38. ^ a b c Клєщова, О. Є. (2018). “Мотив „крилатості”, символічність образу крил (на матеріалі пісенних текстів гурту „LAMA” та поезії Ліни Костенко)” (ウクライナ語). Nauki i praktyki : Monografia pokonferecyjna „Science, Research, Development. Philology, sociology and culturology” (Sp. z o.o. „Diamond trading tour”) (6): 24. http://dspace.luguniv.edu.ua/xmlui/handle/123456789/8430. 
  39. ^ І. V. Viktor (2018-12-21). “Філософські виміри символіки української традиції: символіка природного і соціокультурного в фольклорі” (ウクライナ語). Вісник Харківського національного університету імені В. Н. Каразіна. Серія «Теорія культури і філософія науки» (58): 115. doi:10.26565/2306-6687-2018-58-19. ISSN 2306-6687. https://periodicals.karazin.ua/thcphs/article/view/12021. 
  40. ^ Народний художній колектив ТО "Журавлик" (2022年3月23日). “Журавель - прадавній оберіг України” (ウクライナ語). Центр позашкільної роботи Святошинського району м. Києва. 2022年5月26日閲覧。
  41. ^ Лелека – одвічний символ української сім`ї . - Бібліотека імені Івана Багряного для дітей Солом'янського району м.Києва” (ウクライナ語). Бібліотека імені Івана Багряного для дітей Солом'янського району м.Києва (2017年5月23日). 2022年5月17日閲覧。
  42. ^ ВІКНО В ПРИРОДУ...” (ウクライナ語). Мархалівська ЗОШ (2017年4月16日). 2022年5月17日閲覧。
  43. ^ Курочкін, Олександр (2002). “Архаїчний весільний танець-гра "Журавель" ("Бусел")” (ウクライナ語). Наукові записки НаУКМА: Теорія та історія культури 20-21: 71-75. http://ekmair.ukma.edu.ua/handle/123456789/8614. 
  44. ^ a b Радкевич Юлія Миколаївна (2018). “Сучасний стан українського музичного діаспорознавства (на матеріалі виконавського стилю Квітки Цісик)” (ウクライナ語). Міжнародний вісник: Культурологія. Філологія. Музикознавство (Національна академія керівних кадрів культури і мистецтв) (10): 326. https://www.ceeol.com/search/article-detail?id=827904. 
  45. ^ Гавдида, Наталія Іванівна (2006). “Пісня Б. Лепкого «Чуєш, брате мій» у контексті українського літературного процесу XX Століття: націєконсолідуючий аспект” (ウクライナ語). Збірник праць Тернопільського осередку Наукового товариства ім. Шевченка (Меркьюрі-Тернопіль) 2 : Національно-визвольні змагання українського народу у XX столітті: 59. http://elartu.tntu.edu.ua/handle/123456789/15227. 
  46. ^ ТВОРЧА ІСТОРІЯ ПОЕЗІЇ-ПІСНІ «ЧУЄШ, БРАТЕ МІЙ...»” (ウクライナ語). Науково-технічна бібліотека НЛТУ (2012年11月). 2017年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月16日閲覧。
  47. ^ Зоя Журавка作詞、Олена Білоконь作曲・歌 (2020年10月6日) (ウクライナ語). Олена Білоконь - Журавлі. Слова -Зої Журавки. https://www.youtube.com/watch?v=F2bEYbvuX90 2022年6月8日閲覧。 
  48. ^ Зоя Журавка作詞、Олена Білоконь作曲・歌 (2021年1月10日) (ウクライナ語). Журавлі Виконує Олена Білоконь, слова- Зоя Журавка,музика О.Білоконь автор відеоряду- Валерій Самусь. https://www.youtube.com/watch?v=CA0SrbplycA 2022年6月8日閲覧。 
  49. ^ Дмитра Павличка作詞、Олександра Білаша作曲、Микола Кондратюк歌、Золотий фонд української естрадиアップロード (1988年) (ウクライナ語). На Чорнобиль журавлі летіли. https://www.youtube.com/watch?v=WZ8epZYucuc 2022年6月8日閲覧。 


「ツル」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 03:36 UTC 版)

必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察」の記事における「鶴」の解説

手製竹鉄砲竹筒)を発射し悪人撃ち殺す竹鉄砲は『新・必殺仕置人』の巳代松使用した物と似ているが、こちらの竹鉄砲一度に何発も撃てるように改良されている。

※この「鶴」の解説は、「必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察」の解説の一部です。
「鶴」を含む「必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察」の記事については、「必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 16:22 UTC 版)

クレイジーケンバンド・ベスト」の記事における「鶴」の解説

昼顔 肉体関係 Part2 逆Featuring クレイジーケンバンド タイガー&ドラゴン あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。 せぷてんばぁOriginal Ver.) Loco Loco Sunset Cruise タオル音楽力 (Long Ver.MIX) あぶく 生きるeyecatch鶴 <其の壱> 香港グランプリ あるレーサーの死 ヒルトップ・マンション た・す・け・て 混沌料理 空っぽの街角 eyecatch鶴 <其の貳> 12月17日

※この「鶴」の解説は、「クレイジーケンバンド・ベスト」の解説の一部です。
「鶴」を含む「クレイジーケンバンド・ベスト」の記事については、「クレイジーケンバンド・ベスト」の概要を参照ください。


鶴(つる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 08:49 UTC 版)

天外魔境ZERO」の記事における「鶴(つる)」の解説

鶴国を守る神獣美しい心の神。亀の妹。

※この「鶴(つる)」の解説は、「天外魔境ZERO」の解説の一部です。
「鶴(つる)」を含む「天外魔境ZERO」の記事については、「天外魔境ZERO」の概要を参照ください。


鶴 (歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 15:58 UTC 版)

ツル」の記事における「鶴 (歌)」の解説

詳細は「鶴 (歌)を参照 ソビエト連邦ダゲスタン自治ソビエト社会主義共和国詩人ラスール・ガムザートフ1965年広島原水爆禁止世界大会出席し千羽鶴折りながらも亡くなった佐々木禎子の話が心に残りスラブ文化死者ツルなどの渡り鳥姿を変えるという伝承に基づいて戦場で命を散らした兵士たちが白い鶴に姿を変えたという内容有名な出だしの詩をアヴァル語書いた。この詩は友人のナウム・グレブニェフ(ロシア語版)によってロシア語翻訳され、鶴の編隊飛行空白は、自分のための空席であろうという内容に続く。 1969年レコード化されたこの歌が大ヒットした結果旧ソビエト連邦において鶴は祖国のために命を落とした兵のシンボルになった。飛ぶ鶴をかたどった記念碑各地に作られ引用され、歌が作られ追悼施設作られた。 @media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .mod-gallery{width:100%!important}}.mw-parser-output .mod-gallery{display:table}.mw-parser-output .mod-gallery-default{background:transparent;margin-top:.3em}.mw-parser-output .mod-gallery-center{margin-left:auto;margin-right:auto}.mw-parser-output .mod-gallery-left{float:left;margin-right:1em}.mw-parser-output .mod-gallery-right{float:right}.mw-parser-output .mod-gallery-none{float:none}.mw-parser-output .mod-gallery-collapsible{width:100%}.mw-parser-output .mod-gallery .title,.mw-parser-output .mod-gallery .main,.mw-parser-output .mod-gallery .footer{display:table-row}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div{display:table-cell;text-align:center;font-weight:bold}.mw-parser-output .mod-gallery .main>div{display:table-cell}.mw-parser-output .mod-gallery .gallery{line-height:1.35em}.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div{display:table-cell;text-align:right;font-size:80%;line-height:1em}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div *,.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div *{overflow:visible}.mw-parser-output .mod-gallery .gallerybox img{background:none!important}.mw-parser-output .mod-gallery .bordered-images .thumb img{outline:solid #eaecf0 1px;border:none}.mw-parser-output .mod-gallery .whitebg .thumb{background:#fff!important} サンクトペテルブルクネフスキー区に位置する大祖国戦争亡くなったレニングラード市民ソビエト兵士追悼する施設の鶴(集団墓地)(ロシア語版)にあるモニュメント大祖国戦争戦勝50周年記念したロシア切手モスクワ無名戦士の墓にある永遠の炎の上を鶴の群れが飛ぶイラストサラトフ州州都にある鶴(モニュメント)(ロシア語版

※この「鶴 (歌)」の解説は、「ツル」の解説の一部です。
「鶴 (歌)」を含む「ツル」の記事については、「ツル」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 09:38 UTC 版)

「つる」の記事における「鶴」の解説

ツル - 鳥類英語ではクレイン 鶴氏 - 日本の氏族鶴直人 (1987 - ) - 大阪府出身野球選手投手つる (落語) - 落語の噺。 つる -鶴- - 1988年公開日本映画市川崑監督吉永小百合主演禽将棋駒の一つ。「かく」とも呼ばれる新宗教団体創価学会を示す隠語報道におけるタブー#鶴タブーを参照)。 鶴 (バンド) - 日本の音楽バンド

※この「鶴」の解説は、「つる」の解説の一部です。
「鶴」を含む「つる」の記事については、「つる」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鶴」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:44 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. つる大型の水鳥

熟語



  • 画数:22
  • 音読み:カク
  • 訓読み:つる
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鶴」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鶴のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察 (改訂履歴)、クレイジーケンバンド・ベスト (改訂履歴)、天外魔境ZERO (改訂履歴)、ツル (改訂履歴)、つる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS