女性文学とは? わかりやすく解説

女性文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 04:31 UTC 版)

台湾の文学」の記事における「女性文学」の解説

1980年代になると女性主題材とした女性文学が登場する戦後台湾女性文学重要な支持者であったが、純文学以外に純愛小説瓊瑤小説など貸本業による通俗文学支持層で特に大きな比率占めていた。広義にはこれらも女性文学に含まれることもあるが、狭義では台湾の女性文学とは台湾女性意識表現した文学であり、戒厳令解除前後新たに登場したものである。 女性文学作者としては蕭颯麗紅、廖輝英、李昂などが挙げられる作品女性意識強く描写し男女関係本質問いかける内容となっている。伝統的な台湾社会不公平な地位甘んじていた女性の地位批判加え社会理解同情獲得する内容となっている。したがって女性文学は伝統社会現代社会過渡期描写するものであり、その面で完全に自由な文学分野とは言えない面もある。実際に女性文学は時代とともに異な様相呈しているそうした中、蘇偉貞朱天文、平路、少麟、張曼娟などの新旧作家女性の観点で台湾社会考察する作品発表している。

※この「女性文学」の解説は、「台湾の文学」の解説の一部です。
「女性文学」を含む「台湾の文学」の記事については、「台湾の文学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女性文学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女性文学」の関連用語

女性文学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女性文学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの台湾の文学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS