鶴とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > の意味・解説 

つる【鶴】

ツル目ツル科鳥の総称日本では古くから亀とともに長寿象徴として貴ばれる。大形で、くびと脚が長く、飛ぶときはまっすぐ伸ばし、ゆっくり羽ばたく羽色白色灰青色が主で、頭頂が赤く裸出しているものが多く、翼の羽が伸び尾羽の上を覆う。沼地平野にすみ、気管長いので、よく響く大きな声を出し産卵地上で行う。日本繁殖するのはタンチョウだけで、ナベヅル・マナヅルなどが渡来する。あしたず。たず。仙客。《 冬》「村人に田毎の―となれりけり/青畝」

紋所の名。鶴の姿をさまざまに図案したもの鶴の丸舞鶴・鶴(つるびし)などがある。

[補説] 書名別項。→鶴

鶴の画像 鶴の画像 鶴の画像 鶴の画像
鶴の紋所一つ光琳鶴」
鶴の画像
鶴の紋所一つ諏訪鶴」
鶴の画像
鶴の紋所一つ南部鶴」
鶴の画像
鶴の紋所一つ三つ鱗鶴」
鶴の画像
鶴と銀杏図案化した紋所「丸に銀杏鶴」

つる【鶴】


かく【鶴】

常用漢字] [音]カク(漢) [訓]つる たず

〈カク

ツル。「鶴唳(かくれい)」

ツルのような。長い首、白さ長寿などのたとえ。「鶴首鶴寿鶴髪

〈つる(づる)〉「白鶴夕鶴千羽鶴

名のり]ず・つ

難読田鶴(たず)・鶴嘴(つるはし)・真鶴(まなづる)


たず〔たづ〕【鶴/田鶴】

ツルの別名。歌語として用いられる。

「若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして―鳴き渡る」〈九一九〉


つる 【鶴】

ツル目ツル科ツルの名は鳴き声からきていると一説にある。古来長寿として尊ばれる。また高貴立ち姿や飛ぶさまから神仙に縁のある仙禽とみなされ、中国には鶴に化した仙人の話がある。日本では穀霊神的要素もみられ、鶴がくわえてきた稲穂から新品種が出た話などがある。夫婦愛の強いともされる。西洋でも縁起のよいとされ、キリスト教圏では宗教への帰依象徴としている。仏教では釈迦入寂の時、沙羅双樹枯れ白鶴がとまったように見えたとして、鶴林涅槃という。

鶴・亀について


古くは「たず」と呼ばれ、平安時代以降に「鶴」と呼ばれるようになったようです古来より「鶴は千年」といわれ「長寿象徴する吉祥」として、また夫婦仲が大変良く一生連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」のとして、鳴き声共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界通ずといわれるなど、民衆の間に「めでたい」として尊ばれてきました。
千羽鶴
千羽鶴は現在では傷病回復祈願するシンボルとなっていますが、元々は「鶴は千年といわれることから「長命」の象徴とされ、折る数ごとに寿命延びるとか、千羽折り上げると長寿授かるなどとされた風習起源になっているようです折紙で遊ぶという風習室町時代始まり江戸時代に入って大衆化したと言われていますが、折紙で鶴を折り傷病回復始め様々な願いごと祈願する」という大衆文化も、その頃に始まったとされています。

作者長谷川四郎

収載図書ちくま文学 15 とっておきの話
出版社筑摩書房
刊行年月1988.9

収載図書昭和文学全集 32短編小説
出版社小学館
刊行年月1989.8

収載図書
出版社講談社
刊行年月1990.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書ちくま日本文学全集 046 長谷川四郎
出版社筑摩書房
刊行年月1992.12

収載図書長谷川四郎 鶴/シベリヤ物語
出版社みすず書房
刊行年月2004.6
シリーズ名大人本棚


作者岡本和明

収載図書らくご長屋 3 もの知り長屋はもの知らず!?
出版社ポプラ社
刊行年月2004.12


作者黄順元

収載図書にわか雨―ソナギ 黄順元短篇集
出版社槿蘭文化社
刊行年月2006.3


作者竹西寛子

収載図書湖―竹西寛子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1989.5

収載図書竹西寛子著作
出版社新潮社
刊行年月1996.6

収載図書竹西寛子 倉橋由美子 高橋たか子
出版社角川書店
刊行年月1998.1
シリーズ名女性作家シリーズ

収載図書戦後短篇小説再発見 14 自然と人間
出版社講談社
刊行年月2003.9
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書竹西寛子自選短篇集
出版社集英社
刊行年月2005.5
シリーズ名集英社文庫


作者内田百閒

収載図書サラサーテの盤
出版社福武書店
刊行年月1990.11
シリーズ名福武文庫

収載図書内田百閒集成 3 冥途
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名ちくま文庫


作者白井愛

収載図書
出版社れんが書房新社
刊行年月1993.10


作者辻井喬

収載図書故なくかなし
出版社新潮社
刊行年月1996.12


作者吉村昭

収載図書天に遊ぶ
出版社新潮社
刊行年月1999.5

収載図書天に遊ぶ
出版社新潮社
刊行年月2003.5
シリーズ名新潮文庫


作者椿実

収載図書猟奇文学館 2 人怪婚
出版社筑摩書房
刊行年月2000.12
シリーズ名ちくま文庫


作者中山可穂

収載図書花伽藍
出版社新潮社
刊行年月2002.2

収載図書花伽藍
出版社新潮社
刊行年月2004.10
シリーズ名新潮文庫


作者吉屋信子

収載図書鬼火底のぬけた柄杓吉屋信子作品集
出版社講談社
刊行年月2003.3
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書戦後出発女性文学 第5巻 昭和25年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5

収載図書吉屋信子生霊文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2006.9
シリーズ名ちくま文庫


読み方:つる

  1. 娘。第二類 人物風俗
  2. 若い娘を云ふ。
  3. 若い娘。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ツルtsuru

冬鳥一つ

季節

分類 動物


読み方:ツルtsuru

作者 室生犀星

初出 昭和3年

ジャンル 詩集


読み方
かく
つる
つるさき
つるざき
つるはま

ツル

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/02 14:22 UTC 版)

ツル)は、ツル目・ツル科(学名:Gruidae)に分類される鳥の総称。どの種類も長いくちばし、首、足をもつ大型の水鳥である。


  1. ^ ツルがいる景色を取り戻す - 日本野鳥の会
  2. ^ a b 李祖定『中国伝統吉祥図案』説話社、2009年、29頁。


「ツル」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/27 15:12 UTC 版)

発音

名詞

  1. つる大型水鳥

熟語



  • 画数:22
  • 音読み:カク
  • 訓読み:つる
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鶴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2020
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS